カリスマ性がある人の特徴15選!カリスマ性の意味や身につける方法とは

有名人になるために必要なカリスマ性がある人はどんな特徴があるのでしょうか。自分では普通だと思っていても、カリスマ性のある人はオーラを放っていたり、特別な手相を持っています。この記事では、カリスマ性の意味や特徴、診断方法まで紹介します。

カリスマ性がある人の特徴15選!カリスマ性の意味や身につける方法とはのイメージ

目次

  1. 1そもそもカリスマ性とは?
  2. 2カリスマ性がある人の特徴15選
  3. 3着実にカリスマ性を身につける方法
  4. 4あなたにはカリスマ性がある?おすすめ性格診断
  5. 5カリスマ性のある人のオーラの色
  6. 6カリスマ性のある人の手相とは
  7. 7カリスマ性のある歴代の有名人
  8. 8特徴を知ってカリスマ性を身につけよう

そもそもカリスマ性とは?

カリスマ性がある人は、他人から脚光を浴びるためには必要不可欠なオーラを持っています。カリスマ性を持っているからこそ、人脈を広げることができ、お金を稼ぐこともでき、人生をより豊かに進めることができます。カリスマ性を他人に感じさせる特徴とは、どんなものがあるのでしょうか。

カリスマ性は生まれ持った瞬間から備わっていて、あとから身に付けることができないと思われがちですが、人生を過ごしていく中で身につけた人もいます。カリスマ性を持つ人の特徴を知ることで、その特徴を身につけましょう。まず初めに、カリスマ性の意味から紹介していきます。

カリスマ性の意味

カリスマ性のある人になるとしても、その意味を知らなければなることはできません。カリスマ性にはどんな意味があるのでしょうか。一般的にカリスマ性とは、特定の人が持つ特別な能力や素質のことだと思われていますが、カリスマ性とは他人の心を惹きつける魅力的な能力があり、多くの人から支持されるという意味を持っています。

カリスマ性の語源

カリスマ性の「カリスマ」の語源となった言葉は、ギリシア語の 「kharisma」からきています。ギリシア語でカリスマとは「神より賜った能力」という意味があります。

もともとは神学用語として使われていた言葉ですが、ドイツの社会学者であるマックス・ヴェーバーはカリスマ的支配として分析し社会学における概念として活用し、現在では社会学的用語としても使われるようになりました。そして、カリスマ性という言葉はさまざまな意味を持つようになりました。

カリスマ性がある人の特徴15選

ここまでは、カリスマ性の意味を紹介してきました。ここからは、カリスマ性を持っている人の15個の特徴を紹介していきます。その特徴を理解することで、自分がカリスマ性を身につけることができるようになります。一体、カリスマ性にはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴①人の心を惹きつける

カリスマ性を持っている人の1つ目にして、最大の特徴はどんな人の心も惹きつけてしまうところです。カリスマ性を持っている人は、言動、行動、容姿などすべてが人々の心を惹きつける武器になります。

当たり前の行動でも、カリスマ性を持った人が同じことをすると特別なことをしたように感じて「なにか違う」と周りの人が思い始めるのです。一言で言い表すなら「華がある」と感じさせることができるのがカリスマ性を持った人なのです。

特徴②明確な夢を持っている

カリスマ性を持っている人は明確な夢を持っています。「明確な」という部分がとても重要です。夢を持つ人は多いですが、明確に自分の夢を他の人に語れる人は多くありません。そのため、自分の夢に対して、明確なビジョンを持っている人はカリスマ性を感じさせることができます。

特徴③リーダーシップがある

リーダーシップがあるのもカリスマ性を持った人の特徴です。リーダーシップと言っても、リーダーが全員カリスマ性を持っているわけではありません。ここで言うリーダーシップとは「統率力」があるかどうかが鍵になってきます。

「統率力」とは「組織を率いる能力」のことでもあります。ただ、リーダーになっているのではなく、組織のリーダーとして、明確な目標に向けて部下を導いていける人物がリーダーシップを持った人でカリスマ性を感じさせるのです。

特徴④芯が強い

芯が強く、ブレないのもカリスマ性を持った人です。芯の強い人は言動と行動がブレることはありません。他の人の顔色を見てから発言を変えることはなくいので、周りの信頼を得ることができます。決して頑固というわけではなく、間違いを認める潔さも持っています。そのため、カリスマ性を持った人の周りには人が集まります。

特徴⑤器が大きい

カリスマ性を持つ人は器が大きいのも魅力的です。器が大きいと思わせる要因は3つあります。「間違いを受け入れる」「感情のコントロールができる」「他人のせいにしない」というのが器の大きいということです。器の大きさは自分で判断できるものではありませんが、身につけることができれば大きな武器になります。

特徴⑥自分に自信がある

自分に自信がある人は魅力的です。自分に自信のある人はポジティブな発言が多く、周りにいる人を不快にさせることはありません。そのため、カリスマ性のある人の周りは笑顔が絶えることはありません。カリスマ性があると周りに人が集まるのは、それが理由なのです。

特徴⑦行動力がある

カリスマ性がある人は行動力があります。自分が「やってみたい」「やるべきだ」と思ったらすぐに行動に移します。ただ行動するだけではなく、目標を達成するために何をするべきなのかしっかりと考えているため、カリスマ性のある人は誰もが付いて行きたくなると慕われるのです。

特徴⑧魅力的な個性を持っている

カリスマ性を持っている人は他の人とは違う個性を持っています。ただの個性ではなく、それだけで人を惹きつけることのできる、魅力的な個性を持っているのです。さらにそれを自覚していて、活かそうとするのがカリスマ性を持つ人です。

言いふらすわけでも自慢するわけでもなく、その個性を活かせる環境を自分で作ります。個性を持っているからカリスマ性があるのではなく、その個性を魅力的に感じさせる環境をカリスマ性のある人は作っているから、個性がとても魅力的に見えるのです。

特徴⑨変化を恐れない

カリスマ性のある人は変化を恐れません。自分がその環境に適してないと思えばその環境を変える行動をし、自分の成長に繋がることに常に挑戦します。自分が必要だと思えば、変化を恐れずに色々なことに挑戦するのがカリスマ性を持つ人です。

ただ闇雲に挑戦しているわけではなく自分が変化する理由や目的を他人に説明することができるため、カリスマ性を持つ人のそこに魅力を感じる人が多いです。

特徴⑩決断力がある

カリスマ性のある人の決断力は普通の人とは違います。周りの意見に流されることはなく、自分に意味があることだと思えばOKを出しますし、自分に意味がないと思えばNOと相手にはっきりと伝えます。相談事や悩み事を後回しにすることはなく、すぐに決断を下すので自然と周りから信頼されます。

決断力のある人はビジネス面で大きな活躍を収めることができますし、ビジネス関係以外でも一目置かれる存在なのと周りに人が集まるのです

特徴⑪周りの意見に流されない

カリスマ性を持った人は周りの意見に流されることはありません。ここまであげた特徴にもありましたが、自分に自信があり芯が強いため、自分が決めたことに対して責任を持っているので、簡単に意見を変えることはありません。頑固者と思われがちなこの特徴ですが、頑固者というわけではありません。

自分の考えが間違っていると感じたときに、それを受け入れる器の広さがあるので意見の衝突が起こることは滅多にありません。器の大きさと他人の意見にながされることのないカリスマ性を持つ人は、そういう部分が好感を持ってもらえます。

特徴⑫堂々としている

カリスマ性を持つ人は常に堂々としています。内心は不安があってもそれを表に出すことはありません。堂々とした人は周りから見てオーラが出ているようにも感じられ、存在感を常に放ち続けているのでカリスマ性を持った人が注目を浴びたり、自信があるように見えるのは堂々としているからでしょう。

特徴⑬眼力がある

眼力があるのもカリスマ性を持つ人の魅力的な特徴の一つです。会話の最中に視線が泳ぐことがなく、常に相手に視線を合わせていたり、歩いているときは常に前を見ているなど、視線が常に前を向いているので眼力を感じるのです。それを意識すればカリスマ性を持った人のように眼力を持つことができるでしょう。

特徴⑭失敗を人のせいにしない

カリスマ性を持っている人は、自分の失敗やチーム内の失敗を人のせいにしません。誰かのせいにすることを無駄だと思っていることがあるそうです。それよりも「なぜ失敗したんだろうか」と失敗の要因をカリスマ性を持つ人は探します。

もしその失敗が誰かのせいだったとしても「自分はそれを防げたのではないか」と考えるので、どんな失敗が起こっても理由も聞かずに誰かのせいにすることはありません。リーダーに任命されやすいカリスマ性を持つ人にとって、この特徴は欠かせないことです。

特徴⑮華やかさがある

存在感のあるカリスマ性を持つ人ですが、ただ存在感があるというわけではなく華があります。同じことをしているのにオーラがあるのか、カリスマ性を持っている人ならば「なにか違う」と見ている人に自分のカリスマ性を感じさせ、それが存在感として周りに感じさせることができるのです。

着実にカリスマ性を身につける方法

カリスマ性を身につける方法があるなら、誰だって身につけたいと答える人が多いのではないでしょうか。カリスマ性を身につけることができるのであれば他人から一目置かれる存在になることができますし、人生を歩む上でカリスマ性はメリットばかりです。

そんな良いことばかりのカリスマ性を身につける方法とは、いったいどんな方法があるでしょうか。その方法を3つポイントにして解説します。この3つができるようになれば、カリスマ性を持つ人に近づくことができるでしょう。

コミュニケーション力を高める

カリスマ性に必要不可欠なものがコミュニケーション力です。この能力を高めれば高めるほど、カリスマ性を身につけることができます。コミュニケーション力とは「お互いの意思疎通をスムーズにするため力」であり、その力は3つの要素で成り立っています。

その3つ要素とは「①伝える力」「②受け取る力」「③言語以外でのコミュニケーション力」です。一般的にはコミュニケーション力と言われると、伝える力のことだと思われがちですが、カリスマ性を身につけるためには3つの要素が備わっているコミュニケーション力が必要です。

どれも大事な3つの要素ですが、カリスマ性のある人が特にずば抜けているのが「③言語以外でのコミュニケーション力」です。言語以外のコミュニケーションとは、顔の表情や声のトーン、文脈に身振り手振りなど具体的な言葉では表れない部分を感じとる力のことです。

この力がずば抜けていると、意思疎通が誰とでもスムーズに行えるのです。また、カリスマ性を持った人は誰とでも親交を深めることができるので、人脈も広がり周りから一目置かれる存在になるのです。

しっかりと相手の目を見て話す

相手の目を見ないで話す人は相手に不信感をあたえてしまいます。しかし、目を見ながら話すのは難しいです。相手の目を見て話すコツは、相手の両目を見て話そうとしないことです。両目を見てしまうと「見られている」と強く感じてしまうので、自分が緊張してしまいます。従って、目を見て話すときは片目だけ見るがコツです。

また、ずっと目を合わせている必要はないので5秒に1回は視線を外しましょう。話している状況にもよりますが、目線を外すときは飲み物を飲む、目をかくなど自然な動作で外しましょう。

小さな成功を積み重ねて自信をつける

カリスマ性を持った人になるためには自信を持つ必要があります。どんな人にせよ、自分に自信がない人は魅力的な人にみえません。その自信をつけるために小さな成功を積み重ねましょう。意味がないように見えても重要なことです。

些細な成功でかまいません。「いつもより早く起きれた」「上司や周りに褒められた」「他人にお礼を言われた」など、いつもよりできたらすぐに成功だと認識しましょう。大事なことは自分が成功だと自分自身が認識して、認めることです。

あなたにはカリスマ性がある?おすすめ性格診断

カリスマ性の特徴・身につける方法を紹介してきましたが、その特徴が自分にあてはまると感じた方や周りの人から「オーラを感じる」と言われた方もいるでしょう。「自分はカリスマ性があるのかな」と調べてみたいと思った方におすすめなのが性格診断です。自分にカリスマ性があるかどうか、正確にわかるおすすめの性格診断を2つご紹介します。

16類型性格診断

16類型性格診断とは、心理学者カール・グスタフ・ユングの類型論に判断的態度と知覚的態度を組み合わせて、性格を4指標と16種類で区別する考え方です。その中の診断結果の一つに、カリスマという結果があり、自分がカリスマ性を持った人なのか簡単に調べることができます。

16類型性格診断と調べると、無料で診断できるものが多くあるので、自分にカリスマ性があるか知りたい方にはオススメの診断です。

エニアグラム

本能タイプ:完全主義者・統率者・調停者

感情タイプ:献身家・達成者・芸術家

思考タイプ:観察者・堅実家・楽天家

エニアグラム診断とは、人間が生まれつき持っている資質を9つのタイプに分類した性格分類学のことです。この診断は日本では主流ではありませんが、アメリカの大企業ではエニアグラムの診断結果を重視しています。この診断の最大の特徴は生まれたときに性格が本能・思考・感情に3つに分けられるというところです。

その3つの部類をさらに9つに分け、自分の性格がどの部類でどんな人間なのかを知ることができます。上記のように細かいタイプに分かれているので、自分がカリスマ性を得るためには何をするべきなのかわかります。この診断も無料で簡単に診断することができるのでオススメの診断です。

カリスマ性のある人のオーラの色

オーラとは誰もが持っていて人によって色が変わります。生きている人の内面から出るエネルギーのことで、そのエネルギーが波長となり波長から、その人の雰囲気を感じ取ることができます。有名人によってはこのオーラを重視している人も存在し、オーラで自分に合う仕事・行動を決めています。

カリスマ性のある人だけが持つオーラもあり、そのオーラは何色なのか、紫色のオーラに波長が合う色・合わない色を紹介します。オーラを参考にすることで自分の得意・不得意がわかるでしょう。

オーラの色①紫

カリスマ性を持つ人のオーラは紫色です。紫色のオーラは赤色と青色を混ぜた色であり、その両方の性質を合わせ持っています。赤色の特徴である情熱とエネルギー、青色の特徴である繊細さと深い感情の二面性を持っているため、自分の感情コントロールが上手くできています。

また、紫色のオーラを持つ人は「賢明さ」「洞察力(直感力)」「人か変える力」という3つの最大の特徴を持ち、その才能を発揮できる環境に自分を置くことができるので、自然と人を惹きつけることができます。

オーラの色②オレンジ

紫色のオーラを持つ人が合わないのがオレンジ色のオーラを持つ人です。オレンジ色のオーラを持つ人は創造性・活動性に優れています。また、個人主義であり、独立心が旺盛な一面をもっています。そのため、組織に入っていてもしばしば自由に行動してしまいます。

自分のモチベーションを保つために必要なことなのですが、組織の調和を好む紫色のオーラを持つ人は、オレンジ色のオーラを持つ人が自由・独立が必要であることを理解できません。しかし、話し合うことができれば、紫色のオーラを持つ人は他人を受け入れる器が大きいので、話し合いが重要になります。

オーラの色③赤

パワフルでエネルギッシュかつ社交的な赤色のオーラを持つ人は紫色のオーラだけではなく、相性が良いオーラが多いです。赤色のオーラの最大の特徴である成功をするための努力を惜しまず、常に全力を尽くしているところは誰にでも受け入れられます。

特に紫色のオーラを持つ人は赤色のオーラの持つ、情熱とそのパワーに魅了されます。そのため、赤色のオーラを持つ人のは、持ち前の社交的な部分を活かして有名人の知り合いなどが多く、周りに紫色のオーラを持つ人が集まるのです。

カリスマ性のある人の手相とは

手相はその人の性格や持っている才能を見ることができ、手相を見てもらった有名人が持っている才能を教えてもらい成功したなんて話も聞いたことがあるかもしれません。では、カリスマ性を持つ人の手相にはどんな特徴があるのでしょうか。カリスマ性を持っている人が持っていることの多い3つの手相を紹介します。

手相①カリスマ線

カリスマ線はまさにカリスマ性を持つ人の象徴的な手相です。この手相は多くの人から信頼を得ている人に現れる手相であり、正義感が強く人徳があります。そのため、自分でアピールしていなくても、この手相を持つ人は多く人に求められるため自然とリーダーとしての地位を獲得します。

手相②ますかけ線

ますかけ線は感情線と頭脳線が一直線に繋がっている珍しい手相です。この手相を持っている人は天才に多く、存在感の強さが人を惹きつけます。ピンチになればなるほど才能が発揮されますが、一人で行動することが多く頑固な一面があるので、この手相を持つ人は人付き合いでトラブルが多い傾向にあります。

手相③ベンチャー線

ベンチャー線は「努力線」「向上線」とも呼ばれ、努力を惜しまない人が持っている手相です。目標に向けて努力をしっかりするので、多くの成功をおさめることができます。感情的になることがないため合理的な判断を下すことが多く、ドライな印象を持たれますが他人に嫌われることは少ないです。

カリスマ性のある歴代の有名人

カリスマ性を持っている人は、後世に名を残した有名人も持っています。特に何も無いところから新しいものを生んだ創業者となる人物が多いです。そんな何も無いところから、新しいものを作り後世まで語り継がれている有名人を3人紹介します。

有名人①スティーブ・ジョブズ

出典: https://pixabay.com/images/id-680403/

アップル社の創業者の1人、スティーブ・ジョブズはカリスマ性を持った有名人です。彼はクリエイティブな才能に溢れた人物であります。立ち振舞の問題から自分が設立したアップル社を辞職しましたが、その後すぐに新しい会社「NeXT」を創立して成功を勝ち取ります。

その後、彼はピクサーを創立しさらに成功を積み重ねていきました。最終的に自分が最初に創立したアップル社に復帰し、スティーブ・ジョブズはさまざまなものを開発しました。彼は後世まで語り継がれる有名人の一人です。

有名人②ココ・シャネル

ファッション界でカリスマ性のある人物と言えば、シャネルの創業者であるココ・シャネルです。彼女は女性としてのカリスマ性が高く、世界を魅了した人物です。歌手を目指していたココ・シャネルですが、退屈しのぎで作っていた帽子が認められて帽子のアトリエを開業します。これがシャネルの始まりです。

その後、ドレスや香水など新しいものを生み出していきます。ココ・シャネルは女性としても魅力的な人物であり、さまざま人達と交際しています。その後、一度引退しますが15年後に復帰し新たにスーツを発表し、アメリカで「過去50年間で大きな影響力を与えたファッションデザイナー」として有名人になりました。

有名人③松下幸之助

松下幸之助はパナソニックの創業者です。松下幸之助のカリスマ性は商才にありました。常に世の中になにが必要かを考え、その開発に人生を注いできました。松下幸之助は先のことを考える人物であり、若手の育成にも尽力しました。経営について「見えないものをみえるようにするのが経営だ」と教えたり、中学生向けの教材では人物コラムにも出ています。

「失敗した所で止めるから失敗になる。成功するところまで続ければ成功になる」これは松下幸之助を有名人にした言葉でもあります。常に成功を求め続けたからこそ、松下幸之助はカリスマ性を発揮して成功を納めることができた有名人です。

特徴を知ってカリスマ性を身につけよう

カリスマ性を身につけることができれば、さまざまな場面で成功を納めることができます。カリスマ性をみにつけるためには、カリスマ性の特徴を知り、その意味を知ることが大事です。意味を知ることができればカリスマ性を身につける方法や、どんな人にカリスマ性があるのかわかります。

この記事で紹介した有名人以外にもカリスマ性を持った人はたくさんいます。身近にいる人を参考にするのもいいのですが、有名人を参考にしてどんなカリスマ性があるかを考えるようにしましょう。それによって、自分自身への成長にも繋がります。

その他にも診断や手相など、自分がカリスマ性を発揮できる環境を作ることもできます。カリスマ性を身につけて成功を収めましょう。

関連する記事はこちら

Thumb人徳の意味とは!人徳のある人の特徴や人徳がない人との違いは
人徳のある人はどのような人で、人徳がない人との違いはどこにあるのでしょう?似ている「人徳」と...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ