攻撃的な人の特徴と心理11選!対処法とは【職場編/恋愛編】

職場や恋愛において攻撃的な人はどの様な特徴があるのでしょうか。特に女性は感情的になりやすく、攻撃的な人が多いでしょう。「何故この女性は私に攻撃的なの?」「攻撃的な人の心理とは?」そんな攻撃的な人の心理や対処法を職場、恋愛と具体的な場面を想定してご紹介します。

攻撃的な人の特徴と心理11選!対処法とは【職場編/恋愛編】のイメージ

目次

  1. 1攻撃的な人はどんなことをしてくる?
  2. 2どんな特徴がある?攻撃的な人の特徴や心理11選
  3. 3攻撃的な人の対処法≪職場編≫
  4. 4攻撃的な人の対処法≪恋愛編≫
  5. 5どんな人が攻撃的な人のターゲットになる?
  6. 6反対に攻撃的な人が攻撃できないタイプは?
  7. 7 攻撃的な人に近づかず距離感を持って接しよう

攻撃的な人はどんなことをしてくる?

職場や恋愛において、態度や言葉で威圧してくる攻撃的な人に1人は遭遇した事があるのではないでしょうか。職場で見下す様な態度や馬鹿にする発言を浴びせられると、誰でも仕事がしずらい環境に陥りやすいです。また恋愛においても対等な立場ではなく、自分が優位に立っていないと気が済まない人もいるでしょう。

しかし、いざ自分がその対象になった時は「この態度はどういう意味?」「普段からこの行動なの?」と、混乱してしまう場合もあります。では、攻撃的な人は具体的にどの様な言動で相手を攻撃するのでしょうか。具体例を見ていきましょう。

いつでもキツく当たってくる

攻撃的な人は、とにかく上から物を言ってきたり常に否定的な言動を繰り返します。「なにそれ」「それおかしくない?」などという言葉を無表情で投げかけてきます。攻撃的な人は自分が相手より優っていないと許せなく、常にマウンティングの姿勢を崩しません。

この様な言動で接されると誰でも言い返したい衝動に駆られますが、こういう時こそ冷静な態度を心掛けて対応する事が大切でしょう。

無視をする

攻撃的な人は「話し掛けても何の反応も示さない」「存在していない様な扱いをする」など無視をする事で相手に不快感を与え様とします。特に職場で自分だけ無視をされていると悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

中には職場だけではなくプライベートにも影響が出てしまう方もいるでしょう。攻撃的な人にとって無視をするという事は、相手の何かが気に入らないというサインでもあります。

陰口を言われる

特に女性で悩む人が多いのは、陰口を言って相手を攻撃する人です。通常、陰口と言うのは相手の見えない場所で言うものですが、攻撃的な人はわざと聞こえる様な陰口や相手に影響を与える陰口を周囲に言いふらします。

誰でも陰口を言われると気にしてしまうものですが、攻撃的な人にとってそれは好都合であるとも言えます。もし自分の陰口が聞こえてきた場合は、素知らぬ振りをしながら記録するなどの対処を考えましょう。

どんな特徴がある?攻撃的な人の特徴や心理11選

攻撃的な人は何故相手に不快感を与える様な言動をとるのでしょうか。実は、その様な態度の裏には攻撃的な人の心理が隠されているのです。また、どの様な特徴があると攻撃的な人になりやすいのか、その心理や特徴を見ていきましょう。

特徴や心理①とにかく自己中心的

攻撃的な人に多く見られるのが、自己中心的な考えの持ち主です。例えば、職場で自分のミスは棚に上げ相手のミスばかり非難し上司に報告したり、誰かに自分のミスを指摘されると怒り出すなど、自分のプライドを守ろうと必死で相手の気持ちなどお構いなしの言動を見せます。

この様な攻撃的な人は「これを言ったら相手を傷つけるかもしれない」という想像力が無く、誰に対しても自己中心的な言動を見せる為、周囲からはあまり良い印象は持たれない事が多いでしょう。

特徴や心理②自分に全く自信がない

攻撃的な人は自分に自信がありません。自分に自信が無い人はとにかく他人からの評価を気にしながら行動するので、自意識過剰になりやすいという特徴もあります。その自信の無さからネガティブな思考を持ちやすく、誰に対しても否定的な言動をとります。

また、周囲から批判や非難される事を人一倍恐れており、自分を守る為に誰かを攻撃し視線を逸らそうとするのです。

特徴や心理③自分が先頭に立ちたい

自分が相手よりも優位な立場で物事を進めたいタイプの人は、攻撃的な人が多いでしょう。職場の上司にこの様なタイプの人がいると、非常に仕事がしずらい環境になります。意見やアイディアを投げかけても「それじゃだめ」「このやり方は違う」などと、否定的な言動でとにかく先頭に立ちたがります。

恋愛の場合、自分の思い通りにいかないと暴言、暴力で押さえ付ける事もあるでしょう。この様な攻撃的な人に対して、相手のペースでコミュニケーションをとらないと意識する事が大切です。

特徴や心理④人に心を開くことができない

人に心を開く事は、誰しも簡単ではないでしょう。特にネガティブで自己否定感が強い人は、自分の本音や考えを誰かに知られる事を非常に恐れています。過去のトラウマや家庭環境が原因である事が多く、それを相手に投影し威圧的な態度で攻撃するのです。

この様な攻撃的な人は、周囲の誰にも本音を言う事が出来ず強い孤独感を感じているでしょう。接する時は近付きすぎず、ある程度の距離を保つ事が大切です。

特徴や心理⑤他人から褒めてもらいたい

「誰かに認めてもらいたい」「誰かに褒められたい」という強い承認欲求は、攻撃的な人の特徴と言えます。自分の存在を認めてもらいたいばかりに、他人の話しはあまり聞かず自分語りが多いのもこのタイプでしょう。褒められる事で周囲より優位に立っていると言う安心や快感を感じ、周囲に自分を認識して欲しいと考えています。

また、誰かに責任転換をしたり、陰口を叩いたり誰かを攻撃する事で自分の身を守ろうとします。全ての行動は、自分に自信が無く満たされていないという現れでもあります。

特徴や心理⑥気分屋

攻撃的な人には、その時の気分によって言動がコロコロ変わる気分屋な特徴があります。空気を読まず自分の気分を態度や表情で現す為、周囲に不快感を与えるでしょう。自分の発言が正しいかどうかは別なので、気分が良くない時には感情的に怒鳴る事もあるでしょう。

特に女性は感情的な生き物であり、感情を抑えられない人が多いです。この様な攻撃的な人には、ピリピリし始めたらなるべく話し掛けないなど距離を保って接しましょう。

特徴や心理⑦最近ストレスを抱えている

最近、職場や恋愛、家庭など様々な場面でストレスを溜めている人は、感情が抑えられなくなり攻撃的な人になりやすいでしょう。また、攻撃的な人は自分に対してコンプレックスを抱えいる人が非常に多く、ストレス耐性が低い傾向にあります。

攻撃的な人は自分の思い通りにならないとイライラしやすいので、常にストレスを抱えているとも言えます。

特徴や心理⑧神経質な性格

何に対しても几帳面で完璧主義の神経質な性格は、攻撃的な人の特徴でもあります。仕事はコツコツと真面目にこなしますが、完成度を求め周囲からの評価を気にする為イライラしやすく不安定になりやすいでしょう。

また、その完璧主義は自分だけではなく周囲にも同様に求めるので、誰かがミスをする度にきつく当たり攻撃的な人と思われる原因になるのです。

特徴や心理⑨プライドが高い

攻撃的な人はプライドが高いという特徴が多く見られます。社会で生きていくには多少のプライドが必要ですが、攻撃的な人はプライドが過剰に高く自意識過剰な言動が多いでしょう。自尊心が強く、自分が正しいという姿勢で他人を非難するのです。

特に自分の評価を落とす事に敏感で、少しのミスにも驚くほど感情的になる場面もあるでしょう。誰に対してもプライドの高い言動をするので、周囲からはあまり関わりたくないと思われている事が多いでしょう。

特徴や心理⑩攻撃することに罪悪感がない

攻撃的な人の特徴として、罪悪感を感じないという事が挙げられます。一般的に人は、何か自分が間違いを犯した時に罪悪感を抱くものです。しかし、攻撃的な人は自己中心的な考えから自分に非があるとは思わないのです。

自分を守る為に相手を攻撃する事は「仕方ない」「自分は悪くない」と感じている事が多く、自分を正当化する為には致し方無いと考えているでしょう。

特徴や心理⑪攻撃して自分を守りたい

これまで挙げた特徴全てに言えるのが、攻撃的な行動や言動は自分を守る術という事です。攻撃的な人は精神的に弱く脆い部分を認めようとせず、誰かを攻撃する事で自分は強いと誇示しているのです。

失敗は人のせい、自分が言われる前に誰かを攻撃するなど、とにかく周囲からの反応に怯えています。攻撃的な人は相手の立場や地位は関係なく攻撃するので、孤立している場合が多いでしょう。ある程度距離を保ち、刺激しない事が大切です。

攻撃的な人の対処法≪職場編≫

職場に1人は攻撃的な人がいるのではないでしょうか。もし攻撃のターゲットにされた場合、仕事も進まず精神的にも非常に滅入ってしまうでしょう。では、職場に攻撃的な人がいた場合、どの様な対応を心掛ければ良いのでしょうか。具体的な対処法を見ていきましょう。

対処法①攻撃されても無視をする

もし職場で理不尽な攻撃を受けた場合は、相手に反応せず無視をする事が効果的です。相手の言動に反応すると更に過熱する可能性があるので、出来るだけ冷静にスルーする事が大切です。攻撃的な人にどう思われても構わないと強気の態度で臨むと、相手は「この人に言っても無反応で面白くない」と引き下がるでしょう。

対処法②関わらないように気を付ける

職場で最も簡単な対処法は、攻撃的な人に極力関わらない事です。物理的に距離をとる事で攻撃は避けられますし、相手の視界にも入りにくくなります。しかし、仕事上どうしても関わらなければならない場合は、必要最低限の会話だけに留め近付き過ぎない事を心掛けましょう。

対処法③自分の方が立場が上になるようにする

誰もが簡単に出来る訳ではありませんが、攻撃的な人の上の立場になるという方法があります。攻撃的な人は自分より強い目上の立場の人に弱い傾向があり、もし相手が上司になったとしたら攻撃の対象からは外れるでしょう。また「何も言わせない様に頑張ってやる」とやる気にも繋がり、見返してやりたいと強く思う人には最適の方法と言えるでしょう。

対処法④反抗してみる

攻撃的な人は自分の攻撃に言い返せない人に対し、更にエスカレートする傾向があります。しかし、攻撃的な人は打たれ弱い性質があり周囲からの評価を気にする為、反抗的な態度を見せる事でそれ以降は収まる可能性があります。ただ、相手が職場の上司や取引先など言いにくい場合は、周辺に相談するなどして対策を講じるのも一つの手段でしょう。

対処法⑤他の社員と仲良くする

いくら攻撃的な人でも味方が大勢いる人に歯向かう勇気は無いので、そう言った人は攻撃の対象になりにくいでしょう。常に一緒にいる必要はありませんが、一緒にいる姿を見せる事で牽制の効果もあります。また、攻撃的な人と接する場面では信用できる仲間を同席させるのも、攻撃を交わす効果的な手段でしょう。

対処法⑥自分が大人になり相手を見守る

攻撃的な人は何か事情がありイライラが募っている場合もあります。もし何か事情がある場合は、こちらが一歩引き「仕方ない」と大人の対応をする方法もあります。特に反論もせず、ひたすら達観した視点で相手を見守るのです。もし見守る事に限界を感じるのであれば「可哀相な人だ」と哀れむ事も気持ちを鎮める手段として効果的です。

対処法⑦パワハラだと会社に話す

職場での攻撃に様々な対応を実践してみたものの、依然として攻撃的な言動を見せるのであればパワーハラスメントとして会社に訴える事は非常に有効な手段です。特に現代はパワハラに敏感であり、会社として見過ごす事はまず考えられません。まずはこれまでの行動や言動を正確に上司に報告し、然るべき対応をとってもらいましょう。

攻撃的な人の対処法≪恋愛編≫

恋愛において攻撃的な人は、支配欲が強い傾向があります。もし恋愛で攻撃的な言動を受けた場合、どの様に対応すれば良いのでしょうか。恋愛での対処法を幾つか見ていきましょう。

対処法①相手を観察してどんな人か知る

まずは日頃の会話や行動を観察し相手がどの様な人か知る事で、どの様な攻撃性を持つ人かを見分ける事が出来ます。自分の思い通りの反応が返ってこないと急に不機嫌な態度をとったり、本人の理想から外れると激怒し始めるなど引き金になる要因が幾つか見つかる筈です。

特に恋愛においては、女性がターゲットになるケースが多く見られるので注意が必要です。

対処法②最後まで話を聞く

攻撃的な人の話しを最後まで聞くと、何が原因でその様な言動をとるのかが見えてくる事があります。攻撃してくる人でさえ、理由がわからず攻撃している場合もあります。その様な時は「何に対してイライラしているの?」と直球で聞いてみると、自分でも理不尽な言動だったと見直すきっかけになるでしょう。

対処法③適度な距離感をもって付き合う

攻撃的な人と一緒にいる時間は非常にストレスを感じる瞬間でもあるので、適度に距離を保つ事が重要です。恋愛関係で距離をとると言うのは、相手にとって別れの危機を感じさせ冷静さを取り戻すチャンスでもあります。

特に女性の場合、男性からの謝罪をすんなりと受け入れてしまうと、その後更に攻撃的になる可能性があります。ある程度強気な態度で対応する事が大切でしょう。

対処法④自分の味方を見つける

攻撃的な人との恋愛は、時に1人で抱え込むには辛い瞬間もあるでしょう。自身の恋愛話しはしずらいと考えるかもしれませんが、まずは1人で抱え込まず身近な友人や家族に相談してみましょう。冷静な判断や意見は、自分にとって非常に重要なアドバイスでもあります。

特に女性の場合、男性からの暴言や暴力などで身の危険を感じる時は周囲の力を借りる事が大切です。

対処法⑤全てわかりあえるという考えはやめる

攻撃的な人との恋愛において、お互いが全て分かり合えるという考えを持つのは止めましょう。相手から攻撃的な言動を受けて不快な気分になった時点で、タイプの違う人間だという事です。ただ、話し合いで理解し合う努力は出来ます。攻撃的な人の考えや原因を理解し、攻撃的な態度を改める様に働きかける事が出来れば攻撃的な言動は収まるでしょう。

どんな人が攻撃的な人のターゲットになる?

攻撃的な人は誰にでも威圧的な言動をする訳ではありません。男性女性関わらず「攻撃しやすい人」に対して行う事が多く、その殆どに特徴やタイプが見られます。では、どの様なタイプの人が攻撃の対象になりやすいのか見ていきましょう。

タイプ①男性女性関わらず自分より立場の弱い人

自分よりも立場が弱い職場の後輩や部下、学歴や成績などが自分より下の人をターゲットにします。立場が弱い人は言い返さず反抗しないと高を括っており、男性女性関わらず自分よりも下だと判断した相手に攻撃的な言動を繰り返します。弱気な態度をとると益々エスカレートしやすいので、時には強気な態度が大切です。

タイプ②おとなしい人

大人しい人も上記と同様に言い返さないだろうと考え、攻撃的な人に狙われやすいでしょう。こちらの言う事を何でも聞いてくれるだろうと、男性女性関わらず攻撃的な態度で接してきます。

タイプ③グループで行動しない人

職場や友人関係でグループ行動していない人は、攻撃の対象になりやすいでしょう。周囲に人がいないと、相談や庇ってもらったりなど守りがいないと考えるのです。

ただ、単独でいるからと言って全て対象になるかと言ったらそうではなく、反撃してきそうなタイプは対象になりません。攻撃的な人は反撃を最も恐れており、優位に立てる相手を探しているのです。

タイプ④自分より可愛いまたはかっこいい人

攻撃的な人は自分よりも見た目が可愛いい、格好いい人に対して攻撃的な態度を見せます。常に自分が注目の的でありたいと考え、自分よりも目立つものは排除したいのです。特に女性は嫉妬心から、陰口や噂話へと発展しやすいでしょう。

タイプ⑤仕事がよくできる人

自分よりも仕事が出来、評価の高い仕事がよく出来る対タイプの人は攻撃されやすいでしょう。自分の事は棚に上げ、些細なミスでも声を荒げ批判してくるのです。この場合、職場の上司など目上の人は対象にならず、部下や同僚で仕事の出来るタイプが狙われやすいです。

タイプ⑥媚びない人

自分の思い通りにならない媚びない人は、攻撃の対象になりやすいでしょう。媚びない人と言うのは、人に頼ったりお世辞を言ったりもしません。自分に対して媚びない態度が気に食わず、思い通りに動かしたいと考え攻撃してくるのです。

反対に攻撃的な人が攻撃できないタイプは?

攻撃的な人は男性女性関わらず攻撃しやすい人を狙ってきます。では、逆に攻撃できない人というのはいるのでしょうか。どの様なタイプが攻撃しにくいのか、見ていきましょう。

タイプ①ポジティブでいつも明るい人

攻撃的な人は基本ネガティブな感情で動いているので、いつも明るくポジティブな雰囲気を持つ人を苦手とします。自分と対照的な人に攻撃する事は、自分の醜さを際立たせる耐え難い屈辱でもあるのです。

またポジティブな人は周囲に人が集まるので、守られていると見えるのでしょう。特に女性はグループで動いていると、攻撃の対象から外れる事が多い様です。

タイプ②冷たい人

いつも冷静で義理や人情を重んじない冷たい人は、攻撃的な人の対象にならないでしょう。いつも客観的な視点で物事を見ている為、攻撃的な言動に対しても臆する事無く言い返す事が出来るのです。また、納得がいかない点はどんどん突き詰めていくので、いくら攻撃な人でも攻撃の仕様が無いのです。

タイプ③自分より攻撃的な人

自分より攻撃的な人に対して攻撃する事はありません。何より攻撃的な人こそ攻撃される事を恐れているからです。男性女性関わらず自分よりも強いと判断した人に対しては、その様な言動を見せないのです。また精神面だけではなく、体が大きいなど見た目の強そうな人も対象になりにくいでしょう。

攻撃的な人に近づかず距離感を持って接しよう

攻撃的な人は距離が近付く程、攻撃的な言動を繰り返します。もし身近にこの様な人がいた場合は、出来るだけ近付かない事が重要です。もし職場でどうしても関わらなければならない時は、怯むこと無く周囲と同じ対応を心掛けましょう。

また、攻撃の対象とされた場合は決して我慢せず上司や家族、友人など周囲に頼りましょう。辛いと感じた時は、無理をしない事が大切です。

関連する記事はこちら

Thumb怒ると怖い人の特徴11選!本当に怒らせてはいけない人とは
こちらが恐怖を抱くほど怒る人というのは、実際に怒るまで分かりません。だからこそ、怒ると怖い人...
Thumbトラブルメーカーの特徴23選!トラブルを起こす人の心理や対処法とは
トラブルメーカーにも憎めないタイプと嫌われてしまうタイプ、2つのタイプが存在します。その違い...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
zucco1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ