泣き虫な人の性格や特徴!泣く心理や原因・理由に克服の方法とは

彼氏や彼女が泣き虫で困っていませんか。大人になっても泣き虫になってしまうのには理由が原因があります。好きな人だからこそすべてを受け入れてあげてください。泣き虫な男性や女性の性格や特徴、泣きたくなる心理から、克服方法まで紹介します。泣き虫な人は試してみましょう。

泣き虫な人の性格や特徴!泣く心理や原因・理由に克服の方法とはのイメージ

目次

  1. 1泣き虫な人の性格
  2. 2【女性編】泣き虫な人の特徴5選
  3. 3【男性編】泣き虫な人の特徴5選
  4. 4大人の泣き虫な人の心理
  5. 5泣き虫になってしまう原因や理由
  6. 6大人の泣き虫の治し方
  7. 7泣き虫な彼氏・彼女との付き合い方も大事

泣き虫な人の性格

自分のことを泣き虫だと感じたことはありませんか。ふとした瞬間に流れてしまう涙に対して、周りの人は「悲しいことがあったの?」「なんで泣いているの?」と聞いてくるでしょう。しかし、泣いている本人でさえなぜ泣いてしまっているのか理解することができない場合があります。

また、周りに泣き虫な人がいる場合も同じで、なぜ相手が泣いてしまっているのか理解することができない場合があります。そんな人のために、泣き虫な人の心理や性格、なぜ泣き虫になってしまうのかなどをご紹介していきます。

優しい性格

泣き虫な人には、特に優しい性格の女性や男性が多いと言われています。この優しい性格な人は知らず知らずのうちにストレスをだんだんと溜めていってしまいます。しかし、優しい性格というのは周りの人を無意識に助けたいと感じてしまう性格なので、どうしてもその性格をやめることができません。

また、昔はツンツンしていた性格の人も大人になると優しい性格になりやすいと言われています。したがって、大人になってから泣き虫になるという男性や女性も少なくありません。無意識に優しい性格を出してしまう人はストレスが溜まっているのかもしれませんので、定期的にストレスを解消するようにしましょう。

面倒見がいい人

大人になると面倒見のよい性格の人が増えてきます。また、兄弟の多い人も面倒見がいい場合が多いです。この面倒見のよい性格の人は自分の言いたいことやしたいことを普段から我慢してしまっているのではないでしょうか。そうすると、先ほどの性格と同様にストレスがだんだんと溜まっていってしまいます。

大人になるにつれて面倒を見なければいけない規模が大きくなってしまい、自分では抱えきれなくなってしまうということもあるでしょう。そんな時に、感情が爆発してしまって泣き虫な人になってしまうようです。自分の意志とは反対に泣いてしまうので、克服するには少し時間を要します。

喜怒哀楽がはっきりしてる人

喜怒哀楽がはっきりしている性格の女性や男性も泣き虫だと言われています。喜怒哀楽のはっきりしている人は笑ったり怒ったりしやすく、もちろん泣くことも頻繁にあります。感情を正直に表に出すことができるというのはとても素晴らしいことですが、それが度を越えてしまうと周りの人の迷惑になってしまいます。

中には喜怒哀楽がはっきりしている性格がいいと言ってくれる人もいます。しかし、その言葉には「笑っている姿が素敵」という意味が隠されていますので、怒ったり泣いたりする人に対しては当てはまらないことが多いでしょう。

【女性編】泣き虫な人の特徴5選

ご紹介させていただいている「泣き虫な人」というのはいくつかの特徴があります。ですので、自分に対して泣き虫だという印象を持っている女性は、これからご紹介する泣き虫の特徴に当てはまるかを確認してみてください。

自分で泣き虫だと自覚している女性はとても多いのではないでしょうか。女性は男性よりも感情を抑え込みやすいので、泣き虫の人が多いと言われています。また、性格的にも男性よりも弱い部分がある人が多いため、泣き虫は女性に多いようです。では、泣き虫と言われてしまう女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴①感情が激しい

泣き虫な女性は感情が激しいという特徴があるため、泣く以外の感情も他の人よりも大きく反応してしまうようです。あまりにも感情が激しい女性は相手をしている人はもちろんのこと、自分も疲れてしまいます。そのため、この特徴がある女性は常に疲れてしまっていることでしょう。

他の人が泣かないようなことでも泣き虫になってしまうことから、毎日泣いている人も少なくありません。泣くことはストレス発散に良いとされていますが、その回数があまりにも多いと逆にストレスを抱えてしまう原因となってしまうので注意してください。

特徴②メンヘラ

「メンヘラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。メンヘラとはメンタルが弱い人を指すネットスラングです。

メンヘラな女性の泣き虫というのは他の泣き虫の女性よりも少し厄介で、行動がエスカレートしていってしまうと自らの命を断とうとさえしてしまいます。そうならないためにも、このタイプの泣き虫な女性は一刻も早く泣き虫を克服できるようにしましょう。

特徴③泣くことが癖

女性の泣き虫の人の中には泣くことが癖になってしまっていることが理由で、泣き虫だという人がいます。泣くことが多い泣き虫の人だと、少し感情が揺さぶられてしまうようなことがあるとすぐに泣き出してしまいます。また、普段から人に怒られ慣れていない人が怒られた場合もすぐに泣き出してしまうでしょう。

泣くことが癖になってしまっているという泣き虫の女性は、その癖を克服するところから始めなければいけません。しかし、泣き虫の癖は初めは克服することが難しいため、完全に克服するためには時間がかかってしまいます。ただ、じっくりと時間をかければ必ず克服することができるのでねばり強く克服してみましょう。

特徴④自分に甘い

大人になっても自分に対して甘いという人がいるかもしれません。自分がかわいくなってしまうのはみんな同じですが、あまりにも自分に対して甘いという気持ちが強く出てしまっている場合は、泣き虫になってしまう場合が多いようです。自分に甘いため、どうしていいかわからず責められてしまうと泣くことで解決しようとしてしまいます。

しかし、泣き虫な本人も無意識のうちに泣いてしまっているため、どう対処していいのかわかりません。これが原因で泣き虫になってしまっている人は根本的に泣き虫を克服する必要があります。

特徴⑤涙が武器

女性の中には泣き虫である自分が武器だと感じている人がいます。男性から責められてしまったり、自分に非がある場合でも泣くことで許されると考えているそうです。この考えを持っている女性はかなり厄介者扱いをされていて、大人になるにつれて周りから人がいなくなっていってしまう特徴もあります。

しかし、大人になると社会人として働き始めるという女性も多く、その場合は泣き虫という武器を使って周りの人を翻弄させてしまいます。初めのうちは周りもフォローしてくれますが、そのうち相手にされてくなってしまうでしょう。

【男性編】泣き虫な人の特徴5選

ご紹介している泣き虫な人というのは、女性だけではありません。大人になっても泣き虫な男性がいるようです。男性と聞くと精神的な強さを思い浮かべてしまう人も多いかもしれません。しかし、それは偏見となってしまいます。女性と同じように、男性にも泣き虫な人は多くいます。

しかし、男性が泣き虫になってしまう理由には女性が泣き虫になってしまう理由とは異なっていることがあります。男性は女性のように自分の気持ちが溢れてしまうというわけではなく、主に我慢してしまったりストレスが溜まってしまったりした時に涙が出てしまいます。

大人や社会人になるにつれてストレスが溜まっていってしまうので、男性は大人になってから泣き虫になってしまうという場合も多いようです。大人になってからの泣き虫は周りから避けられてしまう傾向にあるので、いち早く対処しましょう。

特徴①昔から泣き虫

大人になってからも泣き虫な男性の中には、昔から泣き虫だったという特徴があります。子供のころから何かが原因となって泣き虫だった場合は、それが治らずにそのまま大人になってしまっている可能性があります。このタイプの男性はなかなか原因を突き止めることができないので、泣き虫を改善するのに時間がかかってしまいます。

しかし、泣き虫を改善することができれば今まで関わってきた人は変貌ぶりにびっくりするはずです。泣き虫を積極的に改善してみましょう。

特徴② 情にもろい

情にもろい人は泣き虫になってしまいやすいと言われています。特に男性は情にもろい人が多くいるため、大人になっても泣き虫だという場合があります。ただし、この特徴を持っている男性は女性で言われている泣き虫になってしまう理由とは違って、周りの人から慕われやすいという特徴もあります。

よく言えば周りの人のことを考えることができる人です。しかし、度を越して泣き虫になってしまった場合は周りの人に迷惑をかけてしまうことになりますので、そうならないためにも情にもろい部分が暴走してしまわないように克服しましょう。

特徴③打たれ弱い

大人になっても泣き虫な男性の中には打たれ弱いという人が多くいます。打たれ弱い人は少しのことでも落ち込んてしまったり泣いたりしてしまうという特徴があります。従って、打たれ弱い男性は必然的に泣き虫ということです。打たれ弱い人は感情が大きく動かされやすいので、その部分を克服する必要があります。

また、これが理由で泣き虫になってしまっている男性は、自分が嫌だと感じていることから逃げたいと人よりも強く思ってしまうことが多く、転職を繰り返してしまうという特徴があります。必要な転職は良いのですが、不必要な転職は就職に不利になってしまうのですぐに泣き虫を克服するようにしましょう。

特徴④感情移入する

何かに対して感情移入してしまうという人は多く、その人のほとんどは泣き虫だという特徴があります。感情移入してしまう人は特に悲しいという感情が中心になっています。普段感動系の映画を見ている時に必ずと言ってもいいほど泣いてしまうという人は、この特徴に当てはまっていると言えるでしょう。

感情移入することで周りの人のことを考えることができるというのはとても素晴らしいことなのですが、それも度を越してしまうと危険です。あまりにも何かに対して感情移入しすぎてしまうとただの面倒な人になってしまいますので、その場合は泣き虫を克服できるようにしましょう。

特徴⑤ストイック

泣き虫な男性は自分に対してストイックだという特徴があります。自分にストイックな男性は常に自分に厳しくしているので、だんだんとストレスが溜まっていってしまって泣き虫になってしまう場合があります。自分にストイックな男性は感情が爆発してしまうまで頑張ってしまうので、感情が爆発しないようにする必要があります。

また、自分にストイックな男性で泣き虫だという人は、感情が爆発してしまうとその後は何もすることができなくなってしまうという特徴があります。従って、要領よく仕事をこなすという意味でも泣き虫を克服してみてください。

大人の泣き虫な人の心理

周りに大人になっているのに泣き虫だという人はいませんか。大人になっても泣き虫だという人はいくつかの共通した心理があるようです。心理というのはその人の行動などに大きく影響されるものなので、周りにいる泣き虫な人もこれからご紹介する特徴に当てはまっているかもしれません。

また、もしも自分が泣き虫だという場合であれば、この心理を理解することによって感情をコントロールすることができるかもしれません。何かのヒントになる項目なので、泣き虫を克服したいと考えている人は必見です。

「泣く」という行動が表すものは

「泣く」という行動が表している心理は「ストレス」がとても大きいと言われています。特に、大人になるにつれて心理的なストレスを抱えすぎてしまうという人は多く、それが泣くという行動に繋がってしまっています。人は精神的ストレスを抱えきれなくなってしまうと泣き虫になってしまうようです。

従って、大人になってから泣き虫になってしまった…という男性や女性はこの心理的ストレスが原因かもしれません。この場合は定期的にストレスを発散するのに加えて、ストレスの原因となっていることを排除することをおすすめします。

ちょっとした変化でも敏感に感じ取る

ちょっとした変化でも敏感に感じ取ってしまう人は、泣き虫な人の心理を持っているということができます。変化に気づくことのできる人は周りをよく見ることのできる人だと言われていますが、あまりにも周りの変化に対して敏感に感じ取ってしまうという人は、見えなくていいものも見てしまうという特徴があります。

従って、ちょっとした変化でも感じ取ってしまうという心理を持っている人は、知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまっています。本人も周りの人もそのストレスの存在に気づいていないので、泣き虫になってしまった自分を責めてしまうという人がいます。

人から言われたことをまっすぐに受け止める

大人になっても泣き虫だという人は、周りから言われたことを真っすぐに受け止めてしまうという心理が目立ちます。人によっては「からかってやろう、相手も冗談だと分かるだろう」という心理から人のことをからかう場合があります。泣き虫な人はそれを真っすぐ受け止めてしまう心理を持っているので傷つきやすいです。

泣き虫な人はこの心理を克服しようとして頑張ってみても、なかなか克服することができません。実際、克服しようと頑張った人もいるでしょう。このように意見を真っすぐに受け止めてしまうという心理の人は、人一倍周りの顔色を伺ってしまうのでその部分から改善する必要があります。

泣き虫になってしまう原因や理由

泣き虫な人がなぜ泣き虫なのか、ということを考えたことはありますか。泣き虫な人にはそうなってしまった原因や理由があります。その原因や理由というのは人によって異なりますので彼氏や彼女、または自分が泣き虫になってしまった原因や理由は何なのかを探っていきましょう。

泣き虫な彼氏や彼女に対して怒りの感情があるという人は、原因や理由を知ることによってこれからの接し方を考える必要がある可能性もあります。ただ、中には周りの人がどうしようと泣き虫は改善することができません。まずは本人が原因や理由を理解することが重要となっています。

子供の頃から泣き虫だった

泣き虫になってしまう原因や理由の一つとして、子供のころから泣き虫だったという理由があります。この理由で泣き虫になってしまっている人は、泣き虫を克服するのにとても苦労してしまいます。昔から泣き虫だということを責めてしまっているという場合もあるので、まずは自分を認めてあげることが重要です。

彼女や彼氏が泣き虫になってしまっている理由がこれだった場合、その人の人格を否定しないようにしてください。人格を否定されてしまうとどうしていいかわからなくなってしまうのでやめましょう。しかし、付き合っていくのにも限度がありますので、ストレスを溜めないようにしてください。

泣き虫な人は感受性が強い

泣き虫な人は感受性が強いということが原因となっている可能性があります。感受性の強い人は周りの人の気持ちや自分の気持ちに対してとても正直な行動をとるので、それが泣き虫になってしまうということに繋がっています。感受性の強い人は時に必要な要素で、周りの人からも素敵な人だと言われるでしょう。

しかし、感受性が高すぎてしまうと周りに対して迷惑をかけてしまう可能性があります。誰かに迷惑をかけてしまうということは避けなければいけません。そのため、感受性が原因で泣き虫になってしまっている人は、周りに迷惑をかけないところまで改善するようにしましょう。

自己評価が低い

彼氏や彼女が泣き虫だった場合、自己評価が低いことが原因となっている可能性があります。自己評価が低いというのは「私なんて可愛くないし好かれてないよね…」や「俺なんて全然男らしくないや…」というようなマイナスな思考を持っている人のことを意味しています。

自己評価の低い彼氏や彼女と付き合っていると、とても疲れてしまうことがあるでしょう。これから長く付き合いたいと思っているのであれば、自己評価が低くなってしまわないようにしてあげる必要があるでしょう。

大人の泣き虫の治し方

大人になってからも泣き虫が治らない場合には治す必要があります。しかし、泣き虫を治したいと思っていても、なかなか簡単には治すことができません。従って、本気で泣き虫を治したいと思っている人のために、泣き虫の治し方をご紹介していきます。

大人になるにつれて泣き虫だということがマイナス要素になってしまうことがあります。また、彼氏や彼女から「泣き虫が治らないのなら別れる!」と言われた経験のある人もいることでしょう。泣き虫を克服することができれば、この先の人生は今までよりも楽しむことができるはずです。

泣き虫の克服・治し方

泣き虫の治し方や克服の仕方には、自分を認めてあげるという方法がおすすめです。泣き虫を治したいと考えている人は無意識のうちに自分を責めてしまっている可能性があります。そうすると、泣き虫を治したいと思っていても直すことができません。自分を認めるというのは簡単ではありませんが、挑戦してみましょう。

また、心を強くすることによって泣き虫を治すことができます。心を強くするためには考え方を根本的に変えましょう。例えば、今まで真に受けてきたことをすべて流してみてもいいかもしれません。意外と気にする必要がなかったという場合があります。

すぐに涙を止める方法

泣き虫な人にとっては泣かないようにするということはすぐに実行することができません。ですので、泣き虫の人がどうしても泣くのを止めたいと思った時には涙をすぐ止めることのできる方法を試しましょう。すぐに泣くのをやめたい時には周りの人にバレないようにしたい場合もあるのではないでしょうか。

その場合は舌を口の中で動かします。この特に上あごをなでるように舌を動かすことによって、泣くのを一時的に止めることができます。舌を動かすことに集中することによって、泣いてしまっている感情を一時的に口の中に集中させることができます。

新しいことにチャレンジし続け

もしも、泣き虫を治したいと思っているのであれば常に新しいことにチャレンジするようにしてみてください。泣き虫な人は自分の限界を決めてしまうという特徴があるため、それを克服する必要があります。新しいことに挑戦し続けることができれば次第に泣くことも少なくなっていくことでしょう。

初めのうちは失敗してしまって泣くことも多いでしょう。しかし、継続して新しいことを続けていくことで必ず克服することのできる時が来るはずですので、根気よく新しいことにチャレンジし続けましょう。

泣き虫な彼氏・彼女との付き合い方も大事

もしも彼氏や彼女が泣き虫だった場合は、その付き合い方がとても重要です。特に女性に泣き虫が多い傾向にあるため、男性は泣き虫な彼女に苦労させられてしまうということもあるでしょう。彼女の泣き虫をやめさせたいと思っているのであれば、彼女に心理や原因を探ってあげてください。

彼女が泣き虫だとどの場面で泣き出してしまうのか予測することができず、お互いにストレスが溜まって最終的には別れてしまうという彼氏彼女が多いようです。今の彼女、彼氏と別れたくないと強く思うのであれば、きちんとした対応をしましょう。そうすることで、彼氏や彼女との関係をもっと良くすることができます。

関連する記事はこちら

Thumbめんどくさい女の特徴17選!面倒な女性への対処法とは
めんどくさい女には仕事や学校、SNS上で、誰もが一度は出会ってしまうことでしょう。そんなめん...
Thumb面倒くさがり屋の性格と特徴11選!治し方や恋愛傾向とは
人の性格は様々ですが、中には仕事や私生活に大きく影響をもたらしかねないものも存在します。そこ...
Thumb涙もろい原因とは!涙もろい人の性格の特徴と心理【男女別】
嬉しいことや感動する出来事があったりするとすぐに涙が溢れてしまう人のことを涙もろい人と言いま...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ