エロい顔の特徴13選!エロ顔になって男を落とそう!

エロい顔(エロ顔)はセクシーとは少し違っており、男を落とすためにはエロい顔が効果的だと言われています。そのため、エロい雰囲気の女になるための方法を掘り下げるだけでなく、エロい顔で知られている有名人・芸能人についてもご紹介します。男性を落とすヒントにして下さい。

エロい顔の特徴13選!エロ顔になって男を落とそう!のイメージ

目次

  1. 1エロい顔(エロ顔)とは
  2. 2エロい顔の特徴【顔のパーツ編】
  3. 3エロい顔の特徴【仕草編】
  4. 4エロい顔になる方法
  5. 5メイクでエロい顔に近づく方法
  6. 6エロい顔の女性有名人・芸能人
  7. 7仕草やメイクでエロい顔になって男を落とそう

エロい顔(エロ顔)とは

エロい顔(エロ顔)とは、どのような顔のことを意味しているかご存知でしょうか。女性であれば、誰しも男性から好かれたいと考えるはずです。そんな時に効果的なのがエロい顔(エロ顔)です。恋愛は顔ではないと言われていますが、実際は恋愛において、女性も男性も異性の顔で恋人関係になれるか判断する傾向にあります。

第一印象がエロい顔(エロ顔)だった場合、男性を落としやすくなると言えるようです。では、具体的にエロい顔(エロ顔)とはどんな顔のことを言うのかご紹介していきます。

色気を感じさせる顔

エロい顔とは、色気を感じさせる顔のことを意味しています。男性は初めて会った女性の胸元や唇を見てしまうほど、女性の色気に敏感なようです。そのため、エロい顔をしている女性に惹かれてしまう男性も多いのではないでしょうか。地味な顔が好きだと言う男性もいるはずです。

ただ、時には男性をドキッとさせる、色気を感じさせるようなメイクをしてみるのもいいのではないでしょうか。エロい顔になるメイクについては、後に詳しくご紹介していきます。

エロい顔とセクシーの違い

よく、エロい顔とセクシーをはき違えてしまう人がいますが、この2つは似ているようで違う部分があります。セクシーさは内面から滲み出るような色気を意味していますので、すぐに真似できるものではありません。男性経験や社会経験を十分に積んだ女性が、セクシーさを醸し出すことができるようになります。

そして、エロい顔というのは、顔を見た時に女性らしさを感じさせるような顔を意味します。エロい顔と聞くと下品に思ってしまう人もいますが、実際は男性を惹きつけることのできる魅力と言えるのではないでしょうか。

エロい顔の特徴【顔のパーツ編】

上記では、エロい顔(エロ顔)について大まかにご紹介しました。では、エロい顔(エロ顔)とは具体的にどのような顔を意味しているのでしょうか。下記では、エロい顔のパーツについてご紹介していきます。顔のパーツは生まれ持ったものなので、意図的にエロい顔にするためには整形することが一番の近道です。

しかし、最近では整形メイクが多く出回っていることから、エロい顔もメイクによって作り出すことが可能です。そのため、エロい顔になりたいと考えている女性は、エロい顔のパーツを理解しておきましょう。

①ふっくらした唇

女性の唇はエロさを感じさせるパーツです。そのため、男性が考えるエロい顔ではふっくらとした唇が特徴的なようです。女性も男性もキスで相手との相性を無意識に確かめると言われているため、ふっくらとした唇がエロいと感じるのはそれが理由なのかもしれません。

海外では唇を中心にメイクすることもあり、エロい顔になるためには唇に重きを置いてみてもいいのではないでしょうか。ただ、極端に唇が薄い人は真似しにくいかもしれません。

②ピンク色に染まった頬

男性は、女性のお風呂上がりの顔をエロい顔と思ってしまうことがあるようです。これは、お風呂上がりでは女性の頬がピンク色に染まっているからです。ただ、最近では冷え性な女性も増えてきているため、何もしなくてピンク色の頬を維持することは難しいかもしれません。

そんな時は、メイクに頼ってみることも大切です。頬にチークを乗せるだけで、男性がエロい顔と思うような頬を演出することができます。

③すっとした鼻筋

日本人の多くは鼻が低い特徴があります。鼻が低い女性はエロい顔というよりも、可愛らしい印象を与えてしまうようです。ただ、エロい顔はすっとした鼻筋が特徴的なので、エロい顔に見せるためには鼻筋が通ったようなメイクをする必要があるのかもしれません。

ただ、エロい顔になりたいからと言って、鼻筋を作りすぎてしまう女性もいるようです。男性はナチュラル感を好んでいるので、エロい顔になるために鼻筋をメイクで作るとしても、作りすぎないように注意してください。

④たれ目

エロい顔はキリッとした目が特徴的だと思われてしまうこともあります。しかし、キリッとした目はセクシーな目を象徴しているようです。そのため、エロい顔の特徴の場合は、たれ目が条件となっています。たれ目はおっとりとした雰囲気を感じさせる目でもあるのではないでしょうか。

たれ目もメイクで作り出すことができるため、つり目で悩んでしまっている女性でも、エロい顔になることができます。

⑤涙袋が大きい

上記でご紹介したたれ目な女性は、涙袋が大きい特徴もあるようです。涙袋はあるのとないのとでかなり印象が異なるため、エロい顔を目指すのであれば涙袋を大きくするようにしてみましょう。また、涙袋が大きい女性は色気を感じさせるだけでなく、他の人よりも目を大きく見せることができます。

目が大きい女性は、見つめた時に惹きつけられる男性が多いと言われているため、エロい顔を目指していない女性でも涙袋を大きくメイクすることはおすすめです。

⑥目元・口元のほくろ

メイクをする際に目元や口元にほくろを描く人がいるほど、目元や口元のほくろはエロい顔に欠かせない条件です。もともと目元や口元にほくろがある人は、メイクをしていなくてもエロい顔だと思われることもあるようです。ただ、メイクでもほくろを作ることができるため、エロい顔を意図的に作ることもできます。

もしも、メイクによってほくろを描くのであれば、ペンシルアイライナーなどでナチュラルに作ってみてください。元からほくろがあったように見せることができます。

⑦長いまつ毛

最近ではマツエクをする女性が増えていますが、長いまつ毛もエロい女性に欠かせない条件となっています。もともとまつ毛が短い女性にとって、マツエクはとても便利なものと言えるでしょう。しかし、すっぴんでもエロい顔になりたいと考えているのであれば、自分のまつ毛を伸ばす方法を考えてみてください。

また、長いまつ毛を手に入れたいからと言って、マスカラを塗りすぎることは避けてください。あくまでも男性はナチュラルメイクを好みますので、マスカラがダマになるほど重ねると引かれてしまうかもしれません。

エロい顔の特徴【仕草編】

上記では、エロい顔の特徴を顔のパーツ別にご紹介しました。ただ、顔のパートは元から持っているもので、メイクでエロい顔になろうとしても限界があるようです。そんな時は、下記でご紹介するエロい顔の特徴と言われている仕草を参考にしてみてください。仕草であれば、誰でも真似することができるのではないでしょうか。

ただ、エロい顔の特徴の仕草に慣れていない人は、真似しようとしても違和感を感じさせることがあります。そのため、実践する前に十分練習しておくことが大切です。

①流し目をする

流し目をする女性は、エロい顔に見えやすい特徴があるようです。そのため、顔のパーツがエロい顔の特徴と違っていても、流し目をすることによって、エロい顔に見せることができます。ただ、流し目はエロい顔の仕草の中でも難しいテクニックなので、真似しようと思ってもすぐに真似できる仕草ではないでしょう。

間違った流し目の仕方をしてしまうと、不機嫌な表情に思われてしまうこともあります。そうなってしまえば、エロい顔に見られるどころか男性から関わりにくい人だと思われてしまうため、流し目をする時には注意してください。

②うるんだ瞳で見つめる

エロい顔の特徴には、うるんだ瞳で見つめる仕草があると言われています。目を意図的に潤ませるためには、涙を目に溜めるか、目薬をさす必要があるでしょう。ただ、この方法では目を潤ませることができても、泣いていると勘違いされてしまう可能性も高まるため、まだ付き合っていない状態の男性には効果的ではありません。

そのため、うるんだ瞳で見つめるためには、メイクを駆使するようにしてみましょう。黒目の真下あたりにキラキラとしたラメの入ったシャドウを乗せることによって、ラメが瞳に反射して、うるんでいるような瞳を演出してくれるようです。

③唇をすぼめる

男性がエロい顔だと感じる仕草には、唇をすぼめるような仕草も含まれています。ふっくらとした唇をすぼめることによって、より唇の厚みを感じさせることができるでしょう。また、唇をすぼめる仕草は女性がキスをする時の表情と似ているため、男性は女性とのキスを想像してしまう可能性もあるようです。

ただ、唇をすぼめすぎてしまうと変顔になってしまうこともあるので、軽く唇をすぼめるくらいに留めておきましょう。また、鏡でどれくらいの表情がエロく見えるのか研究してみてもいいかもしれません。

④上目遣いをする

男性はよく、女性からの上目遣いに弱いと言われています。この仕草は女性をエロい顔に見せることも可能で、特にアイメイクをばっちりしてから上目遣いをすることによって、力強さも感じさせることができるでしょう。ただ、だからといって目の周りを囲んだり、黒ばかりを強調したアイメイクでは怖いと思われてしまいます。

そのため、ばっちりアイメイクをする時には、控えめなカラーを選ぶようにしてみてください。淡いブラウンでアイメイクを仕上げることによって、上目遣いをした時にふんわりとした目元を演出することができます。

⑤上品にはにかむ

男性は女性の笑顔に惹かれる傾向があり、その理由がポジティブさを感じさせるからだと言われています。しかし、エロい顔に見せるためにはポジティブさを見せてはいけません。エロさを感じさせながら笑顔を作る必要があるため、男性の前で笑顔を見せる時には、上品にはにかむことを意識してみてはどうでしょうか。

口角を少し引き上げるだけではにかむことができるので、比較的誰でも真似できる仕草と言えます。また、上品にはにかむ表情は、女性をミステリアスに見せてくれる要素でもあるようです。そのため、もっと女性のことを知りたいと男性に思わせることも可能かもしれません。

⑥舌で唇を舐める

女性の唇は男性から見ると、セックスの象徴として見られることもあるようです。そんな唇を舌でなめる仕草は、男性に性的興奮を感じさせることができるでしょう。「唇を舐めると乾燥するから」と言ってこの仕草をしたくないと考える人もいるかもしれません。しかし、エロい顔に見せるためにはこの表情が効果的です。

特に、食事をしている時に唇についたソースなどを舌で舐めとる仕草は、とてもエロく感じさせます。どうしても唇を舐めたくないと思っているのであれば、口に付いたソースを指に取ってから、その指を舐めてみてください。それでも十分エロさを感じさせることができるでしょう。

エロい顔になる方法

エロい顔(エロ顔)になるためには、顔のパーツを変えなければいけないと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、エロい顔の特徴には仕草の項目もあることから、仕草を真似するだけでもエロい顔を演出することは可能です。そのため、下記ではエロい顔(エロ顔)になるための方法をご紹介していきます。

「素朴な顔が好き」と言っている男性もいるはずですが、密かに付き合う人には女性らしさを求めてしまっている人も多いかもしれません。普段からエロい顔をすることができないと考えている人は、男性と体の関係を持つ時や、照明が暗い場所だけでもエロい顔を試してみましょう。

①ゆっくり丁寧に話す

エロい顔の女性は、ゆっくりとした落ち着いた話し方が特徴的です。そのため、エロい顔を真似するのであれば、ゆっくりと一語一語丁寧に話すようにしてみてください。それだけでも、十分ミステリアスでエロい女性を演出することができるでしょう。特に、普段から話すスピードが速い女性は要注意です。

どれだけ他の部分でエロい顔を真似していたとしても、話し方がゆっくりでなければ、下品な女性だと思われてしまうことも少なくありません。日頃から話すスピードに注目しながら話をすると、気が付いた時にはおっとりとした話し方を習得することができるでしょう。

②相手を見つめながら話す

エロい顔の最大の武器は「目」です。そのため、ゆっくりと丁寧な話し方をすることができるようになったのであれば、相手の目を見て話をするようにしてみてください。恋愛心理では、7秒以上目が合うと一目惚れと同じような感覚になると言われているため、男性を落とす際にも目を見て話す方法は効果的です。

ただ、長時間相手を見つめることは難しかったり、相手から不信感を抱かれてしまうこともあるでしょう。そのため、会話の間に時々目を逸らしてみましょう。目を逸らすことによって、男性は「何を考えているんだろう」と考え始めます。そうすると、だんだんと女性を振り向かせたくなっていくかもしれません。

③手の使い方を意識する

男性は細かいところに気が付かないと勘違いしているため、手先の動きを雑にしてしまう女性も多いでしょう。しかし、男性は気になる女性の動きはしっかりと見ています。そのため、好きな男性や落としたいと思っている男性と会う時には、手の使い方に意識を持つようにしてみてください。

指先までピンとさせておくと、綺麗な手の動きに見せることができます。また、上品さを演出したいのであれば、手の動きをゆっくりにすると効果的です。日頃から手のケアをしているともっといいかもしれません。

④小股で歩く

よく、ダイエットをするには大股で歩くのが効果的だと言われていますが、エロい顔を演出したいのであれば、小股で歩くようにしてください。また、男性と歩いていると歩幅が合わなくて、女性が追いかけるような形になってしまいます。小股で歩いていると必ず差が開いてしまいますので、小走りで男性に合わせてみましょう。

また、どうしても小股で歩くことができない女性は、ヒールが高めのパンプスを履いてみてはどうでしょうか。パンプスは小股で歩かなければいけないだけでなく、女性をより魅力的に見せてくれるアイテムでもあります。

メイクでエロい顔に近づく方法

上記では、主に仕草などの面でエロい顔(エロ顔)になる方法をご紹介しました。ただ、仕草だけではエロい顔だと思われるには限界があります。そのため、落としたいと考えている男性がいるのであれば、メイクを使ってエロい顔(エロ顔)に近づけるようにしてみてください。女性のメイクは武器にもなるため、すっぴんで勝負することは避けましょう。

また、メイクをすることによって、自分がエロい顔になったと錯覚させることもできます。そうすると、上記の仕草ができない人も、自然とエロチックな雰囲気を醸し出せるようになるかもしれません。では、エロい顔に近づくメイクとは、一体どのようなメイクを意味しているのでしょうか。

①透明感のある肌

エロい顔になるためと言って、自分の欠点を隠そうとしてファンデーションを厚塗りにしてしまう女性がいます。しかし、厚塗りをしてしまうと、老けて見られることも多くなってしまうので注意してください。エロい顔になるためには、透明感のある透き通ったような肌を演出させることが大切になります。

そのため、エロい顔を作る時には、ファンデーションを塗るまでの土台をきちんと作っておきましょう。特に、ラベンダー系の化粧下地はふんわり感と透明感を感じさせてくれるのでおすすめです。また、できればファンデーションは塗らないようにするといいでしょう。

②ふんわりした目元

上記でも少しご紹介したように、エロい顔を作るためにはアイメイクの作り込みが大切です。しかし、だからと言ってがっつりメイクをしてしまうと、怖い印象を抱かれてしまう原因になります。そのため、エロい顔を作る時には、ふんわりとした目元を作ることに意識を向けてみてください。

特に、ブラウン系のアイシャドウを何色も使って深みを出すことで、立体的な目元を作り出すことができるでしょう。そして、もともとつり目な人はエロい顔の象徴であるたれ目を作るため、目じり部分のアイラインを下げるように描くとエロさを倍増させることができます。

③ピンク色の頬

男性が好むエロい顔は、ピンク色に染まった頬が条件です。そのため、エロい顔を作る時にメイクでは、必ずピンク系のチークを使うようにしてみましょう。ただ、同じピンクカラーのチークと言っても、微妙に色が違っていて自分に合う色が分からない人も多いかもしれません。そんな時は、美容部員さんの意見を取り入れてください。

人にはそれぞれパーソナルカラーと呼ばれるものがあり、自分に合う色が決まっています。青みがかったピンクが似合う人もいれば、オレンジっぽいコーラルピンクが似合う人もいるでしょう。似合わないチークはエロい顔とは程遠くなってしまうので、選ぶ色には注意してください。

④深い赤色の唇

女性のエロさを象徴してくれる唇には、深い赤色のリップを選ぶようにしましょう。女性の中には、深い赤色のリップが似合わないと思っている人もいるかもしれません。しかし、深い赤色ははっきりとした赤よりも似合う人を選ばないため、比較的誰でも似合うようなリップと言えるでしょう。

ただ、深い赤色のリップを選ぶのであれば、アイメイクを濃くしすぎないことが重要です。ケバい印象を与えてしまう原因になります。また、深い赤色のリップを選ぶ時には、ブラウンが入ったカラーを選ぶといいでしょう。そうすることで、大人な雰囲気を醸し出すことができます。

エロい顔の女性有名人・芸能人

上記では、エロい顔(エロ顔)について様々なことをご紹介しました。しかし、それだけではエロい顔(エロ顔)とは、どんな特徴のある顔を意味しているのか分からない人もいるかもしれません。そのため、下記ではエロい顔(エロ顔)を象徴していると言われている有名人・芸能人を数名ご紹介していきます。

同じエロい顔でも特徴的な部分が異なるため、自分がなりたいと思えるエロい顔の有名人・芸能人を探してみましょう。

有名人・芸能人①石原さとみ

女性からも人気の高い石原さとみは、物まねメイクの動画がアップロードされているほど、真似したい顔ランキング上位に入っていると言えます。石原さとみはぽってりとした唇が特徴的で、自分でもそのことをアピールポイントだと思っているのか、リップメイクにはかなり力を入れているようです。

有名人・芸能人②壇蜜

エロい顔の有名人・芸能人を挙げる際に、壇蜜を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。壇蜜はエロい顔だと言われていますが、そのほとんどがすっぴんです。ほとんどメイクしていないにも関わらず、エロさを感じさせることができているのは、壇蜜の仕草に理由があるのかもしれません。

有名人・芸能人③井川遥

井川遥は大人なエロさを感じさせる顔で、あまり色味を使っていないメイクが特徴的です。主に透明感のある肌を作り込んでいるため、色味を使わないメイクであってもエロい顔を作ることができているのかもしれません。また、軽くほほ笑むような笑顔は、より一層エロい顔を強調しています。

仕草やメイクでエロい顔になって男を落とそう

エロい顔(エロ顔)とは、セクシーさとは少し違っている部分があるようです。また、エロい顔(エロ顔)は男性を落とすのに効果的と言われているため、内から滲み出るセクシーさを掛け合わせることによって、より効果を発揮することができるはずです。そして、エロい顔(エロ顔)はメイクや仕草で意図的に作り出すことができます。

また、男性を落とすためには雰囲気作りも大切なので、常にゆったりとした時間が流れるようにしましょう。エロい顔に近づけたからと言って、エロさを強調させる必要はありません。服装は少し透け感のあるブラウスを選んだり、体のラインが強調されるようなトップスを選んでみてはどうでしょうか。

関連する記事はこちら

Thumbいやらしい女性の特徴11選!色気たっぷりの女とは
女性から見ても色気があって、いやらしい女性は男性からモテる特徴を持っています。もっと自分の色...
Thumb色気とは!色気のある女性の特徴と色気の出し方は【外見/行動】
色気のある女性になりたい人は多いでしょう。男性が女性に対して感じる色気というのは、服装や髪型...
Thumb妖艶の意味とは!妖艶な女性の特徴と妖艶な人になる方法を解説
妖艶という言葉は誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。理由はわからないけれども、なぜか男性...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ