孤高の意味とは!孤高な人の特徴・生き方や「孤独」「一匹狼」との違いは?

「孤高に生きる」という言葉を目にすることはあっても「孤高」の意味を知らないという人は少なくありません。「孤独」や「一匹狼」の意味と比べてどんな違いがあるのでしょうか。孤高な人の特徴や生き方、そして孤高の存在になる方法までを詳しく調べてみました。

孤高の意味とは!孤高な人の特徴・生き方や「孤独」「一匹狼」との違いは?のイメージ

目次

  1. 1孤高の意味とは
  2. 2孤高な人の特徴・生き方
  3. 3孤高な人と「孤独」「一匹狼」との違い
  4. 4孤高に生きる方法とは
  5. 5孤高の存在になる方法とは
  6. 6孤高は孤独じゃない!強い信念を持ってかっこいい生き方を

孤高の意味とは

人と群れず、我が道を行く人たちがいます。彼らのことを一言で表現するなら、「孤高」が相応しいでしょう。この「孤高」という言葉ですが、聞き馴染みこそあれ、意味までは分からないという方もいるはずです。そこで、これから孤高の意味をご紹介します。類義語と対義語もあわせてご覧ください。

自分の信念を貫き我が道を行くこと

孤高は、強い信念を持って我が道を行くことを意味します。大切なものは何としてでも守り抜くという、強い思いを感じさせられる言葉です。自分がやりたいと思ったことは、周りに反対されても貫き通すことでしょう。人に否定されても、自分の信念を守り抜くはずです。それだけ力強い意思があり、高い理想に向かって努力できる人のことを意味するのです。

孤高の類義語は…

孤高の類義語は、独往(どくおう)と独立独行(どくりつどっこう)です。独往とは、自分が信じる道を進むことを意味します。自分のことに自信がある、または自主性があるといえるでしょう。今では聞きなれない言葉ですが、過去には小説家が好んで使用していたそうです。

次に、独立独行(どくりつどっこう)という言葉は、周りを気にせずに我が道を行くことを意味します。独立には絶対というニュアンスがあるので、強い意思を持っていると解釈できるでしょう。2つとも孤高を強調したい時に使う言葉です。

孤高の対義語は…

孤高の対義語には、「大衆」と「群れる」があります。どちらもよく聞く言葉ではないでしょうか。大衆は、多くの人の集まりを意味します。特に、労働者や農民のことを大衆と呼び、エリートや権力者は含まれません。一般的な人をまとめた言葉なのです。

群れるの意味とは、一箇所に集まること。虫や動物が多く集まっている状況で使われます。人間に対して使うことは多くありません。「大衆」「群れる」のどちらの言葉も、孤高とは違って他人に従いながら行動をするという含みが持たされているでしょう。

孤高な人の特徴・生き方

孤高な人は周囲から離れたところにいるため、謎な人物というイメージを抱かれやすいです。孤高な人が何を考えているのか理解できない、という方がいるかもしれません。ということで、彼らの実態を知るべく孤高な人の特徴や生き方についてご紹介します。読み終わった後は、彼らのことが好ましく思えるかもしれません。

生き方①人とつるまない

一人でいることを好むのが孤高な人の特徴です。周りに人を寄せ付けず、自分がやりたいことに多くの時間をつぎ込みます。夢に向かって努力をしたり、成し遂げたいことに向けて勉強をしたりするのです。

一見、人と接するのが苦手そうに思われることもありますが、他人と一緒にいることが嫌なわけではありません。一人だからこそ得られる時間に価値を感じているのです。自分にとって有意義な時間を送るために、人とつるまないのでしょう。

生き方②独特の距離感を保つ

孤高な人は自分の時間が大切なので、人との過剰な関わりを避けるという特徴があります。近寄ってほしくないオーラを漂わせることもあり、人との距離を一定に保とうとするのです。

もちろん、友人がいないということではなく、コミュニケーションを頻繁にはとらないものの、都合が会えば一緒に遊びにいくこともあるでしょう。一人で過ごすことに抵抗がないので、寂しさを感じることがないのかもしれません。

生き方③熟考を重ねる

孤高な人が他人とつるまないことで手に入れたものが、熟考する力という特徴です。人に頼らずに生きることに慣れているので、自分一人で問題を解決できるだけの思考力が身についています。分からないことがあると、粘り強く思考を重ねて突破口を切り開くことでしょう。

生き方④聡明で賢い

熟考を重ねてきた孤高な人は、頭を使う問題を解くのが得意です。他人であれば諦めてしまうほどの難しい課題でも、持ち前の思考力によって解決します。頭の回転が速くて理解力もあるので、人の言葉も文字もすぐに理解できるかもしれません。その姿から、知的でクール印象を抱かれることがあります。聡明で賢いという特徴があるのです。

生き方⑤信念を曲げない

孤高な人は、周囲の意見を参考にすることはあっても、流されることはありません。信念を曲げず、自分の意思を貫き通すという特徴があるのです。融通が利きづらいというより、自分を信じる心が強いといえるのではないでしょうか。

時に人と気持ちが合わず、衝突してしまうこともありますが、へこたれないだけの精神力を持っています。孤高な人はそれほどまでに、てこでも動かない強い信念があるのです。

生き方⑥無駄口をたたかない

無駄口をたたかないのも特徴の一つです。孤高な人に無意味な話をしても、聞く耳を持たれないことがあります。一人でいる時間を奪われてしまうことが許せないのでしょう。それよりも、高みを目指して努力することを選ぶかもしれません。

しかし、コミュニケーションが嫌いなわけではないです。自由な時間を過ごしている時には、友人と楽しくお喋りをします。孤高な人に話しかけたい時は、集中して作業をしていない時が良いかもしれません。

生き方⑦人任せにしない

孤高な人には、人任せにしないという特徴があります。基本的に一人でいることを好むので、他人に力を借りることは少ないです。分からないことがあったら、自力で解決をすることでしょう。持ち前の思考力を活用するのです。

しかし、どれだけ考えても答えが出ない時があるかもしれません。そんな時は、本やインターネットに力を借ります。孤高に生きてきたからこそ、他人の時間を奪うのが申し訳なく感じるので、人任せにはしないのです。

孤高な人と「孤独」「一匹狼」との違い

「孤高」に似た言葉に「孤独」と「一匹狼」があります。孤高には強い意志のようなものが感じられますが、他の2つには感じられないことでしょう。ではどんな違いがあるのでしょうか。これから3つの違いについてご紹介します。

「孤独」の意味とは

「孤独」という言葉には、2つの文字ともに一人という意味が含まれています。「孤」はひとりぼっちのことを示し、「独」は助けがないことを示しているのです。信頼できる仲間がいなく、一人寂しい思いをしているといえるでしょう。友達がいても頼れない、自分の気持ちを理解してくれる人がいない、このような意味を示すのが「孤独」という言葉です。

「一匹狼」の意味とは

「一匹狼」とは、集団から離れて単独行動を取ることをいいます。チームで仕事をする時には、仲間に頼ることなく黙々と一人で作業をするでしょう。といっても、輪に入れないということではなく、人間関係がわずらわしいゆえに単独を選ぶそうです。

語源はオオカミの生態から来ているようで、群れて生活をしないその様子から「一匹狼」という言葉が生まれました。

孤高な人は人への執着がない

「孤高」な人が「孤独」や「一匹狼」と違う点が、他人への執着心がないところ。一匹狼は単独行動をとってはいるものの、他人に自分のことを気づいて欲しい気持ちが強いです。人に認められたいという思いがあるのでしょう。

次に、孤独な人は他人に自分の気持ちを理解してもらいたいと思うことがあります。しかし、自分から気持ちを伝えるのが怖いので、誰にも理解してもらえないことがあるでしょう。ひとりぼっちでいることに寂しさを覚えるかもしれません。一方、孤高な人は自分の価値観に従って行動をします。承認欲求も寂しさも感じないので、人に執着しないのです。

孤高に生きる方法とは

ここまで、孤高の特徴や生き方を見てきて、羨ましさを感じた人が少なくないことでしょう。「私もこう生きたい!」と思った人もいるかもしれません。そういう方に向けて、孤高に生きる方法をご紹介していきます。孤高に生きられれば、周りに流されない強い意思が手に入ることでしょう。

孤高に生きる方法①人の力に頼らない

孤高に生きる方法の1つ目は、人の力に頼らないことです。人の助けを借りられないのは、想像以上につらいことかもしれません。仕事で分からないことがあっても、まずは一人で考えてみたり、長い時間を思考に費やしてみたりする必要があるからです。

しかし、自分の力だけで成し遂げたという経験は、自信に繋がることでしょう。孤高に生きるには覚悟が必要かもしれませんが、その分だけ成長を実感できるはずです。

孤高に生きる方法②団体でつるまない

孤高に生きる2つ目の方法は、団体から離れることです。他人と一緒にいることは、心地良いことかもしれません。休日に友人と遊びに出かけたり、ご飯にいったり、楽しいことが盛りだくさんです。しかし、その間にも孤高な人は、自己投資にかける時間をふんだんに使っていることでしょう。

本を読んで知識を蓄えることや資格の勉強をするなど、将来の自分のために努力をしているのです。もし、団体から離れることができれば、彼らと同じように高みを目指して努力を続けられるようになるでしょう。

孤高に生きる方法③自分の信念を持つ

3つ目の方法は、自分の信念を持つことです。簡単に揺らいでしまうものではなく、貫き通せるような信念を持つことが望ましいでしょう。例えば、本当に大切だと思える人としか付き合わない、何があっても自分の時間を優先するなど、絶対に譲れないことにすると守りやすいかもしれません。信念を持つことで、孤高に生きられるはずです。

孤高に生きる方法④よく考える癖をつける

4つ目の方法が、よく考える癖をつけることです。人に頼らずに生きるには、自分で考えて行動していくことが必要だといえるでしょう。直感のまま生きていると、何度も同じ失敗をしたり、人に頼らざるを得なくなったりしてしまいます。それでは、孤高な人物から離れてしまいそうです。孤高に生きるなら、日頃から熟考する癖をつけることが求められます。

孤高に生きる方法⑤楽なことに流されない

最後、5つ目の孤高に生きる方法は、楽なことに流されないことです。世の中には、楽しくて魅力的なものが多く転がっています。SNSを開くと、仲間や友人の充実した写真が見つかり、心が揺らいでしまうかもしれません。「自分も楽しいことをしたい」と、こんな考えが浮かんでしまえば、信念を貫き通せなくなってしまうでしょう。

孤高な人が強い意思を持ち続けるには、楽なことや楽しそうなことを遮断することが良いのです。

孤高の存在になる方法とは

孤高な人だと周りから認められた存在を「孤高の存在」といいます。一人でいることに違和感がなく、自分の大切な時間に没頭していても、とがめられない人たちのことです。孤高の存在になれたら、堂々と我が道を行くことができるでしょう。ここからは、孤高の存在になる方法をご紹介します。

孤高の存在になる方法①自分に自信を持つ

一人で行動をする時に、まず不安に思いがちなのが「周囲から浮かないか」です。その不安に負けてしまったら、孤高の存在になることから遠ざかります。人と群れず、我が道を行くのが孤高な人の特徴だからです。そのため、自分に自信を持つことで精神力をカバーすることが大切だといえるでしょう。

孤高の存在は、他人に何を言われても堂々としています。他人に動じない強い精神を手に入れることが重要なのです。

孤高の存在になる方法②一人の時間を作り楽しむ

友人と一緒に遊ぶ時間は楽しいものですが、一人の時間も楽しむことで孤高の存在に近づけるでしょう。一人の時間にしかできないことは数多くあります。例えば、自己投資やスキルアップ、価値観に沿った行動など。自分の信念に従い続けるためには、一人の時間を作って楽しむことが重要なのです。

もちろん、ストレスをためないためにも友人と会うことも大切ではあります。一人でいる時間と人と一緒にいる時間、バランス良くスケジュールを組みましょう。

孤高の存在になる方法③洞察力を磨く

孤高の存在として周りから認められている人には、賢さがあります。彼らは日頃から物事をよく観察しているので、洞察力があるのでしょう。洞察力とは、物事を鋭く見抜く力のこと。つまり、孤高の存在でいられる人は、難しい課題もすぐに本質的な問題を見抜けるということなのです。

洞察力を磨くことで、孤高の人と同じような賢さが手に入るかもしれません。

孤高の存在になる方法④集中力を磨く

一人になれたとしても、作業に没頭し続けられなければ、無駄な時間を過ごしてしまうことになるでしょう。そのため集中力を磨くことが大切です。例えば勉強をしたい時、集中できなければ一向に参考書のページが進みません。誘惑に負けて、だらだらとゲームをすることもあるでしょう。

自分の信念を貫いて行動し続けるためにも、集中力を磨くことが望ましいのです。

孤高の存在になる方法⑤自分の道を極める

孤高とは、自分の信念を貫き通す生き方のことです。周りに流されないほどの強い意思がないと、この生き方を維持することは難しいかもしれません。とことん自分の道を極めていけば、自然に意志の力はついてくるはずです。自分の道を極める努力を続けていくことで、きっと孤高の存在になれるでしょう。

孤高は孤独じゃない!強い信念を持ってかっこいい生き方を

「孤高」という言葉について理解ができたでしょうか。孤高な人は、一人ぼっちで寂しい人ではありません。周りに流されない強い信念を持つ人です。もし、孤高に憧れたという方がいたら、今回ご紹介した方法を試してみてください。孤高の存在として周りから認められれば、堂々とした自分になれているはずです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ