天使の名前一覧!天使の名前の意味や種類・役割とは

天使にも種類があり名前があり、それぞれ与えられている階級や役割が異なっていることをご存知でしょうか。実は意外と知られていない天使についてまとめました。天使の名前やその意味、階級や役割について解説していきます。大天使ミカエルなど、有名な天使も多数登場します。

天使の名前一覧!天使の名前の意味や種類・役割とはのイメージ

目次

  1. 1天使の意味や種類・役割
  2. 2天使の名前一覧【上位三隊】
  3. 3天使の名前一覧【中位三隊】
  4. 4天使の名前一覧【下位三隊】
  5. 5天使の名前一覧【七大天使】
  6. 6天使の名前一覧【その他】
  7. 7天使の名前を知り幸せな生活を送ろう

天使の意味や種類・役割

天使はユダヤ教、キリスト教、イスラム教などの、いわゆるアブラハムの宗教で伝えられている存在です。天使と聞くと、日本人は何を思い浮かべるでしょう。背に翼がある、頭上に輝く輪がある、子供の姿をしている、ミカエルやラファエルといった名前の天使がいる、というところでしょうか。

昨今では天使がアニメやゲームの題材に使われることが増え、日本人にとっても馴染みのある存在となってきましたが、それでもまだ天使について理解している人は少数です。

天使はアブラハムの宗教において重要な役割を持つ存在です。天使を理解していれば、アブラハムの宗教を信仰している様々な国の人々の考えを理解する手助けにもなりますし、困ったことがあった際にどの天使に願えばいいかもわかるようになりますので、しっかり勉強しておきましょう。

天使の意味とは

天使とは天の使い、神様に仕える存在のことを意味します。神の意志を汲んで地上の人間を導いたり、神に仇なす悪魔や過ちを犯した人間に裁きを下したりします。

悪しき心を持つ天使もいますが、多くの天使は神様に代わって人間たちを助ける慈悲深い存在とされています。そのため天使という言葉を、優しい人、無垢で純粋な赤ん坊という意味で使うこともあります。

天使の名前の由来

天使は英語で「エンジェル」と言います。この言葉の元になったのはギリシア語の「アンゲロス」と言われており、この単語には伝令や使者という意味がありました。

またその他にも、サンスクリットで神の霊を意味する「アンギラス」など、複数の言葉が天使の語源になったのではないかと言われていますが、そのどれもが神との繋がりを感じさせる言葉になっています。

天使には役割と階級がある

天使にはたくさんの種類があります。天使によって階級が違い種類が違い、また与えられている役割も異なります。まず天使は「上位三隊」「中位三隊」「下位三隊」と三つのグループに分けられ、それぞれのグループの中に三つずつ階級が存在します。下記ではそれぞれのグループごとに天使の階級、役割を存在していきます。

天使の名前一覧【上位三隊】

上位三隊は、天使のグループの中でも最上位の階級で、この階級の天使たちは特に神に近い存在とされています。永遠に神の傍にいる階級、側近中の側近のようなものです。では上位三隊について詳しく知るために、上位三隊の中に存在する三種類の天使を、上から順番に見ていきましょう。

天使の名前①熾天使(セラフィム)

第一階級は熾天使、セラフィムと呼ばれる種類の天使です。熾天使は神に近い上位三隊の中で最も神に近いとされています。三対六枚の翼を持っていると言われ、一対は頭を、もう一対は身体を隠し、残りの一対で飛翔するとされています。

セラフィムの漢字表記である熾天使の「熾」は燃えるなどの意味を持ち、神への強い想いで身体が燃えていることから熾天使と言われます。ルシファーという悪魔を知っている人は多いのではないでしょうか。実はルシファーは元熾天使であり、神に逆らった結果堕天して悪魔になったと言われています。

天使の名前②智天使(ケルビム)

第二階級は智天使、ケルビムと呼ばれる種類の天使です。智天使は禁忌を犯した最初の人類であるアダムとエバを、神の命令でエデンの園から追放した天使として知られています。智天使はエデンの園の番人としての役割を担っているのです。

また智天使の傍には車輪があり、どんな場所にも移動できる能力があったため、神を乗せて移動する乗り物としての役目も与えられていました。

智天使は人と獅子と牛と鷲という四つの顔と四つの翼を持った、なかなかインパクトのある天使なのですが、ルネサンス絵画では日本人の多くが天使と聞いてイメージするであろう、翼を持った赤ん坊の姿で描かれています。

天使の名前③座天使(スローンズ)

第三階級である座天使、スローンズの役割は、神の戦車となることです。神の玉座を運ぶため、「座」天使と言われるのです。車輪という意味のガルガリンという名で呼ばれることもあり、また「玉座の天使」と呼ばれることもあります。神を運ぶというところは智天使と似ていますが、同じ玉座でも座天使は戦車として神を運びます。

座天使は精神体である熾天使などと違って物理的な身体を持っており、その姿は無数の眼を持った燃え盛る車輪であるとされています。物理的な身体を持つ天使の中では最も高い位にある種類の天使、それが座天使です。

天使の名前一覧【中位三隊】

中位三隊は、上位三隊と下位三隊を繋ぐ役割を担うグループです。続いてはこの中位三隊に属する三種類の天使を上から順番に見ていきます。どんな種類の天使が中位三隊に属しているのでしょうか。

天使の名前①主天使(ドミニオン)

主天使、ドミニオンは第四階級に位置する種類の天使です。主天使の役割は、天界から人間界に降りる下位の天使たちを統率することです。このドミニオンという名前自体が、支配や統治を表しています。

また神の威光を人間に知らしめること、物質世界全てに関わる命令を司るのも主天使の役割です。ゆえに人間と関わりの深い天使であり、最後の審判で裁かれた人類を滅ぼす天使でもあります。シンボルは神威を示すための笏です。

天使の名前②力天使(ヴァーチュース)

第五階級に位置するのは力天使、ヴァーチュースと呼ばれる種類の天使です。名前には高潔や美徳、雄々しい、揺るがぬ勇気などの意味があります。力天使は奇跡を起こす力を持っているとされ、善き人々に勇気と力を与えるという非常に天使らしい存在です。

力天使はカインが生まれる際には産婆を務め、キリストの昇天の際は彼に付き添いました。また力天使は宇宙など大いなるものの働きを司っています。森羅万象の法則を管理し、正しく循環させることを役目としているのです。

天使の名前③能天使(エクスシア)

第六階級である能天使、エクスシアは神に最初に創られた天使と言われています。ギリシア語で「権威」を意味する「エクソーシア」がその名の由来だそうです。

何故漢字表記で能天使と言われるのかというと、神の言葉や掟を守り実行する「能力」を有しているからです。能天使の役割は悪魔と戦いそれを捕らえ、天界を守ることです。ゆえに能天使の職場は天界内ではなく、天国と地獄の国境のような場所です。

悪魔と直に接する機会が多いため、誘惑されて堕天する天使が多いというのもこの階級の特徴です。熾天使であったルシファーが堕天した際、ともに堕ちた天使が複数いましたが、一番数が多かったのは能天使だったと言われています。

天使の名前一覧【下位三隊】

神に最も近いと言われる上位三隊、上位三隊と下位の天使たちを繋ぐ中位三隊について学んできました。続いては最も人間に近いと言われる下位三隊について詳しく見ていきましょう。下位三隊も、三つの種類の天使で成り立っています。

天使の名前①権天使(アルケー)

第七階級の権天使、アルケーはプリンシパリティーズとも呼ばれます。天使の中でも下位の種類である権天使の仕事場は人間界です。国や文化、歴史など人間にとって重要な概念、流れを監視しながら守護し、国の指導者や統治者を悪魔の誘惑から守ることを務めとしています。権力を司る天使のため、権天使と呼ばれているのです。

また、天界と人間界を行ったり来たりして悪しき魂がいないか、堕天しそうな天使がいないか、悪魔に誘惑される人間がいないかを見張るのも権天使の大切な役目です。そのため善悪を見極める目を持っており、熾天使だったルシファーの悪しき心に気づいたのは権天使だったと言われています。

天使の名前②大天使(アークエンジェル)

第八階級の大天使、アークエンジェルは人間たちにとって特に馴染み深い天使ではないでしょうか。天使の中でも一番忙しそうなのが大天使です。霊的な力を持つ人間の呼び出しに応えてともに悪魔と戦ったり、神のお告げを人間に伝えたり、熾天使や智天使など、他の階級と大天使を兼任している天使がいたり、とにかくあちこちで様々な働きをしています。

大天使は下位三隊の一つなのですが、実は神から直接命令を授かることができる特別な種類の天使です。大天使は権力を持った天使の中では最も人間に近く身軽、それでいて神に近づくことも許されているため、影響力の大きさは随一です。

天使の名前③一介天使(エンジェル)

第九階級の一介天使、エンジェルは大天使の部下です。大天使から下された司令を遂行するのが仕事であり、下される司令は人間たちを悪の誘惑から守ったり、正しい道へ導いたり、その人生を見守ることです。権天使は国や文化単位の守護でしたが、一介天使は人間一人一人について守護してくれます。

上位の天使たちのような存在感はないものの、いつも傍で自分だけを見守ってくれる存在、それが一介天使たちなのです。全ての人間についてくれるぐらいなので、相当な数が存在していると言われています。

天使の名前一覧【七大天使】

天使の階級や種類がわかったところで、続いては七大天使について学んでいきましょう。それぞれの名前やその意味、担っている役割について詳しく見ていきます。日本人も知っている有名な天使が出てきますので、改めてどんな天使なのか確認してみてください。

七大天使とは

七大天使とは、天使たちの中でも特に重要と目されている七体の大天使たちのことです。この七体は信仰する宗教によって変わってくるのですが、ここではより多くの人から認識されている七体を七大天使として紹介していきます。

天使の名前①大天使ミカエル

ミカエルは、「神に似たものは誰か」という意味の名を持つ偉大な大天使です。ミカエルの有名なエピソードに、サタンと戦い勝利したというものがあります。サタンはキリスト教ではルシファーと同じ存在と見られており、ミカエルとルシファーは双子であったと考える人もいます。

サタンを退治したり、ドラゴンを退治したり武勇に優れた天使であるミカエルは、そのイメージから兵士や警察官、消防官など人命のために戦う仕事、何かを守る仕事をしている人を守護する天使とされています。

またミカエルは死者を冥府に導く役割を持っており、死者が天国行きなのか地獄行きなのか決定するという重要な立場にあります。ミカエルは人気の天使なのであちこちに像が置いてありますが、その特徴は右手に剣、左手に公正さの象徴である秤を持っていることです。ミカエルは三大天使の一体にも数えられています。

天使の名前②大天使ラファエル

大天使ラファエルは人間の悩み、心の痛みを和らげてくれる癒やしの天使と言われています。ラファエルという名前には「神は癒やす」「天の医者」という意味があり、治療に秀でた天使であるということがわかるでしょう。ラファエルは癒やしを与えること以外に、人間につく守護天使を監督する役目も担っています。

大天使ラファエルの有名なエピソードは、トビアというユダヤ人の旅に同行して彼を見守り、失明したトビアの父トビトの目を治すことができる軟膏の作り方をトビアに教え、トビトの目が見えるようになったというものです。そのエピソードから、ラファエルが守護するのは、薬剤師や目の見えない人、病人、旅人であると言われています。

ラファエルは人間に寄り添い、人間のことを大切に思ってくれる慈悲深い天使です。人間が考えている理想の天使像は、ラファエルから来ているのではないでしょうか。ラファエルはミカエル同様、三大天使の一体に数えられています。

天使の名前③大天使ガブリエル

大天使ガブリエル、その名は「神の人」「神は私の拠り所」を意味します。神の意志を人間に伝えることを主な仕事としており、聖母マリアの元に現れて受胎告知をしたのも大天使ガブリエルと言われています。

このことから天使の中でも特に位の高い天使と言われていますが、特にイスラム教においては天使の中でも別格の扱いを受けており、これはイスラム教の開祖であるムハンマドに聖典コーランを伝えたからだそうです。

ガブリエルはミカエルとともに神に近い天使とされています。神の玉座の右に立つのがミカエル、左に立つのがガブリエルと言われており、ミカエルとともに神にとってかなり重要な天使であることがわかります。もちろんミカエル、ラファエルとともに三大天使の一体に数えられています。

天使の名前④大天使ウリエル

大天使ウリエルは「神は光」「神の炎」という意味の名を持つ天使です。ウリエルは大天使でありながら熾天使、またエデンの園の門番を任される智天使ともされており、とても偉大な天使であることがわかるでしょう。そんなウリエルが司るのは天気や季節、自然現象などです。

ウリエルに関連する有名なエピソードは、ノアの方舟です。ノアに洪水が起こることを告げ、どうしたらいいのか教えてあげたのはウリエルだと言われています。方舟の設計図まで伝えたのですから、ウリエルはとても賢明な天使だったのでしょう。

ウリエルは災害から人間を守ることもしますが、一方で人間を裁くために災害を起こすという厳しい一面も持っています。神の意志に背く者には無慈悲であるのがウリエルなのです。最後の審判のときには黄泉の門を開き、全ての魂を審判の席に着かせることもウリエルの役割です。三大天使には入りませんが、四大天使になるとウリエルが入ることがあります。

天使の名前⑤大天使アリエル

大天使アリエルは、ハニエルやアニエルなど様々な名前で呼ばれています。名前の意味はアリエルだと「神の獅子」、ハニエルだと「神の栄光」です。ハニエルは自然や動物、調和を司る天使です。女性の姿をした天使だと言われており、慈悲深く、傷ついた自然や動物を癒やすことを得意としています。

そんなアリエルが守護するのは、自然保護活動をしている人々や、動物保護活動をしている人々です。ミカエルやラファエルなどの大天使たちと比べると日本人にはあまり知られていませんが、重要な役割を持った尊い天使なのです。

天使の名前⑥大天使カマエル

大天使カマエルの名前の意味は「神を見る者」です。司るのは神の力、公平さ、意志などで、神の正義に反するものを徹底的に攻撃します。十万を超える能天使の指揮官であるとも、一万を超える「破壊の天使」を率いているとも言われており、その情報だけでどれだけ強い力を持っているか想像できるでしょう。

攻撃的な印象のカマエルですが、苦悩するイエスをガブリエルとともに励ましたこともあり、そこから恐怖心やマイナス思考から人々を守護する、と考えられるようになりました。

天使の名前⑦大天使アズラーイール

大天使アズラーイールは、宗教によってはウリエルの代わりに四大天使の一体に数えられることもある天使です。アズラーイールが司るのは人の魂や死で、特徴は手に生者の名前が記された本と、肉体魂を切り離す鎌を持っていることです。本に記載された名前は、その名前の持ち主が死ぬと本から記載が消えます。

それらの特徴から、イスラム教では生者に死をもたらす死神のような存在として畏怖されてきました。アズラーイールは全身にいくつもの目と口と舌を持っており、それらを使って人間の罪を見て、語って、裁くとされています。

恐ろしい印象ですが、一方で大切な人を亡くして悲しみに暮れる遺族たちに寄り添い、喪失感や寂しさを和らげるという慈悲深い一面も持っています。イスラエルの民間伝承では、アダムの創造にアズラーイールが関わっていたとされており、他の天使たちとは様々な意味で違う特殊な存在であることがわかります。

天使の名前一覧【その他】

上記で紹介した七大天使以外の天使たちについて見ていきましょう。教派や聖典によっては、下記の天使たちが七大天使や三大天使に入れられることもあります。日本人にはあまり知られていない天使たちが多いですが、皆重要な天使ばかりです。

天使の名前①大天使ラグエル

大天使ラグエルは旧約聖書偽典に登場する天使で、その名は「神の友人」を意味しています。ラグエルの役目は他の天使の行動を監視すること、また人間たちの世界と天使たちの世界を守ることです。天使たちにとってラグエルのは監視役であり、天使たちの守護天使でもあるのです。

天使の名前②大天使サリエル

大天使サリエルは死を司る大天使です。名前の意味は「神の命令」だと言われていますが諸説あり、確定はされていません。聖書偽典の一つであるエノク書と死海文書に登場しており、その主な役割は人間が自らの魂を穢すのを防ぐこと、また神を軽んじた天使の処遇を決めるという裁判長的な役割も持っていました。

サリエルは邪眼を持っていたということで恐れられた存在でもありました。邪眼は視線だけで相手を害す凄まじい影響力を持った眼です。邪眼を持つサリエルの名が描かれた護符は、邪眼の影響力から逃れられると言われ、教皇などの権力者もサリエルの護符を使用していました。

この邪眼と、アズラーイール同様鎌を持って死者の魂を狩るという説が出てきたことで、サリエルは堕天使だ、というイメージがキリスト教徒の間で広まってしまいました。しかし、むしろサリエルは罪を犯した天使を罰として堕天させる役目を担っており、神に忠実な天使の一人であったはずなのです。

天使の名前③大天使レミエル

大天使レミエルは、ラミエルという名前でも知られています。名前の意味は「神の雷霆」で、役割は魂の管理です。死者の魂をあの世へと誘う責任者はレミエルなのです。善い魂は天国へ、悪しき魂は地獄へとあるべき場所に魂を還すのが務めなのですが、そのせいで地獄に赴くことが多くあり、それゆえ堕天使だと言われることもあります。

またレミエルは幻視を司る天使でもあります。これはレミエルが人間に神の言葉を予知や直感、夢として伝える力を持っているとされているからです。数々の黙示録も、レミエルが見せた幻視を元に書かれたものだと言われています。

天使の名前④大天使ハミエル

大天使ハミエルの名は「神の優雅さ」を意味します。ハミエルは権天使の天使たちの指揮官で、地上の王たちについて全て把握し監督する役目を担っています。とても美しい天使で、人々が輝くためのサポートや芸術的才能を目覚めさせるためのサポートをしてくれる存在だと言われており、スピリチュアルな世界では人気のある天使です。

天使の名前⑤大天使カシエル

大天使カシエルは孤独と涙を司る天使であり、平和な世界を求め、調和や制約、永遠の神の国の統一を説く天使だとも言われています。名前には「神の願い」という意味が込められており、天上の神と地上の人間との橋渡しであることがカシエルの役割の一つです。カシエルは海を治めており、海洋生物たちを保護する存在であるとも言われています。

天使の名前⑥大天使ジェレミエル

大天使ジェレミエルの名前の意味は「神の慈悲」です。その名の通り、ジェレミエルには人間たちの慈悲の心を呼び起こす力があります。ジェレミエルは人間が人生を終える際、その人の人生を振り返らせて考えさせるという役割を持っています。また、まだ生きている人々にも自分の人生を振り返らせ、反省させるのもジェレミエルの仕事です。

天使の名前を知り幸せな生活を送ろう

天使の名前や種類、その階級や役割などについて学んできましたが、天使についての理解を深めることはできたでしょうか。天使たちにはそれぞれ役割があります。その役割を正しく理解しておけば、何かを守護してもらいたいとき、サポートしてもらいたいときに誰を喚ぶべきなのかがわかるでしょう。天使の力を借りて、幸せな毎日を過ごしましょう。

関連する記事はこちら

Thumbハンドルネームの決め方11選!オススメの付け方・作り方や注意点は
ハンドルネームのオススメの決め方について、11選にわたって具体的にご紹介していきます。HNと...
Thumbキラキラネーム・DQNネーム一覧!後悔しないように注意【男女別】
キラキラネームやDQNネームと呼ばれる名前があるのを知っていますか。漢字の読み方が珍しかった...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ