不平不満が多い人の心理と特徴!文句ばかり言う人への対処法・付き合い方は

不平不満が多い人の心理や特徴、意味について具体的に解説を行っていきます。あまり文句を言わない人もいれば、不平不満が多い人も存在します。文句や愚痴ばかり言う人への対処法や付き合い方、不平不満の類語・対義語も含めてご紹介していきます。

不平不満が多い人の心理と特徴!文句ばかり言う人への対処法・付き合い方はのイメージ

目次

  1. 1不平不満の意味とは
  2. 2不平不満が多い人の特徴
  3. 3不平不満が多い人の心理
  4. 4不平不満が多い人が周囲に与える影響
  5. 5不平不満が多い人への対処法は
  6. 6不平不満が多い人との付き合い方
  7. 7不平不満を言わない人になる方法
  8. 8不平不満が多い人とも上手に付き合っていこう

不平不満の意味とは

不平不満や文句が多い人の考えていることや、なぜそうした発言が多くなってしまうのかについて具体的にご紹介していきます。まずは言葉の定義や意味についての解説を行っていきます。言葉にはさまざまな意味や考え方があるので、それらを理解することが求められます。

文句や愚痴

不平不満の意味としては、文句や愚痴と考えることができます。不満に思うことを発することが不平不満の考え方であり、よりシンプルな言葉で言い換えるのであれば文句や愚痴という言葉になります。

不平不満が多い、文句が多い、愚痴が多いといった使い方をすることが一般的です。少なくともポジティブな意味として使われる言葉ではなく、ネガティブな意味合いが大きい言葉だと言えます。

不平不満の類語・対義語は

不平不満の意味でお伝えした「愚痴」という言葉も類語になりますし、「文句」も類語になります。他にも「満たされない」や「納得できない」なども似た意味があり類語に当たります。
また、「フラストレーション」や「ストレス」、さらに「ジレンマ」なども意味から考えると類語として使える場面はあります。

不平不満という言葉の対義語はどのようなものが挙げられるでしょうか。「愚痴」や「文句」なども似た意味なので、それらについての対義語と考えてもいいでしょう。不平不満と同じく4字の熟語でいうと「心満意足(ふくとくえんまん)」や「心満意足(しんまんいそく)」という言葉が当てはまるでしょう。

類語・対義語の理解を深めることで、表現の幅を広げていくことができます。さまざまな知識を取り入れていくことがおすすめです。

不平不満が多い人の特徴

不平不満の意味や類語・対義語について理解を深めて、言葉に対する認識を新たにしていくことが大切です。その中で、ここからは不平不満が多い人の特徴について取り上げていきます。文句や愚痴が多い人と言い換えることもできます。それぞれの特徴について確認していきましょう。

特徴①ネガティブな言葉がクセになっている

不平不満が多い人の特徴としては、ネガティブな言葉がクセになっていることが挙げられます。不平不満が多い人は、とにかく物事をマイナスに捉えがちであり、発する言葉もネガティブな言葉が多くなっていきます。

精神的に満たされていない部分があると考えることもできますが、ネガティブな言葉を発することで、自分の心を落ち着けていると考えることもできます。口癖のようになっているので、言いたいだけという気持ちが働いていることもあります。聞いている方としては、うんざりする気持ちになることもあります。

特徴②完璧主義で理想が高い

不平不満や愚痴、文句が多い人の特徴としては、完璧主義で理想が高いという点も挙げることができます。完璧主義で理想が高いと、少し上手くいったり思い通りにいったりしても納得することがありません。常に完璧を求めているので、それだけでは満足しないのです。

自分だけが完璧主義であれば問題ありませんが、それを人に求めることもあります。他人が完璧でないことに苛立ちを隠せず、不平不満が多くなることもあります。人生は上手くいくことよりも上手くいかないことの方が多いので、完璧主義の方は必然的に不平不満が多くなるのです。

特徴③マイナス思考

不平不満や愚痴、文句が多い人の特徴として、マイナス思考という部分も挙げることができます。不平不満が多い人はネガティブな言葉がクセになっているという特徴もありますが、性格的にマイナス思考をしていると考えることもできます。

コップ半分の水が入っている例を挙げればわかりやすいです。ポジティブ思考の方であれば、まだ半分も水が残っていると考えますが、マイナス思考の方はもう半分しか水が残っていないと考えるのです。不平不満が多い人は、まさに後者の考え方です。そうした考え方が身についているからこそ、口から出てくる言葉も不平不満が多いのです。

特徴④自分のやりたいことがわからない

不平不満が多い人の特徴として、自分のやりたいことがわからないという点も挙げることができます。不平不満が多い人は、日常生活における充実感を覚えていない可能性も高いです。自分のやりたいことがわからないために、何となく日々の生活を送ってしまっているのです。

精神的に充実した生活を送っていれば、自然と不平不満を言うことも少なくなっていきます。しかし、自分のやりたいことがわからず充実感も覚えられないので、不平不満を言うことで心のすき間を解消しているのです。

特徴⑤自己中心的

不平不満が多い人の特徴として、自己中心的という部分も挙げることができます。不平不満が多い人は、自己中心的に物事を考えているため、少しでも納得いかないことや満足がいかないことがあると、文句が出てくるのです。

精神的に大人になりきれていないと考えることもできます。人と人との関係性やコミュニケーションにおいて難がある可能性も否定できません。全ては自分中心で回っていると考える人は、自然と不平不満を口にする機会も多くなっていきます。

特徴⑥何でも人のせいにする

不平不満が多い人の特徴として、何でも人のせいにするという点も挙げることができます。不平不満が多い人は、仕事でもプライベートでも自己責任という考え方が欠如しています。物事が上手くいっていれば問題ありませんが、何か上手くいかないことが発生した時は、すぐに人のせいにするのです。

「これは○○さんのせいで起きました」などと、平気で他人の批判を始めるのも不平不満が多い人の特徴です。自己保身という考え方をすることもできますが、自分が悪いという考え方はないのです。周囲にいる人にとっては、とても迷惑な存在になっている可能性もあります。

不平不満が多い人の心理

不平不満や愚痴、文句が多い人の特徴について解説を行ってきました。世の中にはさまざまなタイプの人間がいますが、どうしてもマイナスな発言が多くなってしまう人も存在します。そういった人たちといかに付き合っていくかについても重要なポイントであることは間違いありません。

その点において、ここからはネガティブな発言が多い人たちの心理に注目して解説を行っていきます。内面や心情的な部分について理解を深めることもポイントです。

心理①心が満たされていない

不平不満が多い人の心理として、心が満たされていないという特徴を挙げることができます。心が満たされていないがために、不平不満を言うことで、心の不満足感を解消しようとしていると考えることもできます。

親の愛情をたっぷりと受けて育ってこないと、心理的に暗い部分ができてしまう可能性もあります。自分で自分を納得させる術を知らない人も、不平不満が多くなる傾向にあります。総じて、心が満たされていない人は文句や愚痴を言ってストレス発散につなげようとする傾向があります。

心理②他人を羨ましがり嫉妬する

不平不満が多い人の心理として、他人を羨ましがり嫉妬するという特徴を挙げることもできます。不平不満が多い人は、常に他人と自分を比較しようとします。その中で、自分より能力的に優れている人や恵まれた環境にいる人を羨ましがって嫉妬をする傾向があるのです。

他人と比較してしまうとキリがありません。探そうと思えば自分よりも優れている人を見つけることはとても簡単です。そうしたことがクセになってしまっていると、自分のいたらなさに不満を覚えて愚痴や文句を言う機会が多くなります。

心理③他人の手助けを期待している

不平不満が多い人の心理として、他人の手助けを期待しているという部分も挙げることができます。単純に不平不満を聞いて欲しいというタイプの人もいますが、あわよくば誰かが助けてくれることを期待しているというケースもあるのです。

単純に文句や愚痴を言うことで、何か対価を与えてくれたり代わりにやってくれたりするのではないかと気体している人もいます。聞いている側としてはとても迷惑なことですが、こうした一面も画されているのです。

心理④自分の苦労を理解してほしい

マイナスな発言やネガティブな発言が多くなってしまう人の内面として、自分の苦労を理解してほしいという考え方を持っていることがあります。人間は自分が頑張っていることや努力していることを認めてもらいたいという気持ちを持っているものです。

その気持ちを上手くコントロールすることができないと、周囲を悪い方向に巻き込んでしまうことがあります。自らの欲求を満たすための発言だと考えることもできます。まだ精神的に大人になりきれていない部分があるため、マイナス言葉が口をついてしまうと言えます。

不平不満が多い人が周囲に与える影響

不平不満が多い人には、心理的な面から見てもさまざまな特徴があることを理解できます。会社や学校など、組織に所属していれば不平不満が多い人に遭遇する確率も高くなっていきます。そこで、ここからは不平不満が多い人が周囲に与える影響について、具体的にご紹介していきます。

喧嘩が増えて人間関係が悪化する

不平不満が多い人が周囲に与える影響としては、喧嘩が増えて人間関係が悪化することが挙げられます。不平不満が多い人の愚痴や文句を黙って聞いていられる人であれば問題ありませんが、そういった人ばかりではありません。売り言葉に買い言葉のような形で、喧嘩が始まってしまう可能性もあります。

不平不満が多い人は悪気がなく言っているつもりであっても、聞いている側としては納得いかないことが出てくるケースもあります。そうした場合は喧嘩に発展して人間関係の悪化につながることも否定できません。

相手もネガティブな気持ちにさせる

不平不満が多い人が周囲に与える影響として、聞いている相手もネガティブな気持ちにさせるという点を挙げることができます。不平不満が多い人は、相手の気持ちを考えずに発言していることも少なくありません。しかし、聞いている側としても不快感を覚えたりネガティブな感情が沸いてきたりすることがあります。

結果的に組織内の空気が悪くなっていく可能性も高まります。不平不満が多い人はそこまで考えて発言していない可能性が高いですが、組織に所属する人間としては迷惑な存在になります。

話を聞く相手の負担が大きい

話を聞く相手の負担が大きいことも、不平不満が多い人が与える周囲への影響と言えます。聞き手としては聞きたくて聞いているわけではない可能性もあります。不平不満が多い人に付き合ってあげているという考え方もできます。

そうなると、必然的に話を聞く側の精神的な負担やストレスが大きくなってしまいます。話を聞いた人もストレスを溜めて、他の人に愚痴や文句を言ってしまう可能性もあります。そうなると不の連鎖が止まらず、組織としても悪循環に陥っていきます。

不平不満が多い人への対処法は

不平不満が多い人の特徴や心理、さらには周囲に与える影響について確認してきました。不平不満が多い人が組織にいると、その組織や集団は次第に悪い雰囲気になっていくことがあります。そうなる前にできることをやっておくことが求められます。ここからは不平不満が多い人への対処法について、具体的にご紹介していきます。

対処法①相手に何もやらせないようにする

不平不満が多い人への対処法として、相手に何もやらせないようにすることが挙げられます。仕事の場合は、不平不満が多い人に仕事をふる前に全て終わらせてしまうのです。そうすることで、不平不満をなくす可能性も高まります。

そんなにやりたくないならやらなくて良いというスタンスを貫くことです。何もできないことは自分が困るという感覚を植えつけることが重要です。そうすることで、今までの環境のありがたみに気づかせることにつながります。

対処法②話を聞いているふりで聞き流す

不平不満が多い人への対処法としては、話を聞いているふりで聞き流すことも有効です。不平不満が多い人の話を真に受けていると、聞いている方としても疲れてきてしまいます。そこで、真剣に聞いているようなふりをして、右から左へと聞き流すことが効果的です。

それくらいのスタンスで接していけば、対応する側としても精神的に楽な気持ちになることができます。そこまで真剣に相手をする必要はありません。聞き流すスキルを身につけることで、無駄なストレスを溜め込まずに済むようになります。

対処法③相手の好きなようにさせてみる

不平不満が多い人への対処法として、相手の好きなようにさせてみることも挙げることができます。自分のやりたいようにやらせてみることで、不平不満が収まる可能性も出てきます。それでも不平不満が出てくるようであれば、単なる本人のわがままです。まずは、相手の好きなようにやらせてみて様子を見るのも1つの選択肢です。

対処法④先回りしてやっておく

先回りしてやっておくことも、不平不満が多い人への対処法として効果的な方法です。どうしても不平不満が収まらない場合、一時的に黙ってもらうための方法として効果的です。相手をお姫様や王様扱いすることで、満足感を与えてあげるのです。

一時的に不平不満を言わないようにしてもらうことで、話を聞いている側としても精神的に落ち着くことができます。相手からの不平不満がストレスになっている場合にも効果的な方法です。

対処法⑤「聞きたくない」と素直に伝える

不平不満が多い人への対処法として、「聞きたくない」と素直に伝えることも有効な方法です。さまざまな選択肢がある中で、率直に感じていることを伝えることで問題の根本的な解決につながることもあります。

不平不満が多い人は、聞いている人の気持ちや心情を考えないことも多いです。そこで「聞きたくない」と素直に伝えてあげることで、聞き手の気持ちを理解してもらうことが大切です。下手にストレスを溜め込むよりは、素直に伝える方が聞いている側としても楽になれます。

不平不満が多い人との付き合い方

学校や職場などで不平不満が多い人に悩みを抱えているという方も少なくありません。そこで、ここからは不平不満が多い人との付き合い方についてご紹介していきます。上手く立ち振る舞うことで、自分自身を楽にしてあげることもポイントです。

付き合い方①話をただ聞いてあげる

不平不満が多い人との付き合い方として、話をただ聞いてあげるという方法が挙げられます。不平不満はマイナスな言葉であり、聞いているだけでうんざりしてしまうこともあります。しかし、そこで、苛立ってしまうと売り言葉に買い言葉のような形になってしまうことがあります。

適度に聞き流すことができるような人であれば、黙って聞いてあげるのが効果的です。そのうちに話すこともなくなって、相手の心も落ち着いてくることがあります。まずは、最初の選択肢として持っておくことが有効です。

付き合い方②アドバイスはしない

不平不満が多い人との付き合い方として、アドバイスはしないのもポイントです。アドバイスというのは、どうしても上から目線のような印象を与えてしまうことがあります。不平不満が多い人に対して上から目線のような対応をするのは逆効果になることも多いです。

したがって、自分で思うところがあってもぐっとこらえることが大切です。まずは単純に話を聞いてあげるだけにして、自分の意見を言わないことも適切な付き合い方です。

付き合い方③話の結論は出さない

不平不満が多い人への付き合い方として、話の結論は出さないことも頭に入れておきたいポイントです。不平不満を言いたい人は、何かアドバイスや結論を求めているのではなく、単純に話を聞いて欲しいだけということもあります。

そこで、結論を出してしまうと、感情的になってしまうこともあります。聞き手としては相手のためを思っての発言かもしれませんが、不平不満を言っている人にとってはそうでないこともあります。とにかく黙って聞いてあげることを優先することがおすすめです。

付き合い方④反論はしない

不平不満が多い人との付き合い方として、反論はしないこともポイントです。すでに不平不満を言っている時点で、相手は感情的になっている可能性もあります。そこで自分の意見や反論などを言ってしまうと、相手の機嫌を損ねる可能性が高まります。

もちろん、聞いている側として意見したくなるようなことも出てきます。しかし、そこはぐっとこらえることも必要です。より面倒な事態に発展してしまう可能性もあるので、反論しないことが賢明です。

付き合い方⑤言いたいことを言わせる

言いたいことを言わせることも、不平不満が多い人との付き合い方としては効果的です。不平不満が多い人は、とにかく愚痴や文句を言いたいだけということもあります。愚痴や文句を出し切れば、感情が収まって冷静になる可能性もあります。

仕事でも学校でも日常生活を送っていれば、不満が溜まることもあります。それを吐き出させてあげるのも効果的な付き合い方です。相手の心をスッキリさせてあげることで、多少なりとも不平不満が解消することが期待できます。

不平不満を言わない人になる方法

不平不満が多い人がいると、それに付き合わされる周囲の人間がストレスを抱え込むことになる可能性もあります。そこで、自分はなるべく不平不満を言わない人になりたいと考える人も出てきます。ここからは、不平不満を言わない人になる方法についてご紹介していきます。

ネガティブなことは口にしない

不平不満を言わない人になるための方法として、ネガティブなことは口にしないという点を挙げることができます。普段からネガティブな言葉を使っていると、その言葉が引き金となって不平不満につながっている可能性もあります。

具体的には「でも」や「だって」、「どうせ」といった言葉を使わないようにすることです。意識的にネガティブな言葉を発しないようにすることで、不平不満も自然と少なくなっていきます。

前向きな人と一緒に行動する

不平不満を言わない人になる方法としては、前向きな人と一緒に行動することも有効です。普段からネガティブな人と一緒にいるのと、ポジティブな人と一緒にいるのとでは、考え方や行動も大きく変わっていきます。前向きな人と一緒にいると、気持ち的にも明るく楽しい感覚をつかめるようになっていきます。

その点において、できるだけ明るく前向きに物事を考えている人と一緒に行動することがポイントです。そうすることで、自然と自分も明るく前向きになっていきます。環境の重要性を意識することがおすすめです。

問題と向き合っていく

不平不満を言わない人になる方法として、問題と向き合っていくことも効果的です。不平不満が出てしまうということは、何かしらの問題に直面していると考えることもできます。その問題から逃げるのではなく、しっかりと向き合って解決策を見出していくことが大切です。

問題に向き合わずにいると、いつまで経ってもその問題が解決することはありません。そうなると、自然と不平不満を言う機会も多くなってしまいます。だからこそ問題と向き合って、前進していくことが重要です。

問題と向き合って解決していく姿勢を身につけることで、人としての成長にも期待することができます。そうして一歩一歩着実に歩みを進めていくことが、精神的にも大人になっていくためのステップです。

様々な苦難があることを理解する

不平不満を言わない人になるための方法として、人生には様々な苦難があることを理解することも効果的です。生きていれば、様々な困難や苦難にぶち当たることも少なくありません。何の苦難もなく平坦な道を生きている人の方が少ないということです。

苦難や困難を乗り越えることを楽しめるようになっていくと、さらに素敵な人生になっていきます。苦難や困難に対して不平不満を言うのではなく、立ち向かう意識を持つことです。そうすることで、人生の充実感も高まっていき、徐々に不平不満が少なくなっていきます。

不平不満が多い人とも上手に付き合っていこう

不平不満が多い人の性格的な特徴や行動的な部分の特徴について、具体的にご紹介してきました。不平不満が多い人と付き合うのは、精神的にもストレスが溜まることが多いです。その中でも、上手く付き合ったり対処したりする術を身につけていくことがポイントです。

人生には様々な苦難や困難もあります。その中で人生を前に進めていく必要があります。不平不満が多い人とも上手に付き合って、より有意義な人生を送っていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb自分のことしか考えない人の特徴!相手別の対処・改善方法は?
自分のことしか考えない人の特徴は何でしょうか。また、上司や同僚、彼氏・彼女、夫・妻がそうだっ...
Thumbわがままな人の心理の特徴!自己中な人との上手な付き合い方・対処法は?
わがままな人の性格や特徴に焦点を当てて、その具体的な心理や上手な付き合い方についてご紹介して...
Thumb愚痴が多い人への対処法!文句ばかり言う人の心理・特徴や治し方は
愚痴が多い人にはどんな特徴があるのかご存知でしょうか。文句を言う人が周囲にいると嫌な気持ちに...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
たつお
楽しんで読んでもらえるように執筆していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ