カルマの法則(因果応報)の意味とは!恋愛への影響や原因・活用法は?

カルマの法則(因果応報)にはどういった意味があるのかに注目をして、具体的な解説を行っていきます。恋愛への影響や原因、活用法も取り上げていきます。いじめや人工中絶、離婚がカルマの法則に影響することもあります。前世の行いも含めてご紹介していきます。

カルマの法則(因果応報)の意味とは!恋愛への影響や原因・活用法は?のイメージ

目次

  1. 1カルマの法則とは
  2. 2カルマの法則がもたらす影響【出来事別】
  3. 3カルマの法則が不幸を引き寄せる原因
  4. 4カルマの法則で人生を幸せにする方法
  5. 5カルマの法則の活用法
  6. 6カルマの法則を理解して人生を好転させよう

カルマの法則とは

カルマの法則という言葉に注目をして、その意味や考え方についての解説を行っていきます。カルマの法則という言葉を耳にしたことがあっても、実際の意味を知らないという方も少なくありません。そうした方たちも含めて、カルマの法則に対する理解を深めていきましょう。

カルマは「因果応報」を意味する

カルマの法則のカルマとは「因果応報」を意味する言葉です。結果を伴う行為と解釈することもできます。善い行いには善い結果が、悪い行いには悪い結果が返ってくるのが因果応報の根本的な考え方でもあります。その点を認識しておくことで、カルマの法則の意味の理解にもつながります。

自分の行いが自分に返ってくる

カルマは因果応報を意味する言葉であり、自分の行いが自分自身に返ってくることだと解釈することができます。自分の行いについては前世の行いが返ってくることもあります。また、現世だけにとどまらず来世や次の世に行いが返ってくることもあります。永続的に続くと考えられるのがカルマの法則のであり、因果応報の特徴です。

ネガティブな意味だけではない

因果応報と聞くとネガティブなイメージを持ってしまう方も少なくありませんが、実際にはネガティブな意味だけではありません。善い行いをすれば善いことが返ってくることもあるのです。だからこそ、人のためになることや世のためになることを意識して行動していくことも大切です。

カルマの法則がもたらす影響【出来事別】

カルマの法則の意味やカルマの考え方について理解することがポイントです。その上で、カルマの法則のもたらす影響について確認していきます。カルマの法則は現世だけに関わらず、前世や来世に影響を与えることもあります。実際にどういった行動をすると影響が出てくるのか、その出来事に注目をしてご紹介していきます。

①不幸な恋愛

カルマの法則には不幸な恋愛とも大いに関係があります。恋愛のパターンもその人自身が作りあげたものであり、不幸な恋愛に陥ってしまう場合も、必ずその人自身に何らかの責任があると考えることができます。

特に浮気性の方は注意が必要です。現在の恋人に浮気をされなくても、いずれ相手に浮気をされるリスクが高まっています。自分が相手にした不幸がいずれ自分に返ってくるのは恋愛においても変わりありません。それがカルマの法則の特徴なのです。

②離婚

カルマの法則がもたらす影響として離婚を挙げることもできます。婚姻関係にないカップルであれば、別れるだけで済みますが、夫婦関係になっている場合はカルマの法則の悪い影響が働くことで離婚することになってしまいます。

それまでの夫婦生活においてお互いがお互いを思いやれずに、自由な行動や悪行を働いているとカルマの法則が影響することも出てきます。まさに因果応報の悪い側面が出た結果として、離婚を迫られる夫婦も出てきます。

③不倫

カルマの法則の影響として不倫を挙げることもできます。不倫は婚姻関係にある状態で別のパートナーと身体的な関係を持ってしまうことです。人は物ではありませんが、実質的に相手の人生を奪ってしまっていると考えることができます。

不倫がばれているかばれていないかに関わらず、人として行ってはいけない行為です。相手に対して与えるダメージも大きければ、後々の自分自身の後悔も大きくなります。夫婦関係の悪化によって離婚を迫られる危険性も出てきます。

④貧乏

カルマの法則においては貧乏状態が関係していることもあります。お金がないというのは、カルマの法則から見ると、周囲への奉仕が足りなかったことの現われだと考えることができます。

周囲の人にプレゼントをしたり、地域のボランティア活動に参加したりすることで、自然とお金に困らないようになっていくこともあります。しかし、そうした奉仕の心を大切にして行動しないとなかなかお金も貯まっていきません。その結果として、貧乏の状態が続くことがあります。

カルマの法則が不幸を引き寄せる原因

カルマの法則がもたらす影響について理解を深めて、悪影響が出ないように意識して行動していくことが有効です。その上で、ここからはカルマの法則が不幸を引き寄せる原因について確認していきます。普段の行いや発言に気をつけるという意味でも、原因について理解を深めておくことが大切です。

原因①人の悪口ばかり言う

カルマの法則が不幸を引き寄せる原因として、人の悪口ばかり言うことが挙げられます。人の悪口ばかり言っていると、次第に自分自身も人から悪く言われるようになってしまうのです。

悪口を言っていると自分の心も苛まれていきます。悪口を発することによってカルマの法則のネガティブな部分が作動して、結果的に悪い影響につながることが出てきます。

原因②悪意のある嘘ばかり吐く

カルマの法則が不幸を引き寄せる原因としては、悪意のある嘘ばかりを吐くことも挙げられます。悪意を持って嘘ばかりを吐いていると、次第に不幸な方へと人生が流れていってしまいます。

嘘をついていると人としての信用度も低下していしまいます。時に嘘も方便ということがありますが、悪意を持った嘘に良いことはないので、正直に生きることが重要です。

原因③いじめに加担していた

いじめに加担したいたことがカルマの法則の不幸を引き寄せる原因になることもあります。直接的にいじめをしていなかった場合でも、いじめを見て見ぬふりをしていれば、不幸を引き寄せることになります。

いずれにしてもいじめは善い行いではありません。自分のためにもすぐにいじめをやめて良好な人間関係を作っていくことが求められます。

原因④前世で悪行をしていた

カルマの法則によって不幸を引き寄せる原因については、現世だけの行いに限りません。前世で悪行をしていた場合についても、カルマの法則の不幸を引き寄せる原因につながることがあります。

こればかりはどうしようもありません。なぜか悪いことやネガティブなことが多いという方は、自分の前世について知る必要があります。その上で行動や考え方を改めていくことが必要です。

原因⑤お金に執着している

お金に執着している人もカルマの法則による不幸を引き寄せる原因につながることがあります。お金はあってもなぜか満たされていないという人は少なくありません。お金を儲けることばかりを考えていると、不幸な方へと人生が流れてしまうことがあります。

お金が重要なことは間違いありませんが、人生はそれだけではありません。お金以外にも人間関係や有意義な時間を過ごすことで、心を豊かにしていくことがポイントです。

原因⑥過去に浮気をしていた

過去に浮気をしていたことが原因で、不幸を引き寄せることがあります。浮気がばれていなかったとしても、自分自身の中で罪悪感が残るのです。特に不幸な恋愛が続いているという方は、過去の浮気歴が影響している可能性があります。

浮気も相手の気持ちを裏切っていることに変わりありません。そうした悪行を働くことなく、誠実に1人の相手と向き合っていくことが大切です。

原因⑦過去に人工中絶をした

カルマの法則で不幸を引き寄せる原因として、過去に人工中絶をしたというケースも挙げることができます。どうしても仕方のない人工中絶もありますが、いずれにしても人工中絶は最も身近な命を奪ってしまっていることに変わりありません。

特に身勝手な人工中絶に対して反省の色も見せていないような方であれば、その分のしっぺ返しが数倍以上になって返ってくることがあります。現世では不幸になり、来世でも地獄に落ちるような状況も出てくるのです。

カルマの法則で人生を幸せにする方法

カルマの法則によって不幸を引き寄せてしまうこともあるので、注意が必要です。特に人を裏切るような行為は慎むべきであり、自分を自制する強い意思を持つことが求められます。その上で、カルマの法則によって人生を幸せにする方法についても確認していきます。日頃からより善い行いをしていくこともポイントです。

方法①感謝の心を忘れない

カルマの法則で人生を幸せにする方法としては、感謝の心を忘れないことが挙げられます。何事に対しても感謝の気持ちを持っておくことで、自然と自分の心も洗われていきます。常に清らかな心を持っておくことで、近づいてくる人たちも善良な人が多くなっていくのです。その結果として幸せがやってくることもあります。

方法②小さなものにも愛情を持つ

小さなものにも愛情を持つことがカルマの法則における幸せを運ぶ方法として効果的です。感謝の気持ちを持つことと同様に、小さなものにも愛情を持つことで、相手に対する配慮につながります。対人間という意味でも気持ちの良い関係になっていくことができます。そうすることで、自然と人生も良い方向に進んでいきます。

方法③言葉遣いに気をつける

さらに、カルマの法則で幸せを引き寄せる方法として、言葉遣いに気をつけることもポイントです。普段からきれいな言葉遣いを意識して使っていくことで、周囲にいる人たちから素敵な人だと思ってもらえるようになります。言葉には魂が宿ると言われているぐらいなので、普段の言葉遣いに気をつけることが重要です。

方法④一日一善を意識する

カルマの法則によって人生を幸せにするためには、一日一善を意識することもポイントです。人の役に立つことや人のためになることを日頃から行っておくことで、その報いが自分にも返ってきます。できれば報いが返ってくることを期待するのではなく、自らの意思で行うことが重要です。そうすることで、より明るい未来が切り拓かれていきます。

方法⑤平常心を保つ

カルマの法則におけるより良い人生を送っていくために、平常心を保つことも重要なポイントです。人間には感情がありますが、あまり感情的になることはカルマの法則としては良いことではありません。

プラスの感情を出すことは悪くありませんが、負の感情はできるだけ抑えることが求められます。その中で普段から平常心を意識して行動していくことで、幸せも近づいてきます。

方法⑥良い行いは倍返しする

良い行いについては倍返しをすることで、幸せな人生を導き寄せることにつながっていきます。人からされて嬉しかったことや喜ばしかったことについては、リレーのように次の人につなげていってあげるのです。

同じ人に返してあげても良いですし、違う人に返しても構いません。そうすることで、社会全体としてポジティブな空気に包まれていき、結果的に個人としても幸せになれます。

方法⑦多くの経験をする

多くの経験をすることも、人生を幸せにする上では重要なことです。生活をしていく上でも多くの経験を積むことが知恵になり、明日への行動指針となっていきます。特に若いうちはさまざまな経験をすることが大切です。その中から自分なりに幸せになれる選択をしていけるようになります。

方法⑧周りをよく観察する

周りをよく観察することでもカルマの法則による幸せな人生を引き寄せることにつながっていきます。ポジティブな空気を持っている人同士で集まることで、自然と自分自身にもポジティブな空気が流れ込んでいきます。そうした経験を積み重ねていくことで、より良い人生につながっていきます。

方法⑨物事を悲観しない

カルマの法則で人生を幸福にする方法として、物事を悲観しないことも挙げられます。悲観的な考え方をしていると、自分の運命もネガティブなものになってしまうことがあります。一時的に上手くいかないことがあっても、なんで自分ばかりと思うことなく強い意志を持つことが大切です。

方法⑩受容する心を持つ

受容する心を持つことによっても、人生を幸せにすることができます。自分にとって良いことばかりだけではなく、悪いことや不幸なことが起きることもあります。その場合でも、その事象を受け入れることです。そうすることで、カルマの法則における負の連鎖も断ち切れるようになっていきます。

方法⑪自ら進んで人を助ける

カルマの法則において人生を幸せにする方法として、自ら進んで人を助けることもポイントです。一日一善とつながる部分もありますが、人を助けることによって自分に跳ね返ってくることがあります。「情けは人のためならず」ということわざもありますが、人を助けることが自分の人生を豊かにするきっかけになることもあります。

方法⑫慈善活動や寄付を行う

慈善活動や寄付を行うことによって、幸せな人生を手に入れることもできます。慈善活動や寄付も、根本的には人のためになる行いです。そうした人のためになる行いをしていくことで、自分自身の人生もポジティブな方向へと動き出していきます。

カルマの法則の活用法

カルマの法則にはさまざまな特徴があり、人生を豊かにする可能性もあれば不幸にしてしまう可能性もあります。その中でいかにしてカルマの法則を活用していけば良いのか、その活用法についてご紹介していきます。

①恋愛における活用法

カルマの法則の恋愛における活用法としては、少しずつ好きになることが挙げられます。最初は何とも思っていなくても、一緒にいるうちに好きになったり興味を持ったりすることがあります。最初から関係を断ち切るのではなく、しばらく一緒にいてみることもおすすめです。

そうすることで相手の良い部分が見えてくることもあります。なかなか恋人ができないという方は、この活用法を使って恋人を見つけてみるのも有効です。

②人間関係における活用法

人間関係においては、相手を受け入れることも有効です。人間関係で苦手意識が出てくるのはカルマの法則の原因でもあります。相手を受容しようとしないと、自然と苦手意識が出てきてしまいます。そうではなく、広い心で相手を受け入れる姿勢を示すことによって、次第に関係性も良好になっていきます。

③お金における活用法

お金における活用法については、ケチケチしないことが重要です。派手に使う必要はありませんが、お金は循環させることで、再び手元に戻ってくる習性があります。全てを自分のために使うのではなく、慈善活動をしたりボランティア団体に寄付をしたりすることも効果的です。そうすることで、お金の面においても良好な状態をキープすることができます。

カルマの法則を理解して人生を好転させよう

カルマの法則を理解することで、自分が具体的にどういった行動をすれば良いのかが見えてきます。自分の人生は基本的に自分で切り拓いていくものです。その人生を良好なものにしていくために、人のためになることを積極的に行うことが大切です。その中で、人生を好転させてより豊かな時間を過ごしていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb陰徳の意味とは?陰徳を積む方法・陰徳を積むとどうなる?
「陰徳を積む」という言葉を聞いたことがありますか。読み方は「いんとく」と言います。成功を手に...
Thumb業が深いの意味とは?業が深い人の特徴や業の深い行動を紹介
「業が深い」という言葉を聞いたことはありますか。「業が深い」とは、仏教用語が語源であるといわ...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
たつお
楽しんで読んでもらえるように執筆していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ