一人が好きな人の性格や心理の特徴!孤独が好きな理由と恋愛傾向は?

一人が好きな人は謎めいています。その性格の特徴や行動の裏にある心理が気になる人は多いです。当記事では、一人が好きな人が恋愛も結婚もせずに孤独を選ぶ理由も詳細に分かります。一人が好きな人に適した仕事や、あらゆる疑問や謎が解けるはずです。

一人が好きな人の性格や心理の特徴!孤独が好きな理由と恋愛傾向は?のイメージ

目次

  1. 1一人が好きな人の特徴【性格編】
  2. 2一人が好きな人の特徴【心理編】
  3. 3一人が好きな理由
  4. 4一人が好きな人の恋愛傾向
  5. 5一人が好きな人とうまく恋愛する方法
  6. 6一人が好きな人が向いている仕事
  7. 7一人が好きな人の価値観を尊重してあげよう

一人が好きな人の特徴【性格編】

一人が好きな人は、なんだか取っ付きにくそうと思われてしまうところがあります。「一人でいて、暇に感じたりしないのだろうか」や「退屈そうには見えないけど、寂しく無いのかな」などと、掴みどころの難しいミステリアスな人だと捉えられたりします。

一人が好きな人は、孤独を感じない訳では無いのですが感じる為のスキマが少ないのです。それがどういう意味かは、一人が好きな人の性格と特徴を参考にすれば見えてきます。一人が好きな人とは、どのような人なのか興味がある人は確認してみてください。

特徴①孤独に抵抗がない

一人が好きな人は「孤独に抵抗がない」という特徴があります。一人で過ごすのが苦手な人からすれば、「一人で行動して孤独に感じないの?」と疑問に思うかもしれません。一人が好きな人に共通しているのが、常に興味のある事や考えている関心事があるという事です。

一人が好きな人の分かりにくい部分ですが、はたから見ればぼーっとしているように見えていても頭の中で思考していて充実しているので、孤独を感じていないのです。興味関心のある事が尽きないので、暇だと感じる事もほとんど無いという特徴があります。

一人が好きな人は、人に気配りのできる人が多い傾向があります。しかしその分だけ、気疲れしやすいので、より気楽に過ごせる一人の時間を大事にします。
 

特徴②考え方やこだわりが強い

一人が好きな人は「考え方やこだわりが強い」という特徴があります。一人が好きな人は常識を熟知していて、場に応じて合わせる事が上手ですが、常識に囚われたり、安易に流行りに飛びつく事を良しとはしない人も、一人が好きな人には多いです。その分、少数派の意見に目を向けたり、まだ売れていないアーティストの才能を発見するのも得意です。

一人が好きな人は、流行を毛嫌いしているわけではありません。「なぜそれは人気があるのかな」と分析して考える事を好んで、目に飛び込む情報を平等に扱おうとするのです。一人が好きな人は、大勢に流されにくいので、独自の考え方やこだわりを持つ人が必然的に多くなります。

特徴③心を開くのが苦手

一人が好きな人は「心を開くのが苦手」という特徴があります。一人が好きな人は、表向きには付き合いの上手な人が多いので勘違いされやすいのですが、心を開くのが苦手です。一人が好きな人は、「相手側の気持ちを考えて」話をしている事がほとんどなので、自分の本音を言わず、言う必要性も感じていません。

関わった人からは、「良く分かってくれる人だ」と好印象を抱かれやすいですが、心を開いているように見えて開いていないのが、一人が好きな人の特徴です。

「気にしないから本音で言ってもいいよ」と言われて「分かった」と返事をしたとしても、頭のどこかで「それを言えば相手はこう感じるかもしれない」と思ってしまい、心を開けずに会話を終える事も少なくありません。

特徴④思いつきで行動する

一人が好きな人は「思いつきで行動する」という特徴があります。思いつきと聞くと、適当に考えていると誤解されるかもしれません。ところが一人が好きな人からすれば、自身の経験から直感の大切さを知っていて「今思いついた事をやる」事にメリットを感じて行動しているのです。

前々から時間をかけて練ってきた計画があっても、当日に「こうした方がもっと楽しくなるはず」と思えば迷わず計画外の事でも実行します。誰かと一緒に行動する場合は、相手に柔軟に合わせる事ができるのも一人が好きな人の特徴なので、計画変更を提案して周囲に賛同されなかった場合は、あっさりと諦める事もできます。
 

一人が好きな人は、一人の時間になると「思いつきで行動」する特徴がいかんなく発揮されます。独自の経験を得やすくて、話題となりそうなネタも増えていくので、一人が好きな人には「話の面白い人」が多いのもうなずけるはずです。

特徴⑤思い切りわがままを言えない

一人が好きな人は「思い切りわがままを言えない」という特徴があります。一人が好きな人は、誰かと過ごす場合には、周囲が望む事や求めるものを優先して考えているので、本気でわがままを言う事はまずありません。一人が好きであっても、「一人の力」を過信しているわけではなく、複数人で居る場合は「全体」を大事にして考えています。

一人が好きな人は、自分のわがままを言って場を乱すよりも、合わせて調和させるほうが全体としてはプラスだという考え方をします。一転して一人になると、失敗しても他人に被害がでないので思いきり物事に没頭します。

隠れた一面としては、「これをすることで、誰かの役に立つかもしれない」と一人の時間を使って誰かの為に行動していることも珍しくありません。

特徴⑥一人での楽しみ方を知っている

一人が好きな人は「一人での楽しみ方を知っている」という特徴があります。一人が好きな人は、趣味を持っていたり、好奇心が強いというイメージを持つ人は多いかもしれません。ですがそれだけでは、一人が好きな人を本当の意味では理解できていません。

一人が好きな人というのは、何をやっていても楽しそうに見えたりしますが、「物事の捉え方」に秘密があるのです。一人が好きな人は無駄を嫌います。一人が好きな人は、物事を理由なくネガティブに捉える事は無駄だと考えていて基本ポジティブ思考です。

例えば、季節の変わり目に散歩をしていて、自然風景の変化に気づいた時に、「時が経つのは早いな、また歳をとってしまう」などと悲観的に思ってしまう人も居ます。一人が好きな人は捉え方が違っていて、移り変わる景色を見たら「1年でこんなに美しい景色をたくさん見る事ができて、本当に幸せだ」と捉えます。

一人が好きな人は、このような発想で捉えるので、何もない退屈そうな場所であっても長時間に渡って平気で一人で過ごせたりします。「一人での楽しみ方を知っている」からです。

特徴⑦独自の世界を持っている

一人が好きな人は「独自の世界を持っている」という特徴があります。一人が好きな人は自分自身では、「変わった事をしている」と自覚していない場合も多いですが、人から見れば独自の世界があるように見えます。

マイペースに見えたり、会話に独特の間を持っていたりすると、独自の世界に見えます。一人が好きな人は、常識にとらわれず自由な発想で物事に当たるので、絵をひとつ書かせても、人とは変わった絵だったりします。

一人が好きな人の特徴【心理編】

一人が好きな人の性格や特徴を見てきましたが、一人が好きな人の謎が解けた人も中には居たかもしれません。一人が好きな人の事をもっと知りたいと思った人は、ここから「一人が好きな人の特徴【心理編】」を見ていきますので、参考にしてみてください。

特徴①邪魔されず自分で決めたい

一人が好きな人の特徴として、「邪魔されず自分で決めたい」という心理があります。一人が好きな人は、自分の問題を誰かに相談することが少ないです。一人の時間をつくって自分で決断してしまいたいという心理を持っています。

補足ですが、一人が好きな人は決して頑固ではありません。自身の問題は自分で決断しますが、団体で何かを決定する際は、周囲とうまく協調して動く事も得意ですので、身勝手な人だと誤解しないようにしましょう。

特徴②自分の行動したい

一人が好きな人の特徴に「自分の行動したい」という心理があります。一人が好きな人は、手帳などを利用して自分のスケジュールを管理し、日々行っているルーティンがあります。もともと好奇心が強い性格を持つ一人が好きな人ですが、その興味の対象は自分自身にも及びます。

「こうすればもっと良くなるかもしれない」と、考えて実行する事を、ある種「実験感覚」で楽しんでいます。それが、誰かと居る場合は、急な変更や予想外の出来事が起きたりして予定が狂ってしまう事が多々あります。そういう面でも「人と居ると疲れる」と感じやすいので、「自分の行動したい」という心理が働くのです。

特徴③趣味に時間を使いたい

一人が好きな人は「趣味に時間を使いたい」という心理を持ちます。一般的には、「趣味は遊びの延長」という認識が強いですが、一人が好きな人にとっての「趣味」はライフワークの中でも優先順位が高いのです。一人が好きな人は、仕事も趣味も同じくらいの熱量を持って真剣に取り組んでいます。

例えばゲームをするにしても、常に向上心を持って創意工夫をして、真剣に挑むので「ゲームだし適当でいいや」とはなりません。それを他人が見ると「もっと気楽にやったほうが楽しいのに」と思うかもしれませんが、一人が好きな人にしてみれば自分なりの最高の楽しみ方でやっているので充実感は高いのです。

特徴④心を癒したい

一人が好きな人の特徴に「心を癒したい」という心理があります。一人が好きな人は、自分や周囲の変化によく気づきます。誰かが疲れていると、相手の表情などから察して配慮したりします。それは、一人が好きな人は、「疲れや、ストレスに関する事や、モチベーション」などに関心を強く持っている為です。

一人が好きな人は、心を癒やす為にはどうすれば良いかを日頃から考えています。効率的な活動ばかりするのでは無くて、一見無駄に見えてしまうような遊びなども生活に取り入れます。そんな遊びも、心を癒やす為には重要だと認識しているからです。

特徴⑤気疲れしたくない

一人が好きな人は「気疲れしたくない」という心理があります。一人が好きな人は、好奇心が強くやりたい事をたくさん抱えています。一人が好きな人にとっての「気疲れ」というのは、できる限り避けたい天敵なのです。

人の事を全く気にしない人であれば、気疲れとは無縁かもしれませんが、一人が好きな人は相手の事によく気づくからこそ気疲れしてしまいやすいです。一人が好きな人は、ペースを乱されることをとても嫌うので、「気疲れしたくない」のです。

特徴⑥無駄なことは避けたい

一人が好きな人は「無駄なことは避けたい」という心理があります。一人が好きな人は、好奇心があり成長意欲も高いので、その過程において「無駄なことは避けたい」と考えます。進歩の無い会話や、人の愚痴を言うだけの食事会なども無駄な事だと考えています。

ただし、一人が好きな人は無計画な旅行や、遠回りになってしまう寄り道を好む一面があります。無駄な事が嫌いなはずなのに矛盾しているように見えます。これには理由があって、「無計画な旅行や寄り道」は一人が好きな人からすれば、何か新しい発見があるかもしれない好奇心がそそられる行動なのです。

一人が好きな理由

ここまで一人が好きな人の特徴や心理を見てきました。そこで疑問に思われる事が、なぜ一人でいることが好きになったのかです。その理由は人それぞれではありますが、大きく3つに分けて見ていきます。理由を知ることで、納得できる部分が出てくるはずですので参考にしてみてください。

理由①育った環境が影響している

一人が好きな理由の1つが、「育った環境が影響している」事が挙げられます。特に弟や妹を持つ兄や姉にあたる人は、後から生まれてきた弟達に対して「しっかりしなくちゃ」という意識が芽生えやすいです。兄弟が危険な事をしないか、困ってないかなと面倒見が良ければ良いほど、自分の時間を持たずに育ちます。

大人になり自分の時間を持てるようになると、一人で過ごす気楽さを知って一人が好きな人になるのです。過去から解放されたかのように、自分のやりたいことや興味のある物事に熱心に取り組むようになります。だからといって、自分中心的な性格にならないのは、育った環境の影響もあり人への気遣いや配慮をする事が身についているからです。

理由②両親からの厳しい躾の影響

一人が好きな理由に「両親からの厳しい躾(しつけ)の影響」が挙げられます。特に親戚関係や両親が、世間体を強く意識するような人で厳しかったりすると、その子供は一人が好きな人になりやすい傾向があります。

両親が厳しすぎると、子供は疑問や不満を持ちます。「なぜここまで決められなければいけないの」や、教育してくれた大人達が「全く幸せそうに見えない」などと、子供は晴れない不満を抱えたまま大人になるのです。その反動から、両親を反面教師的に捉えて、自分は自由でありたいと考えるようになり、一人の時間を大切にするようになるのです。

理由③複雑な人間関係への嫌悪感

一人が好きになった理由に「複雑な人間関係への嫌悪感」があります。幼少期に、家族や、歳の離れた先輩たちや、近所の人たちなどの生々しい人間模様を目の当たりにして育つと嫌悪感がうまれます。陰口をたたく大人たちや、幼稚な喧嘩を大人同士でするのを見て、「一人が気楽」という感覚が強くなっていきます。

そして大人になると、一人が好きな人になり、人とコミュニケーションをはかる際に人間関係に人一倍気を遣うようになるのです。

一人が好きな人の恋愛傾向

ここからは、一人が好きな人の恋愛傾向を見ていきます。一人が好きな人の特徴や理由を見ると、なんだか付き合うのが難しそうだと感じた人もいるかもしれません。あるいは、現在気になる人が「一人が好きな人」の場合、その恋愛傾向に興味があるはずです。一人が好きな人の恋愛傾向の中で代表的な3つを確認して参考にしてみてください。

恋人にも一人の時間を楽しんでほしい

一人が好きな人の恋愛傾向で「恋人にも一人の時間を楽しんでほしい」と望んでいる事が挙げられます。一人が好きな人は、一人の時間を楽しんでいる人に対して、魅力的に感じたり尊敬したりします。一人が好きな人は、常に自分の人生を有意義したいと真剣に考えていますので、それができている人をリスペクトするのです。

アプローチは積極的にしてほしい

一人が好きな人の恋愛傾向に「アプローチは積極的にしてほしい」と望んでいる事が挙げられます。一人の時間を大切に思うあまり、他人の領域に踏み込む事に抵抗を感じてしまうのが一人が好きな人です。

気になる相手がいて、その人が「一人が好きな人」であれば、自分から積極的にアプローチしなければ恋は実りづらいです。待ってるだけではだめなので、思い切ってアプローチしてみましょう。

結婚にメリットを感じていない

一人が好きな人の恋愛傾向に「結婚にメリットを感じていない」事が挙げられます。幼い頃に、両親や大人たちの顔色を見て育った一人が好きな人にとって、結婚に良いイメージが湧きづらくなっています。メリットよりもデメリットが目立ってしまい、一人で居る方が楽だと考えているのです。

一人が好きな人は周囲に配慮して気疲れしてしまう性格もあって、家庭を持つと頑張り過ぎて疲れてしまうと想像しています。

一人が好きな人とうまく恋愛する方法

一人が好きな人は、時代と共に確実に増えています。しかし、一人が好きな人とどのような距離感で付き合えば良いか悩む人は少なくないはずです。そこで、ここからは「一人が好きな人とうまく恋愛する方法」を3つに厳選して見ていきます。

自分の価値観を押し付けない

一人が好きな人とうまく恋愛するには、「自分の価値観を押し付けない」事が大切です。一人が好きな人は、価値観を押し付けられる事を非常に嫌がるので、相手にも価値観を押し付けないよう気をつけています。

「付き合っているのだから、もっと2人の時間を大事にして」とか、一人が好きな人の趣味に対して「そんな事やっている時間があるならデートしてよ」などと言ってしまえば破局待ったなしです。

自分も一人の時間を楽しめるよう努力する

一人が好きな人とうまく恋愛するには、「自分も一人の時間を楽しめるよう努力する」事が効果的です。女性であるなら特に、一人にされると寂しく感じてしまうかもしれません。しかし、一人が好きな人は「一人の時間を楽しめる人」に魅力を感じたり、「一人の時間を尊重してくれる人」の事を大切にしようと考えるのです。

一人が好きな人と付き合うと、必ず自分に空白の時間ができます。その時間を一人で楽しめるように努力する事で、二人で会う時にとても会話が弾むようになります。一人が好きな人は、そのような人を一生の宝ものとして大事にしてくれるはずです。

相手の好きなことを理解する

一人が好きな人とうまく恋愛するには、「相手の好きなことを理解する」事がポイントです。自分一人で頑張って相手の好きなことを学ぶと、一人が好きな人は喜びます。それ以上に効果が高いのは、相手の好きなことに対して質問をする事です。一人が好きな人は周囲に気を遣って生きてきた人なので、相手が気を遣っていればそれを見抜きます。

なので、適当に質問しても逆効果です。一人が好きな人は「恋人に気を遣わせてしまった」と反省してしまいます。相手の好きなことを本当に理解したいと思えたら質問してみてください。一人が好きな人は、そのように自分の好きなことを理解しようとする人に教えたり、褒めたりできることに非常に喜びを感じるのです。
 

一人が好きな人が向いている仕事

ここから「一人が好きな人が向いている仕事」を5つ紹介します。ここまで記事を読んで、一人が好きな人に自分が当てはまっていた事に気づいた人もいるかもしれません。変わり者扱いを受けがちな「一人が好きな人」ですが、向いている仕事にどのようなものがあるのか見ていきましょう。

仕事①警備員

一人が好きな人が向いている仕事に「警備員」があります。警備員は、変化への対応力を試される仕事です。一人が好きな人は、多くの時間を一人で過ごす事によって、多くの判断を自分でしています。その判断力をいかんなく発揮できる適職の1つが警備員です。

業務上で同業者とのやり取りも少なく、黙々と集中して作業することを得意とする一人が好きな人には、とても向いている仕事です。同業者には、一人が好きな人が集まりやすく、休憩中の会話が弾むことも多いはずです。

仕事②学者

一人が好きな人が向いている仕事に「学者」があります。好奇心旺盛で、物事を深く思考するのを好む一人が好きな人には適職です。自分の仕事がそのまま研究結果として形に残り、成功も失敗も価値のある学者の仕事は、日頃から実験精神を持って生きる一人が好きな人の天職となりえます。

仕事③ホームヘルパー

一人が好きな人が向いている仕事に「ホームヘルパー」があります。ここまで触れてきませんでしたが、一人が好きな人は、1対1のマンツーマンでのコミュニケーションに力を発揮する特徴があります。物事を把握しておきたいという気質から、相手の人数が少ないほど気配りに抜かりが無くなるのです。

その力を発揮できるホームヘルパーの仕事は、一人が好きな人に向いています。ホームヘルパーの利用者は、孤独を感じていたり、言いようのないストレスを抱えていたりします。そのような相手には、きめ細やかな気配りができる一人が好きな人には、とてもしっくりくる仕事だと言えます。

仕事④講師

一人が好きな人が向いている仕事に「講師」があります。講師の仕事は、あらゆる場所が勤務地となり1人で飛び回ります。それを苦と思わず、一人を好む性格に合っています。一人が好きな人は、こだわりが強く物事を深く思考できる特徴があり、専門性のある情報を人に伝える講師の仕事にとても向いています。

仕事⑤プログラマー

一人が好きな人が向いている仕事に「プログラマー」があります。機械に相当な苦手意識がなければ、パソコンに向かってひたすらに作業するプログラマーは、一人が好きな人に向いています。プログラマーは仕事を覚えてフリーになれば、仕事のほとんどを1人でコントロールできるようになります。

プログラマーの働き方の1つに、ノマドワーク(場所を選ばず、喫茶店やホテルなどでパソコン1つで仕事をすること)があります。一人が好きな人は、トラブルを自分自身で解決したり、自己管理の意識も高いのでノマドワークというスタイルが可能になるプログラマーは、天職の1つであると言えます。

一人が好きな人の価値観を尊重してあげよう

一人が好きな人の考え方や特徴を知ると、今まで謎めいていた存在も理解する事が可能になりました。一人が好きになった理由が分かり、一人が好きな人の恋愛傾向を確認できた事で、圧倒的に付き合いやすくなったはずです。記事を参考にして、一人が好きな人と仲を深めてみてください。

関連する記事はこちら

Thumbひとりが好きな人の特徴11選!心理や性格に向いている仕事とは
ひとりでいるのが好きな性格の人は、他人からは孤独に見えているのかもしれません。ひとりで居たい...
Thumb一人でできる趣味一覧!お金のかからないオススメ趣味は【ぼっち必見】
一人の時間を持て余しているという方向けに、一人でできる趣味を紹介します。アウトドア、インドア...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ