頭の悪い人の特徴23選!頭が悪い人の話し方や付き合い方のコツとは

頭の悪い人は頭のいい人に比べ何か嫌われる特徴があるようです。例えば話が通じないとか一緒にいて疲れるなどといった特徴が代表的でしょうか。今回は、頭の悪い人の話し方や立ち居振る舞いをご紹介いたします。これらを元に頭の悪い人との付き合い方を一緒に考えてみましょう。

頭の悪い人の特徴23選!頭が悪い人の話し方や付き合い方のコツとはのイメージ

目次

  1. 1頭の悪い人の特徴23選
  2. 2反対に頭のいい人の特徴とは?
  3. 3頭の悪い人の話し方
  4. 4頭の悪い人とは話が通じない?
  5. 5頭の悪い人との上手な付き合い方
  6. 6頭の悪い人に向いている仕事
  7. 7頭の悪い人との恋愛について
  8. 8頭の悪い人との付き合い方は子供と接するようにしよう!

頭の悪い人の特徴23選

頭の悪い人と聞いてイメージする人はどんな人でしょうか。例えば学校の成績が悪い人、学歴が低い人などを頭が悪い人と定義する場合もあるでしょう。しかし頭の悪さは学歴だけでは計れません。

例え良い大学を出ていようとも、実社会で全く使えないと評価される人もいます。では頭の悪い人は一体どの辺に問題を抱えているのでしょうか。頭のいい人とは具体的に何が違うのでしょうか。まずは頭の悪い人の特徴を23個ご紹介します。彼らはなぜ頭が悪いと言われるのか、その原因を一緒に探っていきましょう。

1.客観性がない

頭の悪い人はまず特徴として、客観性がありません。何でも自分の主観で物事を考えてしまいます。冷静に判断するという思慮深さに欠けるとも言えるでしょう。周囲から見た自分を想像できないので、謙虚さに欠け、態度も尊大になりがちです。

良く言えば自分に自信があるようにも見えるでしょう。ただそれも最初のうちで、仕事などで一緒になる人はその態度にだんだんと疲れてくることでしょう。

2.理論的に話ができない

頭の悪い人は話し方にも特徴が表れます。頭のいい人なら、彼らと少し話しただけでその頭の悪さがすぐに判るでしょう。頭の悪い人というのは、論理的に話すことができません。脳内の整理も覚束ないまま、感情の向くまま話を展開してしまうのが、彼らの話し方の特徴なのです。

そのため、頭の悪い人の話し方は何を伝えたいのかがはっきりしません。内容も無駄なことが多く、聴く側への配慮が感じられません。仕事でこういう人に関わると、恐らくとても疲れることでしょう。

3.自分の意見を押し通す

頭の悪い人には頑固な人が多いようです。そのため、自我を抑えきれず、他人の意見より自分の意見を押し通す傾向が強いです。頭の悪い人は想像力に欠けるため、他にも良い意見があるかもしれないと考えることをしません。

また、自分が押し通した意見で仕事を失敗しても、周りに当たり散らすことさえあります。そういう特徴があるので、頭の悪い人は周囲から嫌われる傾向にあります。

4.物事を決めつけてしまう

頭の悪い人は基本的に見識が狭い人が多いようです。簡単に言えば、頭の悪い人は無知なのです。見ている世界がとても狭く、判断材料も少ないので何事もよく考えずに即決してしまいます。

そもそも、頭の悪い人の決断は何の客観性にも基づいてない、思いつきで決めたようなものがほとんどです。そのため、当然ながら周囲を納得させることはできません。こうした考え方では、頭の悪い人は話が通じないと思われても仕方ないでしょう。

5.同じ間違いを何度もする

頭の悪い人は同じ間違いを繰り返します。小さな原因から大きな原因までを洗い出し、間違いに至るプロセスを徹底して潰すのが頭のいい人のやり方です。しかし頭の悪い人は、対症療法しか考えられないので、いつまでも根本的解決に至りません。その場しのぎと言っていいでしょう。その結果同じ間違いを何度もしてしまいます。

6.人の話を聞く力が弱い

頭の悪い人は、他人への注意力や観察力が低い傾向があります。そのため人の話を聞く力が弱いです。目の前の相手が何を伝えようとしているのか、会話から読み取れるはずのポイントをことごとく掴み損ねるので、何度も訊き返したり、話の腰を折ったりしてしまいます。

仕事上、例えば会議の席などでこういう人が一人でも混ざってしまうと現場は混乱してしまいます。こういうところも、頭の悪い人が話が通じないと言われる理由の一つでしょう。

7.自己弁護に長けている

頭の悪い人は自己弁護だけは長けています。ここではあえて「だけ」と表現してみます。頭の悪い人はその場しのぎで後先のことをよく考えません。だから普通の人以上にミスをします。当然叱責されることもよくあることです。しかし彼らはそれを誤魔化そうとするのです。

物事を自分の都合の良い方へ歪曲して捉えるのが、彼らの思考法の特徴です。それに加え、彼らは論理的思考ができません。その結果頭の悪い人の自己弁護は往々にして矛盾を孕んだ歪なものになりがちです。頭のいい人にはすぐ見抜かれてしまうことでしょう。

8.失敗した後の反省が浅い

頭の悪い人が何度も失敗を繰り返すのは、そもそも反省が浅いからとも言えるでしょう。「人のせいにした方が楽だから」という、人格に問題があるケースも考えられますが、何が問題だったかという意識が無さ過ぎるというケースも考えられるでしょう。

そもそも頭の悪い人は「何が良くて何がいけなかったのか?」がわからないため、失敗を振り返ってもそこから何も学べないのです。この特徴は本人の性格より、考え方の癖を見極めない限り、なかなか改善には至らないことでしょう。

9.集中力が続かない

頭の悪い人は頭のいい人に比べ、集中力が続きません。集中すべきポイントに関しても無関心です。そのため、周囲の人の話の大切な部分を聞き損ねたり、勝手な解釈で物事を進めてしまうといったことが起こります。

そのような状態では重大なミスを犯すことも考えられますので、仕事で関わる人からすると気が気ではないでしょう。また、頭のいい人と関わることに比べたら倍以上の労力が必要になるので、普段以上に疲れることも想定されます。

10.気持ちの余裕がない

頭の悪い人は、目の前のことで精いっぱいになりがちです。彼らはいつまでも子供のようなところがあるので、全体を俯瞰して見ることができません。そのためいつも気持ちに余裕がありません。

またそうした余裕のない気持ちが行動にも表れてしまいます。おそらく頭の悪い人の話し方一つ取ってみても、そうした心理が知らず知らずに表れていることでしょう。

11.感情的になりやすい

頭の悪い人はとにかく感情的になりやすいです。喜びや悲しみを表現するならまだしも、頭の悪い人は怒りにばかり反応することが多いので、周囲の人にとっては良い迷惑です。良く考えずに感情のまま取った行動で、傷つく人もいることでしょう。

こうした側面があるため、頭の悪い人は本人も気づかないうちに周囲から距離を置かれ、他人とも薄い付き合い方しかできなくなってしまいます。

12.記憶力が悪い

頭の悪い人は記憶力が悪い傾向にあります。頭のいい人のように過去の記憶と照らし合わせて行動を吟味できれば、ミスも抑えられるというものです。しかし頭の悪い人はその時の気分で動く癖があるため、脳が使われません。また、彼らは仕事においてメモを取らないので思い出す作業が出来ないとも言えるでしょう。

その結果記憶力も退化してしまうと考えられます。頭の悪い人は物覚えが悪いことがよくありますが、おそらくは普段から脳をあまり使わずに生活していることも影響しているのではないでしょうか。

13.自分に自信がない

頭の悪い人は変なところで自信のない態度を見せます。普段人の話を適当に聞いたり、自分の意見を通すようなことをしておきながら、肝心なところでは弱気な態度を見せるのです。例えば何か仕事を任されそうになると何か言い訳をして回避しようとします。これは自信というより責任感がない態度とも言えるでしょう。

14.自己中心的

頭の悪い人は自己中心的に物事を考えるので、周りに気を配れません。こうした部分が一番嫌われる元なのですが、本人は気づいていません。また、頭の悪い人は自己中心的なために、影で他人への誹謗中傷をすることがよく見受けられます。

SNSが発達した現代では、こうした言動のせいで会社単位で損害を被るケースも珍しくありません。身近に頭の悪い人がいる場合は、付き合い方を考えた方がいいでしょう。

15.変化を嫌う

先ほどもご紹介した通り、頭の悪い人の多くは周囲の言葉に耳を傾けることがなく、話が通じないことがでほとんどです。新しい情報の多くは周囲から得られるものであり、新しく体制が見直されるなどした場合、周囲の情報を元に自身を変えていく必要があります。

しかし話が通じない頭の悪い人は、周囲の情報を上手く整理できず、変化についていくことができません。そのため、根本が大きく変わってしまうような変化を嫌う傾向があります。

16.物事の効率が悪い

頭の悪い人は仕事でも私生活でも、効率の悪い行動を取りがちです。繰り返しになりますが、頭の悪い人は論理的思考に欠けるところがあります。そのため、優先順位を考えない、無駄な行動になりやすいのです。

彼らは仕事において、とりあえず目に入ったものから手をつけるため、時間的な見積もりを考えません。結果的に時間ばかり掛かって、仕事がいつまでも終わらないということがしばしば起こります。

17.相手への配慮に欠ける

冒頭で、頭の悪い人は嫌われる傾向にあると述べました。何故なら、頭の悪い人の言動には相手への配慮に欠ける部分が多くあるからです。例えば相手が気にしていることを平気で言うのも、頭の悪い人の嫌われる特徴の一つです。

彼らは主観でしか物事を考えられないので、他人の気持ちにも鈍感です。そのため相手の表情の変化にも気がつかないことが多く、結果的に周囲から嫌われるのです。

18.態度がでかい

頭の悪い人の多くは、不思議なことに自分に自信を持っています。その理由は自己弁護が得意であるため、どんな失敗をしても自分の中では「自分は悪くない」ということになっているからです。

むしろ間違ったことや失敗をしない自分は、優れていると考えてしまっています。またその態度や考えは周囲に筒抜けであることも多く、周囲からはさらに頭の悪い人だな、と思われてしまっているようです。

19.空気を読むのが苦手

頭の悪い人は空気を読むことが極端に苦手です。これは男女関係なく見られる特徴でもあります。これまで紹介してきた特徴にもありますが、頭の悪い人は基本的に自分のことで精いっぱいなのです。周囲から見ても、彼らの態度には他人を慮る気持ちが見えないため、仕事以外での関係を構築しようとは思わないでしょう。

20.読書量が少ない

頭の悪い人は、その話し方を少し聞くだけでも物事をよく知らないということが分かります。彼らには圧倒的に読書量が足りません。そのため、自分の感情を表現することはもちろん、状況を説明することも稚拙な言葉に終始してしまうことが少なくありません。

また読書量が少ないからこそ論理的思考も、行間を読む力(空気を読むことや相手を思いやること)も育たないとも言えます。そしてそうした弊害が仕事の質にそのまま影響しているということは、想像に難くないでしょう。

21.自分の自慢話が多い

頭の悪い人は自分を顧みることをしないため、先ほどもご紹介した通り自己評価が異常に高いことが多いです。そのため自慢話も多い傾向があります。また、持ち前の記憶力の悪さや自分勝手な解釈も手伝って、自分の短所に気づくことはほぼできません。

だからこそ彼らは自信満々に自慢話を語れるのでしょう。身近にいる人は、本当に付き合い方を一度考え直した方がいいかもしれません。

22.話し方が下手

頭の悪い人は話し方がとても下手です。話の途中で内容が別のところへ飛んだり、結論がなくて何を伝えたいのか判らないことは日常茶飯事です。脳裏に浮かんだことをただ感情のまま吐き出すのが、頭の悪い人の話し方の特徴なのです。

仕事で関わると、情報の伝達に非常に時間が掛かるため、厄介極まりないことでしょう。聞き手もいちいち聞き返したりして翻訳しなければならないので、非常に疲れるでしょう。

23.気が利かない

頭の悪い人は当然ながら気が利きません。彼らの特徴を鑑みれば、全く矛盾のない自然なこととも言えるでしょうか。頭の悪い人に気を利かせろというのは、むしろ酷かもしれません。頭の悪い人を通常の人と同じように考えると疲れる一方です。基本的に彼らは話が通じない相手なのだと割り切る気持ちが必要でしょう。

反対に頭のいい人の特徴とは?

ここまで、頭の悪い人の特徴を沢山書き連ねてきましたが、おおよそ頭の悪い人の特徴は掴めたことでしょう。では反対に頭のいい人とはどんな人を指すのでしょうか。ここからは一度、頭のいい人にフォーカスを当ててみましょう。

集中力があり記憶力が高い

頭のいい人は高い集中力と高い記憶力を兼ね備えています。頭のいい人は常日頃から学習を欠かさないので、習慣的に脳をよく働かせています。また全体を俯瞰して見られるため、要点を掴むことにも優れています。

そのため集中すべきポイントがどこにあるのかもよく心得ており、無駄なく集中することができるのです。それに加え、頭のいい人は情報のインプットやアウトプットも習慣化できていることが多いので、記憶力も高い状態をキープできるのです。

論理的思考があり説得力がある

頭のいい人と頭の悪い人の決定的な違いを挙げるとすれば、論理的思考ができるか否かということでしょう。すなわち頭のいい人は、物事を順序立てて思考できるということです。

頭のいい人はこの論理的思考に長けていることから、仕事の際も相手に対し理路整然とした説明ができます。そのため頭のいい人は、頭の悪い人とは比べ物にならないほど説得力のある話し方ができるのです。

計画性があり時間の使い方が上手

頭のいい人は仕事にも私生活にも計画性があり、時間の使い方もとても上手です。彼らは先回りして物事を考えられるため、未来から逆算してスケジュールを立てることを習慣的に行っています。

とにかく無駄な時間というものがないため、彼らの毎日はとても充実していることでしょう。そのため時間の使い方を見るだけでも、その人が頭のいい人なのかそうでないのかがはっきりと分かることでしょう。

頭の悪い人の話し方

彼らと話しているととても疲れると感じる人は多いことでしょう。また、こちらがどんなに一生懸命話しても全然話が通じないと感じる人もいるのではないでしょうか。このように、頭の悪い人は話し方にも特徴がはっきりと表れるものです。頭の悪い人の話し方に疲弊しないよう、ここで頭の悪い人の話し方を今一度確認しておきましょう。

何を言いたいのか伝わらない

頭の悪い人は感情を優先させて話す癖があるので、往々にして要点がまとまらない話し方になりがちです。そのため、彼らの話は最後まで聞いても結局何を言いたいのかが伝わってきません。

聞き手も頭の中で言い換える作業が必要になるので、彼らの話を聞くだけでとても疲れるのです。こちらの話が通じないと感じるのも、彼らの話し方を見れば無理もないことでしょう。

思った事を口に出してしまう

頭の悪い人は我慢ができません。彼らの話し方を観察すると、思ったことをそのまま口に出してしまう場面が多々あります。頭の悪い人はよく考えずに言葉にしてしまうので、時に人を傷つけたり怒らせたりしてしまうのです。

また本人は空気や機微を感じることが不得手であるため、不快な思いをさせた自覚がありませんし、なぜそうなってしまうのかもわかりません。頭の悪い人というのは、言い換えればデリカシーがないのです。だからこそ人に嫌われるのでしょう。

話題を提供することができない

頭の悪い人は世の中のことをよく知らないどころか関心すら持たないことが多いです。そのため話題を提供することができません。つまり彼らは雑談力がないのです。また周囲に対する配慮もできないので、相手が返答に困るような話をしてしまうこともしばしばあります。そのため初対面の人と関わるような場面では、頭の悪い人は会話が長続きしません。

会話の続かない相手とは長く話していたいと思う人も少ないため、やはり人から距離を置かれる原因になってしまうようです。

頭の悪い人とは話が通じない?

頭の悪い人と話すと、大抵の人は初めは違和感を感じるものですが、それが次第に確信に変わります。そして彼らに話は通じないので諦めるしかないという決断に至るのです。頭の悪い人というのは、おそらく話し方というテクニックではカバーし切れない何か問題を抱えているのでしょう。

では頭の悪い人の根本的な原因とは一体何なのでしょう。また、彼らがそのまま改善しない場合、一体どうなってしまうのでしょうか。頭の悪い人との今後の付き合い方を考える意味でも、彼らが前提として持っている問題について考えてみましょう。

原因はIQの差

頭の悪い人との会話で、こちらの話が通じないためにモヤモヤした人はいるでしょう。これはどうやらIQの差に原因があるようです。一般的に人が他人と会話をする際に、互いのIQが20以上離れていると会話が成り立たない問題が起きると言われています。

おそらく頭の悪い人と会話する時にもこのIQの差が影響しているのでしょう。だからこそ話が通じないという現象が起こるのです。

しかしIQが低いから話が通じないとしても、人の話を聞くことや相手を思いやるということはIQとは関係のないことと言えます。また、もし話が通じない人にこのIQの話をしたところで何の改善にもつながらないことは明白です。頭の悪い人を相手にする時はIQに加え、本人の性格にもある程度問題があることを考慮した方が良さそうです。

相手にストレスが蓄積されて嫌われる事態も

頭の悪い人と関わる周囲の人は、彼らのことを初めこそまだ「天然な人なのかな」と感じる程度に留まります。しかしながら、長い期間頭の悪い人が露呈する様々な特徴を見るうち、周りの人は次第にイライラを募らせ、ストレスを蓄積させていくのです。

頭の悪い人は、私生活で関わるうちはまだいいのですが、仕事となると話は別です。人の話は聞かないし、話が通じない、加えてデリカシーに欠ける言動を繰り返す彼らに、周囲は疲れる一方です。

そしてもちろん、非を認めない彼らのフォローは周囲が引き受けることになるでしょう。このようなことを繰り返すため、頭の悪い人は周囲から嫌われることが多いようです。

頭の悪い人との上手な付き合い方

日常生活で頭の悪い人とどうしても関わらなくてはいけない時、どうしたらストレスなく彼らと付き合えるでしょうか。話が通じない彼らと、どうやったら上手く意思疎通ができるのでしょう。

付き合い方を考えてもどうせ疲れるから、無視するという人もいるかもしれません。しかしそういうわけにもいかない事情がある人もいることでしょう。ここでは、頭の悪い人に遭遇してしまった時の付き合い方を3つほどご提案いたします。

分からないところを的確に指示をする

基本的に話が通じない彼らに、こちらの気持ちを汲んでもらおうとしてはいけません。彼らは言葉の裏を読んだり、先回りして行動することができないのです。頭のいい人のように、1を伝えたら10動いてくれるということも期待できません。

そのため仕事で関わる場合は、頭の悪い人には具体的かつ的確に指示することが必要になります。また相手が混乱するといけないので、伝える内容も極力少なくすると良いでしょう。初めのうちは指示するこちら側が疲れることは多いかもしれませんが、周囲の人と協力して根気強く働きかけましょう。

相手に分かりやすい話し方をする

頭の悪い人と関わる時は、相手に分かりやすい話し方を心がけましょう。難しい単語は極力使わず、簡単な言葉に言い換えるよう意識しましょう。ここを端折る、結果的に自分のやることが増えてしまいます。結果、余計に疲れるということにもなりかねないので気を付けたいところです。

また一方、ポジティブな視点に立てば、分かりやすい話し方をすることでこちらの理解度も深まるとも言えるでしょう。彼らとの関わり合いにこうしたポジティブな目線を持てると、人との付き合い方自体上手くなるかもしれません。

頭の悪い人を育てるという意識を持つ

頭の悪い人を頭のいい人と似たような基準で考えてはいけません。頭の悪い人に対し自分の常識を振りかざしても、疲れる一方なのです。そのため頭の悪い人と上手に付き合うには、親の視点に立って彼らを育てるという意識を持つことが重要です。

私たちはどうして彼らが嫌われるのか、どうしたらこちらも疲れることなく関わることができるのか、ということを絶えず考えながら頭の悪い人を育成していくしかありません。

しかしながら彼らを育てることは必ず自分にとってもプラスになるはずです。彼らが育っていけばこちらが疲れる場面も減ることでしょう。仕事も今より円滑に進むはずです。いつかそうなることを信じて根気強く付き合っていきましょう。

頭の悪い人に向いている仕事

頭の悪い人の特徴、特に話が通じない部分を見るにつけ、果たして彼らに向いている仕事などあるのだろうかと感じる人もいるでしょう。彼らが嫌われる原因を考えると、頭の悪い人は対人関係に問題を抱えることが多いと言えます。しかし社会に出ると人と関わらずにはいられません。そのため対人関係に問題がある人は、人一倍苦労してしまいます。

では、頭の悪い人が極力他人と関わらない仕事はあるのでしょうか。ここで頭の悪い人におススメの仕事を3つご紹介いたしましょう。

シール貼りや荷物の梱包などの仕事

頭の悪い人に向いている仕事の一つ目は、シール貼りや荷物の梱包作業の仕事です。これらの仕事はまず周囲とのコミュニケーションがほとんど必要ないので、話が通じない彼らでもどうにかこなせるでしょう。またこれらの仕事は単調なので、集中力がない彼らであっても大きなミスをする心配はありません。

交通量の調査の仕事

続いて、彼らに向いている仕事の二つ目は、交通量の調査の仕事です。街中でよく歩道の脇に座ってカチカチとボタンを押している人がいますが、あの仕事です。日がな一日同じ場所に座ってカウンターを押し続ける仕事なので、集中力が続かない彼らには若干の不安要素はあるかもしれません。

ただ、記憶力が必要になることもなければ、雑談力も関係ありませんので、頭の悪い人でも務まる仕事と言えるでしょう。

単純な作業の仕事が向いている

頭の悪い人には、どうやら単純作業の仕事が向いているようです。彼らの脳はマルチタスクには耐えられないので、一つの仕事に集中させた方がいいのです。また単独で仕事に当たらせるのではなく、誰かがそばについて逐一仕事の内容を確認・報告させるといった体制を敷くと、問題は起こりにくくなるでしょう。

頭の悪い人も人間ですのでそれなりに疲れるのでしょうが、フォローする周囲はそれ以上に疲れるということも頭の悪い人は強く自覚しなくてはなりません。

頭の悪い人との恋愛について

恋愛で付き合う相手が頭の悪い人だった場合、どういう状況が想定できるでしょうか。今付き合っている人が頭の悪い人に該当する場合は、もしかしたら付き合い方自体を見直す時期に来ているかもしれません。場合によっては嫌われる方が楽かもしれません。

それほど、頭の悪い人との恋愛には問題がつきものと言えます。では頭の悪い人との恋愛事情を参考に、今後の対処法について考えてみましょう。

頭の悪い人との恋愛は疲れることも

頭の悪い男女との恋愛は、普通の人に比べて疲れる場面が非常に多いという特徴があります。彼らと喧嘩になった場合を例に挙げると分かりやすいでしょう。彼らは話の論点を理解できないので、話が平行線を辿ることが頻繁にあります。こちらがどんな言い方をしても屁理屈ばかりを並べるため、一向に理解してもらえません。

また感情的になりやすいので、突然黙るということも想定されます。そうなると意思疎通はほぼ不可能と言っていいでしょう。交際相手にこうした事例がもし思い当たるのであれば、頭の悪い人である可能性は捨てきれません。そうなったら相手を正そうするよりも、付き合い方自体を見直した方がいいかもしれません。

場合によっては逃げることも大事

頭の悪い人との交際は疲れるどころか、こちらが一方的に傷つくことすらあります。「このままではまずいな」と感じたならば早めに見切りをつけて逃げることも大事なことです。もちろん普通以上に手がかかる頭の悪い人との使い方からは、学べることはたくさんあるでしょう。

ただその交際に対して感じられる幸せや、将来に期待できる可能性は薄いと言わざるを得ません。もし頭の悪い交際相手との付き合い方で悩んでいるなら、別の人と新しい関係を築いていけるようシフトする事をおすすめします。

貞操観念が崩壊していることが多い

頭の悪い人は貞操観念が崩壊していることがよくあります。彼らは適当な理由をつけ、浮気を繰り返します。相手への配慮に欠けることは以前にも紹介しましたが、彼らは仕事でも恋愛でも基本は同じなのです。相手の気持ちなど想像に値しないとでも思っているのでしょう。

だから頭の悪い人は嫌われるのです。そしてどんなに指摘しても嫌われる理由が彼らには見当もつかないのです。

そのため、頭の悪い人に恋愛で正論を並べても恐らくほとんど効果は見込めません。このように、頭の悪い人との交際は付き合い方をどう工夫しても、こちら側が色々と我慢を強いられる場面が圧倒的に多いものです。従って良い付き合い方が浮かばないという人は、早いうちに見切りをつけた方が有益かもしれません。

頭の悪い人との付き合い方は子供と接するようにしよう!

頭の悪い人は身近な場所にもいるかもしれません。彼らは理解力が低いだけではなく、周りから嫌われる特徴をいくつも持っているようです。彼らの嫌われる特徴を見ていくと、そこにはまるで小さな子供がいるかのような錯覚すら覚えることでしょう。

頭の悪い人との付き合い方を考える時は、この大きな子供とどう接したら良いかという視点で考えた方がいいでしょう。その視点があれば、彼らとの付き合い方にも何か光明が差すかもしれません。

またその一方で、頭の悪い人の特徴には嫌われることと同じくらいに好かれるためのヒントも隠されているものです。もし身近に頭の悪い人がいる場合は、彼らをチェックシート代わりに、自分を採点してみるのもいいでしょう。

「だからあの人は嫌われるんだ」と思うことを、案外自分もしているかもしれません。そのように頭の悪い人を鏡にして自分を見つめ直してみると、自分自身の成長にもつながることでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb頭がおかしい人の特徴7選と対処法【診断でチェック】
今までの生活の中で頭がおかしいと思うような言動をする人に出会ったことはないでしょうか。進行形...
Thumb本当に頭のいい人の特徴11選!頭がいい人の考え方・話し方とは
あなたが普段、自分より頭がいいと感じる人はどんな人ですか。頭のいい人は仕事が出来る以外にも、...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kazuhikoinada

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ