頭の回転が遅い人の原因と改善方法!速い人との会話の差は【診断】

頭の回転が遅いと言われたことはありませんか。ちょっとした会話の中でも、頭の回転が遅い人か、速い人かを他人は判断しています。頭の回転が遅い人の特徴や原因、病気かどうかなど、改善方法を紹介します。頭の回転が速い人、仕事ができる人と言われたい方におすすめの内容です。

頭の回転が遅い人の原因と改善方法!速い人との会話の差は【診断】のイメージ

目次

  1. 1【診断】頭の回転が遅い人の特徴〜日常編〜
  2. 2【診断】頭の回転が遅い人の特徴〜仕事編〜
  3. 3頭の回転が遅い人の原因
  4. 4頭の回転が遅い人の改善方法
  5. 5頭の回転が遅い人に考えられる病気
  6. 6頭の回転が遅い人と頭の回転が速い人との差
  7. 7頭の回転が遅い人は原因と向き合い改善していこう

【診断】頭の回転が遅い人の特徴〜日常編〜

頭の回転が遅いのではないかと悩んでいる方はいませんか。または身近な方が頭の回転が遅いと感じていてイライラしてしまう方は、頭の回転が遅い人にはどのような特徴があるのかを日常の行動から知ってみましょう。自分は頭の回転が速い人だと思っている人も、他人事と思わずにチェックしてみましょう。

特徴①空気が読めない

頭の回転が遅い人は、空気が読めません。なぜなら、空気を読むには相手の表情や会話の抑揚など、小さな変化に気付く能力が必要だからです。

周囲の些細な変化に一瞬で気付くことができる人は、頭の回転の速い人ですが、あとから「あの時は〇〇って意味だったのかも」「もしかして、言っちゃダメな雰囲気だったのかな」などと、気付く人は頭の回転が遅い人と言えます。

特徴②コミュニケーションが不得意

先ほどの「空気が読めない」にもつながりますが、頭の回転が遅い人は人とのコミュニケーションが不得意です。相手の言葉や表情から感情を読み取ることが下手なので、悪気なく不適切な発言をしてしまいます。

たとえば、失恋したばかりで落ち込んでいる人に「来週のクリスマスのカップルイベントが楽しみなんだー」と言ったり、新しい洋服を購入した人に「来週からバーゲンだから、それから買った方がいいのにどうして買ったの?」などと、言われた人が嫌な気分になる言葉を頭の回転が遅い人は平気で言ってしまいます。

特徴③臨機応変に対応できない

頭の回転が遅い人は、予定されたことをこなすので精一杯です。そのため、急なトラブルなどで予定が変更されると、それに対応することができません。

たとえば、8時15分に駅に到着して電車に乗らないといけないのに、渋滞に巻き込まれてしまって駅に到着するのが8時30分になったら、次の電車を調べずに「渋滞に巻き込まれたから、今日は行けない」「行きたかったけれど、渋滞だったから仕方ない」と、すぐにあきらめてしまいます。

頭の回転が速い人から「〇時発の電車でも間に合うよ」「〇〇駅で乗り換えれば間に合うよ」などと、具体的に指示されても、イマイチ理解ができません。「予定された電車に乗れない=予定は中止」と、頭の回転が遅い人は勝手に思い込んでしまいます。

特徴④冗談かどうか分からない

頭の回転が遅い人は、人の話が冗談で話している内容なのか、真面目に話している内容なのかを見極めるのが下手です。冗談を理解するには、ある程度の知識や場の空気を読む能力が必要です。頭の回転が遅い人は、そういった能力が低いために、自分で冗談かどうかの判断を付けることができません。

特徴⑤失敗した経験が多い

頭の回転が遅い人は、本人なりに真面目に努力してきたつもりでも、結果的に失敗してしまうことが多いです。頭の回転が遅いと、どうしても要領が悪くなってしまいます。

まとめて入力できるのに、1つ1つ入力したり、パソコンを使ったら早くできる書類を、時間をかけて手書きで制作したりします。その結果、頭の回転が遅い人は他人より失敗が多くなってしまいますが、本人は何が原因でよく失敗してしまうのか理解できていません。

特徴⑥怒られても分からない

頭の回転が遅い人は、よく失敗するので、よく怒られます。しかし本人は何を怒られているのか、相手が何を怒っているのかがイマイチ理解できていません。中には自分が注意をされているのに、自分に原因があると思わずに「〇〇さんは機嫌が悪いんだな」と、他人事のように感じている人もいます。

特徴⑦過去の経験から学ばない

頭の回転が遅い人は、同じ失敗を繰り返すことが多いです。この道は渋滞すると分かっているのに、毎回その道を通って渋滞に巻き込まれてから「この道は本当ダメな道だなあ」と思います。そのうえ、また同じ道を通ってしまいます。

頭の回転が遅い人も「同じ失敗をしてはいけない」とは分かっていますが、いざ行動をする時になると、いつもと同じ方法を選んでしまうため、同じ失敗ばかりを繰り返してしまいます。

【診断】頭の回転が遅い人の特徴〜仕事編〜

頭の回転が遅い人の仕事での特徴も知っていきましょう。同じ職場にいる人にイライラしてしまうのは、相手の頭の回転が遅いことが原因かもしれません。自分が頭の回転が遅い人なのかもと心配な人もチェックしてみましょう。

特徴①判断が遅い

頭の回転が遅い人は決断する判断が遅くなりやすいです。そのため、締め切りぎりぎりにならないと仕事が進められなかったり、締め切りを守れないことがあります。どちらにするかという二者択一でも、最後まで迷ってしまうことが多いです。

特徴②仕事覚えが悪い

頭の回転が遅い人は速い人に比べると、仕事覚えが悪いです。マニュアルが必要ない簡単な仕事でも、なかなか覚えることができません。同時期に入社した人がたくさんいる中で、自分一人だけが仕事が覚えられないということもあります。

また、マニュアルを見ながらなら作業できるけれど、手元にマニュアルがないと何をしていいのか全く分からなくなるという人もいます。

特徴③効率が悪い

他の人と同じ仕事をしている時でも、頭の回転が遅い人は効率が悪いことをしてしまうので、他人よりも時間がかかってしまいます。コピーと貼り付けをすれば簡単に入力ができるパソコンでの作業でも、1つずつ入力をしようします。

頭の回転が速い人に「コピーをすれば早いよ」と教えてもらっていても、自分の慣れたやり方の方がいいと考えて、なかなかチャレンジしようとしません。本人は真面目にしているつもりですが、効率が悪いことばかりをしてしまうので、結果的に仕事に時間がかかってしまいます。

特徴④先を読む力がない

頭の回転が遅い人は、目の前の仕事をこなすので精一杯です。とても先を読むことはできません。先を読むことができる人は、目の前にあることだけでなく、その先に起こることまで考えていますが、目の前にあることにすら理解が追いついていない人には不可能です。

特徴⑤改善や工夫が苦手

頭の回転が遅い人は、自分で考えて仕事内容を改善したり、工夫することが苦手です。苦手というよりも、自ら与えられた仕事内容を改善しようとしたり、工夫しようと考えることがほとんどありません。与えられた仕事をこなすので精一杯なので「もっとこうすれば仕事の効率がいい」などの、改善にまで目が向かないのです。

特徴⑥片付けが苦手

頭の回転が遅い人のデスクや仕事場の周りは、散らかっていることが多いです。整理整頓ができている人というのは、何がどこにしまってあって、どこに物をおけば次に使いやすいかが理解できています。しかし、頭の回転が遅い人は、目が付いた物を手に取ったり、とにかく近い場所にしまったりするので、どうしても散らかってしまいます。

特徴⑦自己啓発に努めない

頭の回転が遅い人は、効率が悪く、仕事が遅いことが多いので、常に自分がやらないといけないことに追われています。毎日余裕がなく過ごしているので、自己啓発につながるような読書やセミナーなどに参加する余裕がありません。新しい知識を得たくないというよりも、日々に余裕がないのでとても自己啓発にまで手がまわりません。

特徴⑧優先順位がつけられない

頭の回転が遅い人は急ぎの作業をしている時でも、自分の目に入った別の仕事を始めてしまいます。締め切りが遅い仕事をあとにする、作業が多い仕事は先にするなどの優先順位を付けるのが苦手です。そのため、締め切りまでに日数がある仕事を先に終わらせてしまったり、締め切りが迫っている仕事が全くできていないことがあります。

今日中に仕上げないといけない仕事が目の前にあっても、会話にあがった仕事を先に行ったり、たまたま指示された仕事を先に行ったりします。目に付いたり、その時たまたま頭に浮かんだ仕事にとりかかってしまうので、全ての仕事が中途半端な仕上がりになることもあります。

特徴⑨「報・連・相」ができない

頭の回転が遅い人は、適切なタイミングがよくわかりません。そのため、いつ報告すべきか、連絡すべきか、相談すべきなのかが判断できません。「これぐらいの内容なら報告はいらないだろう」と考えたり、前回は同じ内容で報告したけれど、「連絡してください」と今回は言われていないから、連絡しなくてもいいはずだと誤解したりします。

逆に、報連相をこまめにしろと1度怒られると、不必要なほど細かく連絡してくる人もいます。どちらにしても、頭の回転が遅い人は、適切な報連相のタイミングや内容が自分では判断できないと言えます。

特徴⑩二つ以上のことを同時にできない

頭の回転が遅い人は、一つの仕事を行うだけで精一杯です。そのため、二つ以上のことを頼まれるとパニックになってしまいます。たとえば「お客様が来るか確認しながら、レジのお金を合わせる」という場合、お金を触りだすと、全くお客様がいるかどうかに意識が向かなくなります。中には、至近距離で話しかけられない限り気付かないことさえあります。

頭の回転が遅い人の原因

頭の回転が遅い人と早い人が世の中にはいますが、遅い人には遅い原因があります。特に「どうして私の頭の回転が遅いんだろう」と悩んでいる人はチェックしてみましょう。原因がわかれば、改善方法もわかるかもしれません。

原因①ストレスが蓄積されている

人間はストレスが蓄積されると、忘れっぽくなったり、ストレスになっている悩みについてばかり考えてしまい、他のことがおざなりになります。恋愛や家族関係、お金のことなど、解決しにくい悩みが複数ある人は、いつもストレスを抱えてすごしています。

そのためストレスがどんどん蓄積されてしまい、良いことで喜べなかったり、みんなが楽しいと思っている時でも楽しいと思えなくなってしまいます。

ストレスが溜まりすぎて発散することができなくなってしまうと、一日中悩んでばかりになってしまい、仕事だけではなく友達とのささいな会話にさえ意識がうまくいかなくなります。その結果、反応が悪いように見えてしまい、頭の回転が遅い印象を他人に与えてしまいます。

原因②脳の柔軟力が低下している

同じ仕事や同じような日常ばかりを繰り返している人は、柔軟性を持った会話や行動が苦手です。毎日同じ時間に起きて、同じ朝食を食べ、同じ服装で、いつもと同じ道順で目的地に行くような日々を繰り返していると、考え方に柔軟性が無くなっていきます。

「今日は雨だから、遠回りになるけどアーケードがある通りを通ろう」「新しいパン屋さんに寄ってから電車に乗ろう」など、その時々に違う行動がとれる人は大丈夫ですが、「いつも同じ」ことに安心感を覚えて固執するようになると、いつもと違う行動に恐怖心を抱く場合もあります。

意味もなく会社の新人を避けたり、効率が悪くても従来のやり方でないとダメだと思い込んでしまうようになると要注意です。あえて違う道を通ったり、初対面の人と会話をして、刺激を得るようにしましょう。

原因③ワーキングメモリーの機能の低下

常日頃から頭がぼーっとして眠たいなど、ワーキングメモリーが低下していまっている人は一定数います。極端な例を言えば、手にお箸を持って食事している時に「こっちに来て」と呼ばれると、お箸を持ったまま移動してしまうような人がいます。

昨日していた仕事なのに、翌日出社してみると、どこからが続きの仕事が分からない、昨日はできていたやり方が思い出せないという人もいます。ワーキングメモリーは加齢によっても低下するので、若い時は同時に複数の仕事ができていたのに、今は一つの仕事を終えるのがやっとという人もいます。

頭の回転が遅い人の改善方法

頭の回転が遅い人の特徴を読んでいると「自分のことかも」と思う人もいるかもしれません。または、身近な人の頭の回転が遅いことでストレスを感じていて、どうにかして改善してもらいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。頭の回転を速くする方法を知っていきましょう。

改善方法①考えたことを整理する

頭の回転が悪い時は、今自分が何をしないといけないか、何をしているか把握できていない可能性が高いです。頭に浮かんだことを、一度紙に書いて整理することで、何をしているのか、しないといけないかを客観的に確認することができます。ささいなことでも、頭に浮かべるだけだと、他のことが目に入った瞬間に忘れてしまう可能性があります。

たとえば「〇日に締め切りです」と口頭で言われて、覚えているつもりでも、そのあとに難しい仕事の話をされると、それで頭がいっぱいになってしまい、締め切りの日にちや、締め切りの話をしたことさえ忘れてしまうことがあります。

聞いた時に「〇日に締め切り」とメモをして、今やっている仕事、やらないといけない仕事をメモしてみると、やらないといけない仕事の順番や内容を確認することができます。

改善方法②積極的に人と会話する

頭の回転が悪くなっている時は、他人の会話がうまく頭の中に入ってこなくなっています。自分の考えに固執しすぎていたり、ぼーっとしてしまって状況が正しく判断できなくなっています。そんな時におすすめなのが、積極的に人と会話する方法です。人と会話を重ねていくと、うまく内容が頭に入ってこなかったとしても、脳への刺激になります。

たくさん会話をしていると、脳が活性化されて少しずつですが頭の回転が速くなっていきます。また、自分ひとりでは進まなかった仕事や悩みが、他人との会話によって解決していく可能性もあります。なんだか頭の回転が悪い気がする、最近誰とも会話していないと思ったら、どんどん人と会話していきましょう。

改善方法③何でも挑戦してみる

頭の回転が遅くなっている時は、先ほどの改善方法と同じように刺激が有効的と言えます。会話だけでなく、今していないことを何でも挑戦してみましょう。たとえば、デスクワーク中心になっているなら、公園で体を動かしてみるのがおすすめです。食べたことがない料理や見たことない映画を見るのも刺激になります。

ポイントは「いつもとは違う」「いつもなら選ばない」ことをすることです。違和感があったり、疲れたと感じると思いますが、脳の刺激になるのでおすすめです。

改善方法④ストレスを発散する

脳の回転が悪くなっている原因として、ストレスを感じている可能性があります。そんな時は、感じているストレスを発散することで、頭の回転がスムーズになることがあります。大きな声を出して歌を歌ってみたり、おいしいスイーツを食べる、好きな人やペットにハグをするなど「幸せ」「スッキリする」と感じる行動をしましょう。

ストレス発散を繰り返していると、いつもは時間がかかっていた仕事が早くできるようになったり、なかなか頭に入らなかった内容がすんなり把握できるようになるかもしれません。

改善方法⑤規則正しい生活をする

朝早く起きて、日光を浴びて朝食を摂り、体を動かして昼食を食べて、夕食を食べて早く眠るような規則正しい生活をしていると、ホルモンや自律神経が整えられます。それによって、体調が整っていくので頭の回転もスムーズになっていきます。不規則な生活をしていて体調がすぐれない、頭の回転が遅いと感じている人は試してみましょう。

改善方法⑥サプリを摂取する

脳の回転が速い人になるために、脳の働きに効能があるとされている、チロシン、EPA、DHA、イチョウ葉などのサプリを摂取するのもおすすめです。また、体の疲れが頭の能力の低下に影響を与えている可能性もあるので、滋養強壮に効果があるサプリや栄養ドリンクもおすすめです。

手軽なものですと、ブドウ糖でできたラムネやジュースも頭の疲労感に効果があると言われているので試してみましょう。

頭の回転が遅い人に考えられる病気

頭の回転が遅い人のなかには、先天的な病気が原因の場合もあります。どのような病気の可能性が隠されているのかを知っていきましょう。

①学習障害

頭の回転が遅いから、計算ができない、本の内容がうまく頭に入ってこないと思い込んでいる人の中には「学習障害」が原因の可能性があります。特徴としては、数字や漢字など特定の文字が認識しにくかったり、社会や国語は好成績なのに、数字が出てくると簡単な足し算でも間違ってしまうような学力の偏りが見られることがあります。

②アスペルガー症候群

一言で「アスペルガー症候群」といっても症状はさまざまですが、「こだわりが強い」という特徴があります。マニュアルに書いてある内容よりも、マニュアルの紙質や、文字の書体が気になってしまってマニュアルの内容が入ってこないため、仕事が遅いと思われている可能性があります。

PCの知識など、特定の知識に対しては優れているのに、まったくできない業務があるなど、能力のバラツキが大きいこともあります。

③うつ病

昔は頭の回転が速い人と言われていて、1時間程度で簡単にできていた仕事なのに、同じ時間をかけても仕事ができなくなったなど、最近になって脳の回転が悪くなったと感じるなら「うつ病」などの心的な病を患っている可能性があります。

頭の回転が遅くなったこと以外にも、無気力で昔楽しんでいた趣味にも興味がなくなった、いつも体が重たい、人との会話がおっくうなどの特徴があるなら、一度病院で相談をしてみるのがおすすめです。

頭の回転が遅い人と頭の回転が速い人との差

頭の回転が悪い人の特徴や原因について紹介してきましたが、頭の回転が速い人とはどのような差があるのでしょうか。3つの違いを紹介するので、自分はどちら側の人間なのかを考えてみましょう。

①話の引き出しの多さ

頭の回転が速い人は話の引き出しが多く、話の話題が変わっても内容についていくことができます。たとえば、自分がしたことがなくても、ゴルフやラグビーなどのスポーツの会話ができたり、あまり行ったことがないエリアでも話題になっていた飲食店のことを知っていたりします。どんな年齢の人とも会話ができて、無言になるようなことがありません。

しかし頭の回転が遅い人は、話題の引き出しが少ないので「初対面の人とは天気の話をする」など、決まった会話しかできません。自分の興味がない話題をされると、返し方が分からないのですぐに無言になってしまい会話が続きません。

②話に結論があるか

頭の回転が遅い人は話に結論がないことが多いです。「今日は暑いですね」「〇〇さんも同じジュースを飲んでましたよ」など、「それで?」「何が言いたいの?」と疑問に感じてしまうような会話を続けてしまいます。仕事の会話でも途中で脱線したり、結論に関係ない会話を続けてしまったりと、周囲が困惑することが多いです。

一方で頭の回転が速い人は、起承転結がしっかりとした会話が上手にできるので、長時間話していても相手が疲れることがありません。何を伝えたいのかが明確なので「また会話をしたいな」と相手に思ってもらえます。

③アドリブが上手か

頭の回転が遅い人は決められたことを行うだけで精一杯です。そのため、急なトラブルが起きると対応することができません。アドリブで対応するようなことは不可能です。頭の回転の速い人は、常に何が起こっているか、どう対応すればいいかが理解しているので、トラブルが起きてもアドリブでうまく対応ができます。

頭の回転が遅い人は原因と向き合い改善していこう

自分の頭の回転が遅いと悩んでいる人でも、深刻な病気が隠れていない限りは、ちょっとした改善方法を行っていけば改善していくことが可能です。自分は頭の回転が速い人と違うからダメだと決めつけずに、自分がやりやすい仕事の方法やストレス発散方法を見つけていきましょう。

仕事の速度が速くなくても、確実に仕事を行えば信用を得ることはできます。自分ができることを見つけて、努力を続けていきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ